励ましの言葉30選!恋愛や仕事などで落ち込んでる人を慰めるコツや名言集も!

落ち込んでいる人や元気がない人にかける『励ましの言葉』を紹介します。励ましの言葉をかける際の注意点・NGワードや、かけられて嬉しかった・元気が出た【体験談】も〈恋愛・失恋〉〈仕事〉〈勉強〉〈病気〉〈子育て〉〈人間関係〉などの状況別に適切な励ましの言葉を紹介します。

目次

  1. 落ち込んでる人を励ます・元気付ける言葉とは?
  2. 【失恋】して落ち込んでる人にかける励ましの言葉8選
  3. 【片思い】して悩んでいる人にかける励ましの言葉3選
  4. 【人間関係】で悩んでいる人にかける励ましの言葉3選
  5. 【仕事】で落ち込んでいる・悩んでいる人にかける励ましの言葉4選
  6. 【子育て】で悩んでいる人にかける励ましの言葉3選
  7. 【部活】で悩んでいる人にかける励ましの言葉2選
  8. 【勉強】で悩んでいる人にかける励ましの言葉2選
  9. 【病気】で落ち込んでいる・悩んでいる人にかける励ましの言葉3選
  10. 【名言集】元気・勇気が出る励ましの言葉2選
  11. 落ち込んでる人を励ます際の注意点5つ
  12. 励ましの言葉をかけるタイミングは?
  13. 励ましの言葉は〈直接〉〈メール・LINE〉〈電話〉なにがいいの?
  14. 励ましの言葉で避けるべき言葉やNGワードは?
  15. 【体験談】言われて〈嬉しかった・元気が出た〉励ましの言葉
  16. 落ち込んでる相手を元気付けてあげよう

①なかなかアタックできない方に「やらない後悔よりやった後悔」

片思いしている人の中には控えめな女性もいますよね。片思い中にしつこくアタックしすぎるのは逆に嫌われてしまう可能性があるので、しつこすぎないアタックができるように背中を押してあげましょう。

告白ができず後から後悔するより、自分が納得のいくまで突っ走った方がスッキリする事もあります。片思いの人には「やらない後悔よりやった後悔」と励ましの言葉をかけてあげ、勇気付けましょう。

②片思いより両思いになった時の方が難しい「ずっと片思いでも幸せ」

片思いをしている時の方が楽な時があります。両思いになってから色々詮索し出したりとお互い自由な時間が減ったりしてしまう事もあります。ずっと片思いをしていてなかなか実らないときは「ずっと片思いでも幸せだよ」と励ましの言葉をかけてあげましょう。ずっと相手の事を想うのは自由ですから、ずっと片思いでも幸せなのです。

③共感してあげることが大事「わかるよ。辛いよね」

片思いで辛い思いをしている方は共感してもらうことで安心することもあります。一緒に悩んであげ、辛い思いを共感してあげましょう。「わかるよ。辛いよね」と共感し、片思いの人には励ましの言葉をかけてあげると辛い気持ちも和らぐでしょう。

告白する勇気がない人必見!〈男女別〉勇気を出すための17の対処法!

【人間関係】で悩んでいる人にかける励ましの言葉3選

次に紹介するのは人間関係で悩んでいる時にかけてあげる励ましの言葉です。人間関係とはとても厄介なものです。職場の同僚、友人、部活の仲間、ママ友など、人間関係でうまくいかず悩んでいる人はたくさんいます。人間関係で辛い思いをして悩んでいる方に励ましの言葉をかけてあげ、慰めることが大事です。

①まずは一生懸命励ましてあげることが大事「よく頑張ってるよ」

いくら頑張っても人間関係でうまくいかなくなった方はたくさんいます。悩んでいたらまずは話を聞いてあげて「よく頑張ってるよ」とその方の頑張りを認めてあげましょう。

頑張りを認めてもらうことで気持ちに少し余裕ができて、これからも頑張ろうと思ってくれるでしょう。「頑張れ」と言葉をかけてあげるより「よく頑張ってるよ」と励ましの言葉で認めてあげることが大事です。

②一緒に頑張ってあげることが大事「一緒に乗り越えよう」

辛い思いをしていたら話をよく聞いてあげ、一緒に解決方法を考えてあげるのもいいでしょう。そして悩んでいる人と一緒に頑張るよという意味で「一緒に乗り越えよう」と励ましの言葉をかけてあげましょう。その方が悩んでいる原因を一緒に考えて、一緒に頑張ってあげることで一人じゃないという安心感を与えることが大事です。

③一緒にいない時でもすぐ相談できるように「いつでも話聞くよ」

関連する記事