胎動がポコポコ動いてかわいい!どんな感覚?お腹の中の赤ちゃんは何してるの?

安定期に入ると胎動を感じる妊婦がほとんどです。胎動を感じて嬉しいですが、胎動がポコポコするとき赤ちゃんが何をしているのか気になりますよね。胎動を感じたとき赤ちゃんは何をしているのか、ピクピクなどポコポコ以外の胎動やママ達の体験談も紹介していきます。

目次

  1. 胎動がポコポコしてかわいい!不思議な感覚!
  2. 胎動がポコポコ!お腹の赤ちゃんは何してるの?
  3. ピクピク?ポコポコ以外の胎動も紹介!
  4. 胎動がポコポコする時の感じ方は?ママ達の体験談を紹介!
  5. 胎動で赤ちゃんの動きを感じてみて!

胎動がポコポコしてかわいい!不思議な感覚!

胎動とはお腹の中で赤ちゃんが動くことをいいます。胎動を感じると赤ちゃんをより身近に感じられ、妊娠の嬉しさや赤ちゃんをかわいいと思う感情も倍増しますよね。また毎日胎動を感じることで、お腹の赤ちゃんが元気な状態であることを確認できます。

実際に胎動を感じるのは安定期に入った妊娠20週からが多いですが、経産婦になると早い方で17週から胎動を感じる方もいます。遅くても妊娠22週頃までにはほとんどの妊婦が胎動を感じることでしょう(※1)。

お腹の赤ちゃんはママが胎動を感じるより前から、手足を動かして羊水の中を自由に動いています。しかし数週が浅いと赤ちゃんの大きさも小さいので、お腹に当たっても胎動としてママが感じることはありません。なかなか胎動を感じないと不安になる方も多くいますが、胎動を感じるのが遅いからといって赤ちゃんには問題がないことがほとんどです。

胎動を感じる位置

胎動を感じる位置は妊娠数週によって変わってきます。胎動を始めて感じるときは恥骨の上からへその下あたりが一番多いでしょう。赤ちゃんが大きく成長すると回転したり、頻繁に位置を変えて動きまわるため、お腹の至るところで胎動を感じるようになります。

臨月になると赤ちゃんの頭も骨盤に固定され、胎動はお腹の上の方で感じることが多くなるでしょう。

妊娠24週を過ぎてもポコポコ胎動を感じない場合は注意

胎動は赤ちゃんが元気な状態かどうかを知るための手段でもあります。妊娠後期になると胎動も激しくなり、時には痛みを感じるほどになります。胎動を感じるのも個人差があり、1日に感じる胎動が少なかったり弱かったりしても問題があるわけではありません。

しかし妊娠24週頃を過ぎてもまったく胎動が感じられない場合は、お腹の赤ちゃんに異常がある可能性があるので注意が必要です。胎動をまったく感じなかったり、胎動が以前と比べて明らかに減った場合は産婦人科医に相談しましょう(※1)。

(胎動については以下の記事も参考にしてみてください)

胎動が少ない・弱い・感じない…原因と対処法は?ダウン症などの可能性も?

胎動がポコポコ!お腹の赤ちゃんは何してるの?

ひとまとめに胎動といっても色んな種類があり、胎動の種類によってお腹の中で赤ちゃんが何をしているのか把握することができます。赤ちゃんの状態を知りたい場合は、これから紹介する胎動の種類と自分が感じた胎動とを照らし合わせてみましょう。

赤ちゃんがポコポコとお腹を蹴るキッキング

妊婦健診でもお腹の赤ちゃんが勢いよく手を伸ばしたり、足を蹴り上げている様子を見ることがあります。数週が浅いと胎動として感じることはあまりありませんが、骨格がしっかりする妊娠20週頃には胎動として感じることができるようになるでしょう。胎動の中でも赤ちゃんが足や手を伸ばしたり曲げたりすることで、お腹に当たることをキッキングと呼んでいます。

キッキングはお腹の中から蹴られる感触で、胎動の中でも早くから感じることのできるものです。妊娠後期になると赤ちゃんが手足を伸ばす余裕もなくなるので、キッキングを感じることも少なくなってくるでしょう。

またキッキングはお腹の色んな場所で感じることができますが、妊娠後期に近づくと頭が下向きになるので、キッキングはお腹の上の方で感じることが多くなります。キッキングを感じるママたちの中には、赤ちゃんにお腹を力強く蹴られて思わず「痛い」と声を上げる方もいます。その他にも足の形がお腹に浮き出るほど、キッキングが強い赤ちゃんもいるほどです。

赤ちゃんがポコポコとお腹の中で回転するローリング

赤ちゃんがお腹の中で上下、左右と回転する動きの胎動をローリングと呼んでいます。ローリングは赤ちゃんが身体全体を使って回転するので、胎動の感じ方も大きくなり、中には回転したとわかる感触もあります。ローリングかどうかは判断できなくても、胎動としてしっかりママは感じることができるでしょう。

またローリングは逆子体操をした後、赤ちゃんが頭を下向きに態勢を変えやすくなるので、回転したことを感じることが多くなります。ローリングはお腹の中でガスや空気が移動しているような感触に似ています。ガスが発生したような感触を感じた方は、お腹の中で赤ちゃんがローリングをしている状態だと言えるでしょう。

ローリングもキッキングと同様に妊娠中期では赤ちゃんがくるくると位置を変えていますが、子宮の中が窮屈になる妊娠後期にはローリングを感じることも少なくなっていきます。ローリングは妊娠中期にしか感じることのできない貴重な胎動でもあるので、しっかりと感じてあげましょう。

(妊娠後期については以下の記事も参考にしてみてください)

【助産師監修】臨月の胎動が激しい…痛いと問題?先輩ママの体験談も

お腹の中で赤ちゃんがびっくり

関連する記事