妊婦のむくみ(浮腫)解消法11選!妊娠中に足がむくみやすい原因は?

【医師監修】妊娠中はむくみ(浮腫み)が出やすいと言われており、なかなか解消できないと悩む妊婦さんも多いかもしれません。妊娠中になぜむくみ(浮腫み)が起きやすいのか、妊婦さんにおすすめのむくみ(浮腫み)の解消法などをご紹介します。解消法を試せば体重管理にも役立ちますよ。

専門家監修 | 内科医 増田 陽子
内科医 、救急医。平成22年St. Methew School of Medicine大学医学部卒業 、Larkin Hospital、J.N.F Hospitalにて勤務。日本医師資格に加え、...
内科医 、救急医。平成22年St. Methew School of Medicine大学医学部卒業 、Larkin Hospital、J.N.F Hospitalにて勤務。日本医師資格に加え、米国医師資格、カリブ海医師資格も保有しております。 日本だけでなく、アメリカでの経験を踏まえた情報を発信して参ります。 よろしくお願いいたします。

目次

  1. 妊婦さんが悩む浮腫みとは?
  2. 妊婦さんの浮腫みの原因は?
  3. 妊婦さんの浮腫みはひどくなるとどうなるの?
  4. 妊婦さんの浮腫みのチェック方法は?
  5. 妊婦さんの浮腫み解消法11選!
  6. 浮腫み解消法で乗り越えよう

妊婦さんが悩む浮腫みとは?

妊娠してから、身体がむくむようになったという妊婦さんは多いのではないでしょうか。妊娠中は妊娠していない時とは身体が大きく変化することで、身体がむくみやすくなっています(※1)。むくみは、身体の水分代謝がうまくできずに、皮下組織などに余分な水分を溜め込んでしまっている状態です。

多くの妊婦さんが妊娠中期から後期にかけて、むくみを経験することになるでしょう。妊娠後期には特に身体がむくみやすくなるので、妊婦さんはこまめにむくみ対策をとっておくことが重要です。

妊婦さんの浮腫みの原因は?

妊娠するとホルモンの分泌が変化し、身体も妊娠前とは大きく異なる状態になります。これが妊婦さんにむくみを引き起こしやすくする原因とされています。ほかにも妊娠の経過に伴ってむくみを生じさせる原因が変わってきますので、ひとつずつみていきましょう。

子宮の圧迫により下半身の血流が悪化する

妊娠後期になると胎児が急激に大きくなり、それに伴いお腹も圧迫されるようになります。お腹が圧迫されると下半身にうまく血液が流れることができずに、下半身にむくみが生じてしまうのです。

妊婦さんはホルモンバランスが大きく変化することで浮腫みに繋がる

妊娠するとホルモンの分泌が変化します。むくみの原因となる主なホルモンはプロゲステロンです。プロゲステロンは、身体に栄養を蓄えさせようとしますが、水分や老廃物までも排出させるのを阻止してしまいます。そのために、プロゲステロンが多く分泌されている状態の妊婦さんはむくみやすくなるというわけです。

妊婦さんは食生活の乱れがむくみに繋がりやすい

先にご紹介した通り、妊娠すると身体にさまざまな変化が起こることで、むくみが生じやすくなっています。妊娠中の身体の変化は、食生活の乱れを反映させやすくなっているのです。

今まで通りの食生活であっても、知らず知らずのうちに塩分や糖分過剰摂取となっていることも多く、今までむくみを感じなかった方でも妊娠中はむくみやすい身体に変化しているため、食生活には十分な注意が必要です。

妊婦さんの浮腫みはひどくなるとどうなるの?

妊婦さんがむくみの対策をとらず、放置してしまうと胎児にも影響が及ぶこともあります。身体にむくみが出ているということは、塩分を取り過ぎていたり、カリウムの摂取が足りなかったり、水分が不足していたりといったことが考えられます。これらの状態が続くと、妊娠糖尿病予備軍として認識されてしまうのです。

妊娠糖尿病になってしまうと、妊婦さんにも胎児にも影響が出ることがあり、奇形児や巨大児、未熟児になってしまったり、出生後に呼吸障害や低血糖に陥ったりすることもあります(※2)。妊婦さんは妊娠糖尿病にならないためにも早めにむくみ対策をとることが重要です。

増田 陽子

内科医

また妊娠高血圧症候群の可能性なども考えられるようになるので、気になる場合には医師にすぐ相談してみましょう。

関連する記事