妊婦が風邪をひいたら?治し方は?赤ちゃんに影響は?予防法も!

【医師監修】「妊婦が風邪をひいたらどうすればいいの?」と心配な人のために、妊婦が風邪をひかないための予防法などをご紹介します。風邪をひいたときにはどうやって治すのか、赤ちゃんにはどんな影響があるのか…なども解説していくので参考にして下さいね。

専門家監修 | 内科医 増田 陽子
内科医 、救急医。平成22年St. Methew School of Medicine大学医学部卒業 、Larkin Hospital、J.N.F Hospitalにて勤務。日本医師資格に加え、...
内科医 、救急医。平成22年St. Methew School of Medicine大学医学部卒業 、Larkin Hospital、J.N.F Hospitalにて勤務。日本医師資格に加え、米国医師資格、カリブ海医師資格も保有しております。 日本だけでなく、アメリカでの経験を踏まえた情報を発信して参ります。 よろしくお願いいたします。

目次

  1. 妊婦は風邪をひきやすいの?
  2. 妊婦の風邪の治し方は?
  3. 妊婦は風邪薬を飲んでもいいの?
  4. 妊婦でも飲める市販の風邪薬は?
  5. 妊婦が飲めない市販の風邪薬は?
  6. 妊婦の風邪は病院に行くべき?
  7. 妊婦が風邪をひくと赤ちゃんに影響する?
  8. 妊娠初期の風邪は危険?
  9. 妊娠中に風邪をひかないための予防法は?
  10. 妊娠中は風邪をひかないための体作りを心がけよう

妊婦は風邪をひきやすいの?

免疫とは、体内に侵入した細菌やウイルスを「異物」とみなし攻撃をし、健康を保つシステムのこと。妊娠中、おなかの赤ちゃんを「異物」とみなされては大変です。そのため妊婦さんの体は免疫システムを低下させています。普通の人よりも風邪などの感染症にかかりやすい状態といえますね。

妊婦さんは風邪のウィルスや細菌に対する抵抗力が弱まってます。「熱が出る」「のどが痛い」「頭痛」「鼻水」などの体調不良もおこりやすいでしょう。もし妊婦さんが風邪をひいたら、おなかの赤ちゃんに影響が出ないような治し方で注意して治す必要があります。

(妊娠中の体の不調については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期の鼻水・鼻づまりは妊娠性鼻炎?症状の特徴と対処法は?
妊娠初期の頭痛!薬はいいの?症状と原因、吐き気や流産への影響

妊婦の風邪の治し方は?

妊婦さんはつわりによる吐き気や食欲不振、だるさや倦怠感など体の不調が起こりやすいですね。風邪をひいたら熱・のどの痛み・頭痛・鼻水などの症状が加わってさらに体力を奪われてしまいます。赤ちゃんへ十分な栄養を与えられなくなってしまうかもしれません。妊婦さんが風邪をひいたらどのような治し方があるのでしょうか?

妊婦の風邪の治し方【ビタミンCを補給する】

ビタミンCには免疫力をアップしてくれる効果があります。発熱・のどの痛み・頭痛・鼻水など風邪をひいたらビタミンCを摂取し、悪化させないようにしましょう。ビタミンCは野菜や果物にたくさん含まれています。レモン・ブロッコリー・キウイフルーツなどを積極的に摂ると良いでしょう。また、葉酸などのサプリメントにもビタミンCは多く含まれています。

妊婦の風邪の治し方【睡眠をとって安静にする】

妊婦さんは睡眠不足になりやすいですね。つわりや赤ちゃんの胎動、出産や産後の不安で眠れないこともあるでしょう。睡眠不足や休養不足は妊娠中の風邪を悪化させます。発熱・のどの痛み・頭痛・鼻水などの症状もひどくなるでしょう。風邪をひいたら、細切れでもいいので少しでも睡眠を多くとるようにして安静に過ごしましょう。

妊婦の風邪の治し方【うがいをする】

風邪の引き始めの症状としてのどの腫れ、痛みがあります。うがいで口内の細菌を洗い流しましょう。市販のうがい薬には殺菌成分が配合されていますが、飲まずに吐き出すものです。赤ちゃんへ影響はほとんどないと言われています。心配な方は使用する前に医師に相談してみましょう。

増田 陽子

内科医

帰ってきたら一つまみの塩を水に入れうがいをする、「塩うがい」も予防には有効です。

妊婦の風邪の治し方【水分補給をする】

関連する記事