男の子を産み分ける方法は?妊娠の成功確率をあげる方法や食べ物などを紹介!

【医師監修】赤ちゃんの性別を産み分けできることを知っていますか?希望通り男の子になるとは限りませんが、確率を上げることは可能です。ここでは男の子を産み分ける方法や確率があがる食べ物・飲み物だけではなく、産み分け診療や、海外の産み分け事情、成功体験談も一緒に紹介していきます。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 赤ちゃんの性別はどう決まる?
  2. 男の子を産み分ける方法は?
  3. 男の子を産み分ける確率が上がる食べ物・飲み物は?
  4. 男の子の産み分けを実践する際の注意点
  5. 産み分けを専門医に相談できる病院があるって本当?
  6. 海外での産み分け事情は?確率・費用は?
  7. 男の子の産み分けに成功した人たちの体験談!
  8. 絶対に男の子を産み分けられる訳ではない!

赤ちゃんの性別はどう決まる?

赤ちゃんの性別は、受精したときの精子の染色体によって男女どちらかが確定します。つまり、卵子と精子が受精した時点で決まっているのです。(※1)。女性の卵子はX染色体1種類しかありません。対して、男性の精子はX染色体を持つものと、Y染色体を持つものの2種類が存在します。

受精したときの精子がX染色体であれば女の子、Y染色体であれば男の子になります。産み分けを行わずに自然妊娠すれば、赤ちゃんの性別は男女どちらも約50%になるでしょう。しかし、産み分けする方法を試すことで、自分の願う性別の子になる確率が高くなります。

精子の染色体の特徴

女の子になるX染色体を持った精子は、子宮内で生きられる寿命が約2~3日あり、酸性に強い性質を持っています。男の子になるY染色体を持った精子は、寿命が約1日と短く、酸性に弱くアルカリ性に強い性質が特徴です。(※3)

また、X染色体の精子に比べ、Y染色体の精子は動くスピードが速いこともわかっています。これら2つの染色体に適した環境を整え、夫婦生活のタイミングを取れば、産み分けに成功する確率が高くなります。

カズヤ先生

産婦人科医

Y染色体が酸性に弱く、アルカリ性に強い性質は持つものの、PH環境による産み分けには明確なエビデンスがないのが現状です。 しかし、X染色体とY染色体の寿命の違いは明確にありますので、これを利用した方法はあるかもしれません。

(妊娠については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠の流れを図解!排卵から受精、着床、妊娠までの各日数は?

男の子を産み分ける方法は?

男の子を産み分けるには、Y染色体を持った精子を卵子と受精させることが重要です。特定の染色体を卵子と結びつけるのは難しいかもしれませんが、方法はいくつかあります。いずれの方法も100%産み分けられるものではありません。しかし、男の子の確率を上げることには繋がるでしょう。

実際に男の子を産み分けるためにはどのようなものがあるのか、その方法について詳しく紹介します。

排卵日にタイミングをとる

男の子を産み分けたいなら排卵日にタイミングをとりましょう。(※2)。女性の膣内は、普段は菌の侵入を防ぐために強い酸性に保たれています。しかし、排卵日になると酸性が弱まる傾向にあります。
 
男の子を産み分けるために重要な精子のY染色体は、X染色体と比較して寿命が短く、酸性にも弱いのが特徴です。そのため、膣内の酸性が弱まる排卵日は、Y精子にとって絶好のチャンスです。同じタイミングでX精子が膣内に入っても、動きが速いY精子が先に卵子にたどり着き、受精する可能性を高めることができるでしょう。

(排卵については以下の記事も参考にしてみてください)

排卵と生理の仕組みについて!卵子はどう関係する?

充実したセックスで女性を気持ちよくさせる

充実したセックスで女性を気持ちよくさせてあげれば、男の子が生まれるためのY精子にとって動きやすく有利な環境を作ることができるでしょう。普段膣内は酸性に保たれていますが、女性はセックスで気持ち良いと感じるとアルカリ性が強くなって膣内の酸性度が弱まるからです。(※3)。

子宮口近くで射精する

性交時になるべく子宮口近くを意識し、男性器を置くまで挿入して射精すれば酸性に弱いY精子にとって有利になります。女性の膣内は菌が入り込むのを防ぐため酸性の状態になっていますが、その奥にある子宮の中はアルカリ性の状態です。なるべく酸性の状態である膣内での移動距離を短くしてあげることで、Y精子が卵子に辿り着く確率が高くなるでしょう。

禁欲して質の良いY染色体の精子量を増やす

男性の精子は、約3~5日間程度禁欲するとX精子よりもY精子の割合が高くなる傾向にあります。また連続してタイミングをとると1回に射精される精子の量が減ってしまいます。禁欲して精子量を増やせば、できるだけ多くのY精子を卵子に届けることが可能になるでしょう。

禁欲期間も大変重要です。あまり長すぎると逆に精子の質が下がり受精能力がなくなるので注意しましょう。

男の子産み分け用のグリーンゼリーを使う

女性の膣内の状態を酸性またはアルカリ性に近づける効果があるのが産み分け用ゼリです。これによって、男の子になりやすい環境を作ってあげましょう(※2)。男の子を産み分けたい場合は、専用のグリーンゼリーをセックスする前に注入します。

膣内の酸性状態が中和されてアルカリ性に近づくため、酸性に弱いY精子も自由に行動できるようになります。卵子に辿り着きやすくなり、男の子が産まれる可能性も高くなるでしょう。

カズヤ先生

産婦人科医

実際に産科クリニックで男の子、女の子の産み分けを希望された時に、処方されるものとしてはゼリー(クリニックによってはピンクゼリーを処方します)が多いです。 確率的なエビデンスには正直乏しいものはありますが、何かにトライしたいというカップルにはお勧めされることが多いゼリーです。 (公的病院ではこのような治療はされることは、ほとんどないと思います)

リンカルを摂取する

メディアでも紹介されたリンカルは、お腹の中の胎児の先天性異常を防ぐための栄養補助食品です。リンカルを妊活中に服用していた妊婦さんは、男の子を出産する確率が高い傾向にあるといわれています(※3)。

しかしリンカルが男の子の産み分けに有効だという医学的根拠は証明されていません。またリンカルで産み分けする場合は、確実に効果を発揮させるためにも2ヶ月間毎日服用することが必要になるので注意しましょう。

男の子を産み分ける確率が上がる食べ物・飲み物は?

人間の身体は食べ物や飲み物によって、身体の中のpH(酸性アルカリ性の度合)が変わる傾向があるといわれています。そこで、男の子を産み分けるために取り入れた方が良いとされる食べ物や飲み物を紹介します。

実際に食べ物や飲み物によって身体の中を酸性やアルカリ性にできるという科学的根拠は立証はされていません。しかし、先ほど紹介した産み分け方法と組み合わせることで、男の子の確率が上がる可能性があります。

男の子を産み分ける確率が上がる食べ物

女性はアルカリ性の食べ物を摂るのがおすすめです。アルカリ性の食べ物は野菜や酸味のない果物、海藻類やきのこ類、乳製品があります。一方男性は酸性の食べ物を摂取するのが良いので、肉や魚、ごはんや小麦などの食材を積極的に摂りましょう。

(食べ物については以下の記事も参考にしてみてください)

葉酸の多い食品・食材は?葉酸が含まれる妊娠中におすすめの食べ物25選!

男の子を産み分ける確率が上がる飲み物

男の子を産み分けるために重要となるY精子は、カフェインを摂ると元気になって運動量を上げる効果があるといわれています。セックスをする約30分前に、男性がカフェインを含んだコーヒーや紅茶などの飲料を1杯ほど飲むと良いとされています。

「産み分けにカフェインは関係がない」など反対の意見もありますが、試してみるのも良いでしょう。

男の子の産み分けを実践する際の注意点

男の子を産み分けるための食べ物や飲み物を紹介しましたが、産み分けに必要な食材だけを摂ると栄養が偏ってしまいます。妊娠するためにはまず健康的な身体作りが必要です。身体に良い食材をまんべんなく摂取するようにしましょう。

また産み分けを意識しすぎるとかえって妊活のストレスとなってしまいます。男の子を望んでいるのであれば、女性はストレスを溜めないことが必須です。ストレスは体内を酸性へと変えてしまうので注意しましょう。

(産み分けについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの男の子・女の子の産み分けを徹底解説!排卵日や体位、精子量がカギ!

産み分けを専門医に相談できる病院があるって本当?

日本でも産み分けの相談ができるクリニックや病院があります。基礎体温や月経周期から排卵日を特定し、タイミング法やゼリーを使った方法で行います(※2)。ただし不妊治療などとは違って助成金はでません。実費負担となるので注意しましょう。また、産み分けは妊娠率を下げてしまうため、不妊症や高齢のひとなどは病院側から勧められないこともあります。

産み分けに強い願望を持っている場合は、CGL着床前診断プログラムという方法で受精卵の染色体を調べる方法もあります。妊娠する前に性別が高確率でわかる産み分け法ですが、体外受精後に受精卵を調べる手間と費用もかかるため誰でもできる方法ではありません。

(産婦人科については以下の記事も参考にしてみてください)

産婦人科の初診の流れと初診料は?妊婦検診は保険がきかない?体験談も

海外での産み分け事情は?確率・費用は?

日本では産み分けはそこまで重視されていませんが、海外では多くの技術が揃っているのを知っていますか。ここでは海外での産み分け事情や産み分けの確率、掛かる費用などを紹介していきます。

成功率の高い着床前診断

CGL着床前診断プログラムは、どの産み分け法よりも100%に近い確率で正確に性別を知ることができます。日本では検査を受けることは可能ですが、産み分けする理由によっては着床前診断を行うことができません。

世界では産み分けのために着床前診断を受けるひとが非常に多いのが現状です。ただし、海外では医療費だけでなく移動費や宿泊費もかかるため、平均約500万円ほどかかります。特に最先端技術があるのはアメリカですが、他の国よりも高額とみておくとよいでしょう。

カズヤ先生

産婦人科医

我が国では、現状、技術的ではなく倫理面の問題から着床前診断は行われていません。 実際問題、多くのカップルが恣意的な理由で男女の産み分けを初めてしまうと、人口形態に歪みが生じてしまい、人類の自然に構築される性別バランスが崩れてしまい、生態系に影響を及ぼしてしまうでしょう。 現代医学では特に、不妊、産科領域の発展は著しいものがあります。それゆえ、倫理観を重視して医療を施行しないと、非常に危険であることを認識しましょう。

エリクソン法

X精子とY精子の動くスピードの違いから精子を判別するのが、エリクソン法です。しかしこの方法で産み分けに成功する確率は男の子で約70~80%、女の子で約60%~70%とされています。

着床前診断に比べて費用が抑えられますが、成功率がそれほど高くはありません。しかも保険適用外のため、海外でも主流の産み分け法でないのが現状です。

マイクロソート法

マイクロソート法は家畜の性別を産み分けるために開発された技術ですが、人間にも当てはめることが可能です。費用は高額ではありませんが、産み分けの成功率が高いとはいえません。産み分けの成功率を確実なものにするため、着床前診断と一緒に受けるひとが多いようです。

男の子の産み分けに成功した人たちの体験談!

ここまでいろいろな男の子の産み分け法をみてきましたが、実際男の子を産み分けた人たちはどのような方法を試したのか気になりますよね。そこで、男の子の産み分けにチャレンジした先輩ママたちの実体験を紹介していきます。

男の子を産み分けた体験談【バナナを使った産み分け法】

主婦

30代

男性がバナナを食べると男の子が産まれるとネットでも話題になっていたので、1年間ほど旦那にバナナを毎日食べてもらって妊活を始めたら本当に性別が男の子になった。

バナナに含まれている成分の1つにカリウムがあり、カリウムを男性が摂取すると男の子が産まれやすいという説があります。しかし科学的根拠が立証されていないので、確実に男の子を産み分けられるという保証はありません。

男の子を産み分けた体験談【グリーンゼリーを使った産み分け法】

OL

20代

1人目が女の子だったので、2人目は男の子が欲しいと思い産み分けゼリーを使ってみました。グリーンゼリーを使い始めて3周期目で妊娠。毎回性別ドキドキしながら妊婦健診に言ってたけど、ようやく17週目で男の子と判明!希望通り1姫2太郎になってよかった。

グリーンゼリーを実際に使って妊娠したひとの約7~8割が、男の子の産み分けに成功しています。グリーンゼリーは膣内に入れるので安全面が心配というひとも多いですが、問題が起こった例はありません。日本製ということもあり安心して使用することができるでしょう。しかし他の産み分け法に比べてコストがかかるというデメリットもあります。

男の子を産み分けた体験談【排卵日でのタイミング法による産み分け法】

専属ライター

20代

元々不妊症だったので不妊治療目的で婦人科に通い、妊娠率を上げるためにも排卵日でのタイミング法を指導されました。私は排卵日におりものが伸びる特徴があるので、確実に排卵日を狙って妊娠できました。排卵日でのタイミングだったので予想通りの男の子が産まれました。

男の子が産まれるための条件が揃っているため、排卵日を狙って男の子を産み分けるママたちが多いようです。他の産み分け法とセットで試すとさらに効果が期待できるので、1つの方法だけでなく複数の方法を同時に試すのが良いでしょう。

男の子を産み分けた体験談【リンカル服用での産み分け法】

パート

30代

病院に産み分け相談に行ったら、リンやカルシウムが多く含まれているリンカルというサプリメントを進められて1日4錠の摂取を毎日欠かさず数ヶ月飲み続けました。それから卵胞チェックと排卵チェッカーで排卵日に性交した結果、男の子を見事に授かりました。

リンカルを服用しても産み分けの成功率は100%ではありません。しかし摂取したひとは男の子を授かる割合が高いのは確かです。

リンカルは長期服用することで効果が期待できます。すぐに妊活を始めたいのであればリンカルを使った産み分けよりも他の方法を試すのが良いでしょう。

男の子を産み分けた体験談【産み分け法】

主婦

30代

女の子を授かりたいなら淡白なセックス、男の子なら濃厚なセックスをすると良いと聞いたことがあったので排卵日に狙いを定めてチャレンジしてみました。旦那もできるだけ奥にを意識したようです。実際効果があったのかこの方法で男の子を出産しました。

性交時に女性にオーガスムを感じさせると、男の子を産み分けるのに有利な環境を作ることができます。どの方法にもいえますが、排卵日にタイミングをとるのが前提となるので意識してみましょう。

絶対に男の子を産み分けられる訳ではない!

男の子を産み分ける方法をいくつか紹介しましたがいかがでしたか。どの方法も確実に男の子を産み分けることができる方法ではありません。複数の方法を組み合わせて成功率を高めることが大切です。

望む性別でなかったとしても、妊娠できたこと自体が奇跡です。自分のもとにやってきてくれた小さな命を大切に育てていきましょう。

カズヤ先生

産婦人科医

現実には様々な方法を駆使ししても、わが国での男女産み分けは、明確なエビデンスに基づき確立された手法はありません。 産婦人科専門医としては、自然の摂理に任せるのが一番と考えます。

関連する記事