飲み込みが早い人の特徴は?言動・習慣に圧倒的な共通点が…!遅い人との違いも!

飲み込みが早い人の特徴や、性格・心理にはどんな共通点があるのでしょうか?飲み込みが遅い人との違いや飲み込みを早くするコツ、自己PR方法など、仕事や就活に活かせる情報が満載です。番外編として、飲み込みが早い人達が意識している"理解度をあげるコツ"も紹介します。

目次

  1. 「飲み込みが早い」の意味
  2. 飲み込みが早い人の特徴・共通点
  3. 飲み込みが早い人の性格・心理
  4. 飲み込みが遅い人あるある
  5. 飲み込みが早い人と遅い人との違い
  6. 飲み込みを早くするコツ
  7. 飲み込みの早さを自己PRに取り入れるには
  8. 【体験談】飲み込みが早い人達が意識している"理解度をあげるコツ"
  9. 飲み込みが早いという長所は身につけられる!

「飲み込みが早い」の意味

飲み込みが早いという言葉の飲み込みは、食べ物を嚥下することではなく、物分かりが良いことを表しています。特に習い事や会社など、何か新しい知識に触れる際、それを理解する力に優れている場合に使用される言葉です。

飲み込みが早い人の特徴・共通点

周りから「飲み込みが早い」と評価される人というのは、共通点としていくつか特徴をもっているもの。まずは、優れた理解力の理由ともいえる特徴について、それぞれ見ていきましょう。

1.飲み込みが早い人の特徴・共通点【周りを観察する力に優れている】

新しいことを覚える時は、ベテランの人がどう動いているかを観察することが有効です。そのため、飲み込みが早い人は、周りを観察する力に優れています。仕事ができる人は、ある程度改善を重ねた効率の良い仕事のやり方を身に着けているもの。それを観察して自分の仕事に活かせるというのが、飲み込みの早い人の大きな特徴です。

2.飲み込みが早い人の特徴・共通点【分からないことは後回しにしない】

飲み込みが早い人は分からないことは後回しにせず、すぐに尋ねるという特徴があります。これは、あらゆる場面で理解力の高さに通じること。不明点を後回しにすると、その後の説明が理解できずについていけなくなります。分からないことはすぐに聞き、小まめに不明点を解消することで、理解度が深まり仕事の飲み込みが早くなります。

3.飲み込みが早い人の特徴・共通点【仕事中は必ずメモをとる】

飲み込みが早い、つまり理解力が高い人というのは、仕事中に必ずメモをとって見返すという特徴があります。メモは一度聞いたことを思い出す手段として使用されますが、自分なりにまとめることで理解力が高まるという側面があります。

飲み込みが早い人は、一度聞いたことを頭の中で整理して文字に書き起こすことで、効率的に内容を覚えることができているのです。

(世渡り上手な人の特徴・言動については以下の記事も参考にしてみて下さい)

世渡り上手な人の特徴・言動〈男女別〉25選!あざとい人との違いも!

飲み込みが早い人の性格・心理

続いて、飲み込みが早い人の性格・心理に移っていきましょう。理解力の高さというのは、その人がどんな性格・考え方をしているのかに深く関わっています。飲み込みの早さに通じる性格や、仕事に対する考え方は一体どんなものなのでしょうか?

飲み込みが早い人の性格・心理【素直】

飲み込みが早い人の性格としては、まず素直であることが挙げられます。人から何かを教わった時に、そこにプライドや自分なりの解釈を挟んでしまう人は、間違った覚え方をしたり、うまく話を理解できなかったりするもの。しかし、飲み込みの早い人というのは、得た情報を抵抗なく自分の中に取り込んでしまいます。

飲み込みが早い人の性格・心理【向上心が強い】

「自分は未熟で、もっと努力しなければならない」という考え方を持っているのが、飲み込みが早い人。仕事に対して努力を惜しまず、貪欲に成果を上げようとする姿勢でいるために、新しいことでもどんどん覚えて仕事に活かすことができます。また、少しでも効率の良い方法を探したいという考え方のもと、改善を重ねていくので仕事の速度も上がっていきます。

さらに、飲み込みが早い人は与えられた知識をすべて吸収する姿勢が整っているので、物事を理解する際にプライドが邪魔をしたり、間違った思い込みをすることがありません。

(向上心がない人・ある人の特徴については以下の記事も参考にしてみて下さい)

関連する記事