男の子を産み分ける方法は?妊娠の成功確率をあげる方法や食べ物などを紹介!

【医師監修】男の子の赤ちゃんを望むカップルは少なくありません。では、どうすれば産み分けられるでしょうか。男の子を産み分ける方法、妊娠の成功確率をあげる方法、そのための食べ物などについて、先輩ママの成功談やドクターの助言を交えて紹介します。参考にしてください。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 赤ちゃんの性別はどう決まる?
  2. 男の子を産み分ける方法は?
  3. 男の子を産み分ける確率が上がる食べ物、飲み物は?
  4. 男の子の産み分けを実践する際の注意点
  5. 産み分けを専門医に相談できる病院があるって本当?
  6. 海外での産み分け事情は?確率・費用は?
  7. 男の子の産み分けに成功した人たちの体験談!
  8. 絶対に男の子を産み分けられる訳ではない!

赤ちゃんの性別はどう決まる?

赤ちゃんの性別は、受精したときの精子の染色体によって男女どちらかが確定します。つまり、卵子と精子が受精した時点で決まっているのです。(※1)。女性の卵子はX染色体1種類しかありません。対して、男性の精子はX染色体を持つものと、Y染色体を持つものの2種類が存在します。

受精したときの精子がX染色体であれば女の子、Y染色体であれば男の子になります。産み分けを行わずに自然妊娠すれば、赤ちゃんの性別は男女どちらも約50%になるでしょう。しかし、産み分け方法を試すことで、自分の願う性別の子になる確率が高くなります。

精子の染色体の特徴

女の子になるX染色体を持った精子は、子宮内で生きられる寿命が約2~3日あり、酸性に強い性質を持っています。男の子になるY染色体を持った精子は、寿命が約1日と短く、酸性に弱くアルカリ性に強い性質が特徴です。(※3)

また、X染色体の精子に比べ、Y染色体の精子は動くスピードが速いこともわかっています。これら2つの染色体に適した環境を整え、夫婦生活のタイミングを取れば、産み分けに成功する確率が高くなります。

カズヤ先生

産婦人科医

Y染色体が酸性に弱く、アルカリ性に強い性質は持つものの、PH環境による産み分けには明確なエビデンスがないのが現状です。 しかし、X染色体とY染色体の寿命の違いは明確にありますので、これを利用した方法はあるかもしれません。

(妊娠については以下の記事も参考にしてください)

妊娠の流れを図解!排卵から受精、着床、妊娠までの各日数は?

男の子を産み分ける方法は?

男の子を産み分けるには、Y染色体を持った精子を卵子と受精させることが重要です。特定の染色体を卵子と結びつけるのは難しいかもしれませんが、方法はいくつかあります。いずれの方法も100%産み分けられるものではありません。しかし、男の子の確率を上げることには繋がるでしょう。

実際に男の子を産み分けるためにはどのようなものがあるのか、その方法について詳しく紹介します。

排卵日にタイミングをとる

男の子を産み分けたいなら排卵日にタイミングをとりましょう。(※2)。女性の膣(ちつ)内は、普段は菌の侵入を防ぐために強い酸性に保たれています。しかし、排卵日になると酸性が弱まる傾向にあります。
 
男の子を産み分けるために重要な精子のY染色体は、X染色体と比較して寿命が短く、酸性にも弱いのが特徴です。そのため、膣内の酸性が弱まる排卵日は、Y精子にとって絶好のチャンスです。同じタイミングでX精子が膣内に入っても、動きが速いY精子が先に卵子にたどり着き、受精する可能性を高めることができるでしょう。

(排卵については以下の記事も参考にしてください)

排卵と生理の仕組みについて!卵子はどう関係する?

充実したセックスで女性を気持ちよくさせる

充実したセックスで女性を気持ちよくさせてあげれば、男の子が生まれるためのY精子にとって動きやすく有利な環境を作ることができるでしょう。普段膣内は酸性に保たれていますが、女性はセックスで気持ち良いと感じるとアルカリ性が強くなって膣内の酸性度が弱まるからです。(※3)。

子宮口近くで射精する

性交時になるべく子宮口近くを意識し、男性器を奥まで挿入して射精すれば酸性に弱いY精子にとって有利になります。女性の膣内は菌が入り込むのを防ぐため酸性の状態になっていますが、その奥にある子宮の中はアルカリ性の状態です。なるべく酸性の状態である膣内での移動距離を短くしてあげることで、Y精子が卵子に辿(たど)り着く確率が高くなるでしょう。

禁欲して質の良いY染色体の精子量を増やす

禁欲して質の良いY染色体の精子量を増やしましょう。男性の精子は、約3~5日間程度禁欲するとX精子よりもY精子の割合が高くなる傾向にあります。また連続して性交すると1回に射精される精子の量が減ってしまいます。禁欲して精子量を増やせば、できるだけ多くのY精子を卵子に届けることが可能になるでしょう。

禁欲期間は大変重要です。ただし、禁欲期間があまり長すぎると、逆に精子の質が下がり受精能力がなくなるので注意しましょう。

関連する記事