デートの定義とは?男女別の意見に大きな差が…?遊びとの違いや境界線や基準は?

付き合うことを意識している男性・女性とふたりで食事や飲み、映画へ出かけたときに「これってデートなの?」と悩んだ経験がある方も多いでしょう。今回は、一般的なデートの定義やデートの定義に対する男女別の本音、デートと遊びとの境界線や基準もご紹介していきます。

目次

  1. デートの定義がわからず悩んでいませんか?
  2. 「これってデートなの?」デートの定義とは
  3. 女性が考えるデートの定義
  4. 男性が考えるデートの定義
  5. デートと遊びの境界線・基準
  6. 相手の行動をよく見てデートか遊びか判断しよう

デートの定義がわからず悩んでいませんか?

異性として意識している相手とふたりで食事や飲み、映画へ出かけた際に悩みがちなのが「これはデートと遊びのどちらなのか」ということですよね。明確なデートの定義がわからないと、自分が関係の進展を意識した異性として見られているのか、ただの友達としか思われていないのかという判断をするのは難しいものです。

こちらの方も、デートの定義があいまいで悩んでいると投稿しています。「友達という間柄の相手とふたりで出かけるのはデートなのか」と問いかけていますね。また、インターネットでデートの定義について調べたことについても触れていますが、同様に「デートの定義」でインターネット検索をした経験がある方も多いのではないでしょうか。

「これってデートなの?」デートの定義とは

では、ここから一般的なデートの定義についてご説明していきます。「これってデートなの?」というお出かけを経験した方は、ぜひそのデート内容に当てはめながらご覧ください。ただ、デートに誘う心理というのは男性や女性によっても異なり、個人差もあるものなので全てのケースに当てはまるわけではないということを頭に置いておいてくださいね。

デートの定義①:具体的なデートプランを考えてくれている

付き合うことを意識している相手とのデートであれば「相手を楽しませたい」という心理があるものです。そのため、食事や飲み、映画といった具体的なデートプランを考えてリードしてくれるようであれば、それはデートであると考えても良いでしょう。友達との遊びの場合には、合流した後に「これからどうする?」と相談を持ち掛けられるケースが多いのです。

デートの定義②:プライベートな時間をデートにあてている

異性として付き合うことを意識してデートに誘う場合には、自分のプライベートな時間をデートにあてることも苦にはなりませんよね。相手の貴重な休日に誘われたのであれば、デートだと判断しても良いでしょう。友達として見られている場合には「無理してまで会う必要はない」という心理があることで、何かのついでで食事や飲みに誘われることもあります。

デートの定義③:デート中にかかったお金を積極的に払ってくれる

食事や飲みの費用、映画の代金など、お出かけの際にかかったお金を相手が積極的に払ってくれるようであれば、それはデートだと言えるでしょう。付き合うことを意識した相手が喜んでくれるのなら、デートの費用を惜しむことはありませんよね。割り勘を提案された場合は、友達とのお出かけどまりだと考えるのが妥当です。

デートの定義④:踏み込んだ内容の会話をしてくれる

相手が自ら踏み込んだ内容の会話をしてくれた場合、デートだと捉えても良いと考えられます。積極的なタイプの相手であれば「今日はデートできて良かった」とデートであることを強調した会話を振ってくれることもありますよ。また「付き合うならどんな人が良い?」といった恋愛の話題が多い場合も、友達以上の存在だと思われている可能性が高いです。

デートの定義⑤:次回のデートのお誘いがある

関連する記事