「余裕のある人」と「忙しい人」の特徴は?圧倒的な習慣の違い15選!

《余裕のある人》と〈忙しい人〉特徴や彼等の圧倒的な習慣・言動の違いを紹介していきます。忙しい人や余裕がない人が余裕を持つ心構えや、【恋愛や仕事】などで使える余裕があるように見せる話し方などのテクニックを紹介。番外編として、余裕がある人達の"びっくりエピソード"など、みんなの体験談も紹介します。

目次

  1. 余裕がある人とは
  2. 《余裕のある人》の特徴
  3. 〈余裕がない人〉と〈忙しい人〉の特徴
  4. 《余裕のある人》と〈忙しい人〉の習慣・言動の違い10選!
  5. 〈余裕のない人〉に贈る余裕をもつ5つの心構え
  6. 【恋愛編】余裕があるように見せるテクニック
  7. 【仕事編】余裕があるように見せるテクニック
  8. (番外編)余裕がある人達のびっくりエピソード
  9. 余裕がある人になりましょう

余裕がある人と忙しい人の違い6.スケジュール管理能力

余裕がある人は、スケジュール管理能力が高いため、予めどの程度の期間があれば今ある仕事を完了させることができるか判断できます。ですので、余裕がある人はスケジュール管理に長けており、依頼されたことや約束したことは全てこなしていきます。


余裕がない人は、スケジュール管理ができていないため、急用でもなんとかなると思ってしまいます。そのため、予定を重ねてしまうこともありスケジュール調整ができない事態に陥ります。そうなってしまうと、相手に多大な迷惑をかけてしまい信頼の損失につながります。日々の生活においてもこれは重要です。

余裕がある人と忙しい人の違い7.依頼を断る

余裕がある人は自分の能力を把握しているため、できないものはできないと丁重にお断りしています。そのため、余裕がある人は期待を裏切ることがありません。ここもスケジュール管理能力が関係していますね。生活においても重要なポイントです。

忙しい人や自分に余裕がない人は基本的に自信がないため、依頼を断ることができません。そのため、1回頼みごとを受けてしまって、できなかった際に信頼を損ねてしまうことがあります。日々の生活でも無理なことは断ったほうが良いです。

余裕がある人と忙しい人の違い8.自信の有無

余裕がある人は、自分の発言や行動、思考に自信を持っています。自分が発信した内容を再確認する無駄な労力や時間も省くことができます。また余裕がある人は言動に自信を持っているため、質問された際でも自信をもった対応をします。

余裕がなく忙しい人は、ひとつのことに十分に時間をかけることができないため、自分のすることに自信が持ちにくいものです。そのうえ、自分が発信した内容を再確認する無駄な労力や時間を割いてしまうので時間を有効活用できません。

余裕がある人と忙しい人の違い9.切り替えの早さ

自分に余裕がある人は、どんな環境であっても集中力を発揮することができます。また、切り替えの早さも兼ね備えているため、生活において無駄な時間の使い方をすることがありません。

忙しい人は、休憩時間等に喋った余韻が残ってしまったり集中力が維持できずにやるべきことを終えることが難しくなり、最終的に時間に追われてしまいます。生活においても切り替えは大事です。

余裕がある人と忙しい人の違い10.整理整頓

自分に余裕がある人は、一つ一つのやるべきことを次々と終わらせていきます。身の回り、特にデスク周りを整理整頓しているのでどこに何があるか分かっています。そのため、探す労力も時間も割く必要がありません。

自分に余裕がなくて時間に追われて忙しい人は、何か頼まれてもすぐに取り掛かることができません。片づけてからやるべきことを遂行することになってしまうため、時間に無駄ができます。何か一つ探すのにも時間をかける習慣があるため、時間調節も上手にできません。

〈余裕のない人〉に贈る余裕をもつ5つの心構え

余裕がない人、時間に迫られて忙しい人に贈る余裕を持つ5つの心構えを紹介していきます。

心構え1.自分に自信を持つ

自らの心構えに自信を持つことです。心構えに自信をもっていれば、堂々とした態度で何事も行動することができます。堂々とすることによって余裕がある人のように見られて頼りがいがあります。 

心構え2.スケジュール管理を怠らずしっかりする

スケジュール管理を怠らずに、約束をきっちり守ることによってドタキャンをして信頼性が損なわれることもありません。時間の調整も可能になれば、自分の中で自由な事ができるタイミングを作ることができて、時間の有効活用が可能になります。

時間を有効に活用ができるようになれば、無駄な時間を省けるようになるので余裕がある人に見られるようになります。

心構え3.できないことは無理せず断る

まず無理して全て頼まれたことを受けずに自分のできる範囲で請け負っていけば、期待を裏切る事はありません。なんでも引き受けることを避けることによって、自分自身の信用の損失も回避することができます。自分の身の丈に合った働き方をすることが重要です。

心構え4.思い立ったら自分から

関連する記事