「余裕のある人」と「忙しい人」の特徴は?圧倒的な習慣の違い15選!

《余裕のある人》と〈忙しい人〉特徴や彼等の圧倒的な習慣・言動の違いを紹介していきます。忙しい人や余裕がない人が余裕を持つ心構えや、【恋愛や仕事】などで使える余裕があるように見せる話し方などのテクニックを紹介。番外編として、余裕がある人達の"びっくりエピソード"など、みんなの体験談も紹介します。

目次

  1. 余裕がある人とは
  2. 《余裕のある人》の特徴
  3. 〈余裕がない人〉と〈忙しい人〉の特徴
  4. 《余裕のある人》と〈忙しい人〉の習慣・言動の違い10選!
  5. 〈余裕のない人〉に贈る余裕をもつ5つの心構え
  6. 【恋愛編】余裕があるように見せるテクニック
  7. 【仕事編】余裕があるように見せるテクニック
  8. (番外編)余裕がある人達のびっくりエピソード
  9. 余裕がある人になりましょう

自分に余裕がある人は様々な視点を持って物事を見ているので、色々な角度から物事を考えることができ、自分からすべき行動を探すことができます。そのため、自発的に思い立ったら行動することが大事です。

心構え5.一人で全てを背負い込まない

余裕がある人は自分だけで無理して実行しようとせず、人の助けを求めてしっかりやるべき事を一つ一つ確実にこなしていく働き方をします。なのでやるべきことが終わらず信用を失うこともありません。

【恋愛編】余裕があるように見せるテクニック

恋愛において余裕があるように見せるテクニックを紹介していきます。

恋愛テクニック1.連絡のレスポンス頻度・速度

恋愛において連絡を返す頻度と速度はかなり重要です。余裕がなく常に焦っている人より余裕がある人の方が恋愛ではモテることは間違いありません。そのため、連絡頻度は焦らず相手のペースに合わせるのが恋愛ではいいとされています。

恋愛テクニック2.話を聞く態度

話を聞く際は、自分の価値観で意見を述べず同調した後に、主観的な視点と客観的に見た視点の混合で意見を述べるのが恋愛では良いとされています。そんな視点もあったのかと、相手に気付かせることもできます。人間は自分に持ってないものを持った相手に惹かれますので恋愛では有効です。

恋愛テクニック3.決して欲望をむき出しにしない

相手に好意を感じさせる行動をするのは良いですが、軽い言葉で口説こうとしてはいけません。恋愛に焦りは禁物で好意をむき出しにしては相手は引いてしまいます。また感情で体が動いてしまうと、余裕がないように見られてしまうため、恋愛においては注意したほうが無難でしょう。

言葉よりも行動が重要です。西洋の格言で「行動は言葉よりも多くを語る」という言葉があります。連絡先を聞いた上でコミュニケーションをとりすぎてしまう方はメッセージよりも行動で示したほうが良いでしょう。

恋愛テクニック4.あくまで無頓着

この文で説明する無頓着は、好意があふれても無頓着を意識して執着せずを様々な人とするのも余裕がある人に見られます。

そして好きな異性には特別感をだす行動をしても良いですね。そこまで考えられるということは、自分にある程度自信と余裕がある証ですので安心して恋愛を成就させていけます。

【仕事編】余裕があるように見せるテクニック

仕事において余裕がある人のように見せるテクニックを紹介していきます。

仕事テクニック1.仕事に優先順位をつけて行動する

働き方で数ある仕事の中から一つ一つこなしていく際に、余裕がある人は優先順位をつけて作業すると集中して効率よく終了させることができます。

関連する記事