「余裕のある人」と「忙しい人」の特徴は?圧倒的な習慣の違い15選!

《余裕のある人》と〈忙しい人〉特徴や彼等の圧倒的な習慣・言動の違いを紹介していきます。忙しい人や余裕がない人が余裕を持つ心構えや、【恋愛や仕事】などで使える余裕があるように見せる話し方などのテクニックを紹介。番外編として、余裕がある人達の"びっくりエピソード"など、みんなの体験談も紹介します。

目次

  1. 余裕がある人とは
  2. 《余裕のある人》の特徴
  3. 〈余裕がない人〉と〈忙しい人〉の特徴
  4. 《余裕のある人》と〈忙しい人〉の習慣・言動の違い10選!
  5. 〈余裕のない人〉に贈る余裕をもつ5つの心構え
  6. 【恋愛編】余裕があるように見せるテクニック
  7. 【仕事編】余裕があるように見せるテクニック
  8. (番外編)余裕がある人達のびっくりエピソード
  9. 余裕がある人になりましょう

自らに余裕がなくなってしまって忙しい人は、自分は何をすべきか考えてしまい、行動にすぐ移ることができないんです。結果として効率的に行動できず、余裕がない生活を送りがちです。

特徴2.他人と比較してしまう

余裕がなく忙しい人は自らに自信がない性格から、自分と他人を比較します。ありがちな例として、自分より下の人間だけを見て満足してしまうパターンです。周りと比べて自分はどの程度なのかを考えてしまうと他人の結果が気になってしまい、自らの余裕を損なってしまいます。これは日々の生活にも悪影響を及ぼすので要注意です。

特徴3.ネガティブに物事を捉えてしまう

余裕がない人は些細なことで落ち込んでしまう性格を持っています。些細なことでメンタルを傷つけてしまうと何かある度に、一喜一憂してしまいます。そのため、精神的に安定感がなく余裕がない性格になってしまい、働き方や日々の生活にも悪影響が出てしまいます。

特徴4.他人に厳しい

忙しい生活をしている自分に余裕がない人は、他人の価値観と自分の価値観が合わなかった際に、他人の価値観を自分の価値観と比較してしまい、自分の価値観を相手に押し付けてしまいます。「自分は自分、他人は他人」といった考え方がないからです。生活していく上で「自分と他人は違う」と割り切る考えを身につけましょう。

もちろん、自分と他人の性格は違います。この点も把握しておいたほうが良いですね。

《余裕のある人》と〈忙しい人〉の習慣・言動の違い10選!

余裕がある人と忙しい人の習慣・言動の違い10選を、紹介していきます。

余裕がある人と忙しい人の違い1.話し方

余裕がある人は、話し方に表れます。常に堂々としており表情は柔らかいです。余裕がある人は自らの発言と行動に自信を持っているため、他人の話を落ち着いて聞きながら柔らかい話し方で的確なレスポンスができます。

忙しい人の場合も話し方に出ます。自分は時間に追われて忙しく余裕がないため他人と比較してしまい、他人の意見に対して主観的な話し方で答えてしまいます。そのため、相手は価値観を押し付けられる話し方をされているように感じてしまいます。また他人の目線が気になるため、堂々とした話し方もできず、オドオドとした話し方をしてしまいます。

余裕がある人と忙しい人の違い2.態度

余裕がある人は、「自分は自分、他人は他人」と考える人が多いため、大勢の前でも一対一でも話をする際は堂々とした態度でいます。また、ネガティブ思考でもないので、余裕がある人はネガティブな結果を恐れることなく堂々とした態度を貫きます。

時間に追われ忙しい人は、自分に余裕がなく周りの目線が気になってしまい、話をしている最中でも不安になりながら喋るため、おどおどした態度になります。何を行うにしてもネガティブな考え方が習慣化されており、腰が引けた態度になってしまいます。

余裕がある人と忙しい人の違い3.視野の広さ

余裕がある人は、視野を広く持つ習慣と性格が根付いています。自らに余裕があるため他人の状況も様々な角度や視点から物事を見た意見を出すことができます。

自分に余裕がない忙しい人は、目の前のことのみに気を取られ、物事を自分の視点でしか見れないため、視座の高い意見を出すことができません。

余裕がある人と忙しい人の違い4.判断力

自分に余裕がある人はしないわけにはいけない事に対して、自分にやれるかやれないかを判別することができます。そのため、自分に余裕がある人は判断できずに悩むことがなく、期待を裏切る事がないです。

余裕が足りず忙しい人は自分が抱えている「しないわけにはいかない事」が基本的に判断できていないため、優先度をつけることができません。手当たり次第に作業をするという習慣があり、余裕があるペース配分ができず、期待に応えられない状況も発生します。

余裕がある人と忙しい人の違い5.時間の調整ができるかどうか

自分に余裕がある人は、その日の自由な時間を把握する習慣がついています。時間の調節や作業のペース配分が上手いため、休憩をはさみながらでも期限までに終わらせることができます。余裕がある人は自由な時間を重要視することで、働き方や生活にゆとりが出てきます。

忙しい人は、時間の調節が上手くできていないと、時間に毎日追われて慌ただしい生活を送っています。時間の調節ができていないと、自分の自由な時間すらも削ることになってしまいます。時間の調節と物事を取り組む際のペース配分が生活するにあたって重要です。

関連する記事