大学デビューを成功させる方法〈男女別〉20選!ありがちな失敗例も!実体験も多数

リア充目指して大学デビューしたくないですか?大学デビューしたくても、どうしていいか困っていませんか?大学デビューを成功させる方法を〈男性〉〈女性〉それぞれについて紹介します。大学デビューにありがちな失敗例や、大学デビュー丸出しな人の特徴も参考にしてください!

目次

  1. 大学デビューしたい!
  2. 大学デビューにありがちな失敗例10個【実体験も!】
  3. 《イタい…!》大学デビュー丸出しな人の特徴9つ
  4. 〈男性編〉大学デビューを成功させる方法10選【実体験も!】
  5. 〈女性編〉大学デビューを成功させる方法10選【実体験も!】
  6. 大学デビューに失敗した時の挽回方法は?
  7. 大学デビューに失敗した人が辿った哀れな大学生活【体験談】
  8. 鮮烈な大学デビューを!

大学デビューしたい!

高校時代が勉強漬けだったり、青春を謳歌できなかった人は大学デビューを心待ちにしていることでしょう。でも、大学デビューを間違えてしまうと、大学4年間が台無しになったり、下手をすると社会人へのスタートもうまくいかないことがあります。いわゆるリア充になるためには、見た目の雰囲気も大切ですし、口癖やふるまいも注意する必要があります。

(リア充については以下の記事も参考にしてみてください)

リア充アピールする心理〈男女別〉15選!周囲の本音は「うざい」一択?
非リア充の悲惨な(面白い)エピソード9選!自虐の境地「非リア名言」集も!

大学デビューにありがちな失敗例10個【実体験も!】

大学デビューでは、まず外見をイケてる雰囲気にしようとする人は多いでしょう。ただし、独りよがりで突っ走ると、ただのイタい人になってしまうことがありますよ。やたらとノリをよくしようとして空回りするのも、ありがちな失敗です。ありがちな大学デビューの失敗について紹介します。

1. 大学デビューの失敗例【後々恥ずかしい外見だった】

後から振り返って恥ずかしくなるような恰好をしてしまうことはありがちな失敗です。ずっと制服を着ていたため、いきなり自分に似合うファッションをしたいといっても、わからないですよね。

学生

20代前半

大学デビューで量産型ファッションがありがちで、イタい。

学生

10代後半

フリルやレースが特徴の思いきりかわいい服は、かわいい人にこそ似あうんやろな。私が着ていいものなのかわからない!

2. 大学デビューの失敗例【ストレスがひどかった】

大学デビューで頑張っていると、ストレスがたまることもあります。無理して明るく振舞うことでむなしくなったり、バイトと大学生活で衰弱したという人もいます。

まさき

20代前半

イケてるグループに混じってるけど、空気すぎて涙でてくる。でも、今からグループ抜けると陰口言われそうだし、同じ授業多いから無理。疲れるから一緒に遊びに行きたくないけど、なんのために大学デビューしたのか悲しくなる。

学生

10代後半

ありがちな話だけど、大学デビューとバイトで緊張と疲れが出た。一気に5kg減った。

3. 大学デビューの失敗例【浪費しすぎた】

大学に通うには学費や生活費が必要です。サークルなどそれなりに遊ぼうと思うとお金が結構かかります。

関連する記事