妊婦は湿布を貼って大丈夫?成分に注意?妊娠中に安全・NGな湿布は?

【医師監修】妊婦さんは妊娠によって起こる体の変化により「足」「肩」「背中」「腰」など様々な所に痛みが出てきやすいです。妊娠前は手軽に貼っていた湿布は、妊婦さんでも使用して大丈夫なのでしょうか?湿布は妊婦さんでも安全に使用できるのか、NGな湿布はあるのかご説明いたします。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 妊婦さんでも貼れるの?湿布薬とは
  2. 湿布薬の種類
  3. 湿布の主な成分と妊婦さんに及ぼす影響
  4. 妊婦さんは湿布を貼っても大丈夫?
  5. 妊婦さんが安全に使用できる湿布は?
  6. 妊婦さんが使用してはいけない湿布は?
  7. 妊婦さんは湿布の副作用にも注意
  8. 医薬品の分類別にみる湿布薬
  9. 妊婦さんは使える?湿布以外の外皮用薬
  10. 迷ったときは医師に相談を

妊婦さんでも貼れるの?湿布薬とは

妊婦さんは大きくなった子宮の重みを反り返って支えるために背骨のカーブがきつくなり、程度は様々ですが背部痛が生じます(※1)。湿布薬は「足」「肩」「背中」などの痛みや「腰痛」に簡単に貼れて効果があります。湿布薬は飲み薬とは違い、患部に直接貼るだけという手軽さから「薬」という感じはあまりしません。


湿布の市販薬「サロンパス」「ロキソニンテープ」は薬局やドラッグストアなどで購入できます。常備薬として置いてあれば、妊娠中に使用しても大丈夫だと思う方も多いでしょう。そんな湿布薬ですが、妊娠中の使用は控えたほうが良いとされています。一体なぜなのでしょうか?

湿布薬について

湿布薬は外用薬と呼ばれ、直接皮膚に貼ることで痛みのある患部へ薬を浸透させ症状を和らげます。主に「足」「肩」「背中」「腰」などの痛みを緩和させるために、使用することが多いのではないでしょうか。

飲み薬に比べると胃や肝臓などの内臓への影響は少なく、妊婦さんが安易に使っても大丈夫だと思いがちです。しかし薬の成分は皮膚を通して体内へ浸透していくため、体への負担は多少なりともあるかもしれません。医師の処方箋が必要な「モーラステープ」市販薬の「サロンパス」「ロキソニンテープ」「パテックス」など数多く販売されています。

飲み薬について

市販薬の「アリナミン」「ラックル速溶錠」などは湿布と同じような効果が得られる飲み薬です。飲み薬のメリットは即効性があり「足」「肩」「背中」の痛みと「腰痛」など複数個所の痛みに有効です。デメリットは湿布が体の外側から作用するのに対し、内側から作用するため胃や肝臓などへの負担が大きく、妊娠中は避けた方がいいでしょう。

湿布薬の種類

出典:https://www.pinterest.jp/pin/690458186615456321/

湿布薬は「温湿布」「冷湿布」第二世代湿布(非ステロイド性抗炎症薬入り)といわれる「経皮鎮痛消炎剤」があります。形状も白い「パップ剤」茶色の「プラスター剤(テープ剤)」があります。

種類が多く、症状別に最も効く湿布はどれか悩む方も多いでしょう。どの湿布薬が「足」「肩」「背中」の痛みや「腰痛」などに合っているのか、種類と効果の違いを見ていきましょう。

湿布の種類【温湿布】

「温湿布」は患部を温めて痛みを改善してくれる湿布です。痛み止め成分(サリチル酸メチル、dlカンフルなど)のほかにトウガラシ成分の「カプサイシン」が含まれています。患部の温度を上げて血行促進するので、慢性的な「足」「背中」の痛み「肩こり」「腰痛」をやわらげてくれるでしょう。

湿布の種類【冷湿布】

「冷湿布」は患部を冷やして炎症を抑えます。痛み止め成分(サリチル酸メチル、dlカンフルなど)のほかに冷感成分の「メントール」が含まれています。急性疾患といわれる「足のねん挫」「打撲」「ぎっくり腰」などに使用して下さい。

湿布の種類【経皮鎮痛消炎剤】

関連する記事