妊娠妊活中のカフェインはNG?許容量は?コーヒー・お茶などの影響を解説!

妊娠・妊活中には「カフェインを摂取しても良いの?」と気になってしまうものですよね。この記事では妊娠・妊活中にカフェインを過剰摂取するリスクや、妊活中のカフェインの許容量を紹介。コーヒー以外でカフェインを含む飲み物のほか、カフェインレスの商品もご紹介しますよ。

目次

  1. 妊娠・妊活中のカフェイン摂取はダメ?
  2. 妊娠・妊活中にカフェインを過剰摂取するとどうなる?
  3. 妊娠妊活中の正式なカフェインの許容量は?
  4. コーヒー以外にカフェインをたくさん含む飲み物は?
  5. カフェインレス・デカフェ・お茶などおすすめ商品7選
  6. 妊娠・妊活中はカフェインと上手に付き合おう

妊娠・妊活中のカフェイン摂取はダメ?

妊娠・妊活中には「カフェインが含まれているコーヒーやお茶を飲んでも良いの?」と気になりがちですよね。妊婦さんや妊活中の方にとって、カフェインの摂取が厳禁であるというわけではありません。カフェインはコーヒーやお茶以外のものにも含まれる成分です。そのため、一切カフェインを摂取しない生活を送るのは難しいと言えるでしょう。

ただ、カフェインの過剰摂取は吐き気や不眠をはじめ、体に良くない影響を及ぼす恐れがあります。妊婦さん自身や胎児を守るためにも、特に妊活中や妊娠中はカフェインを含む飲料の飲み方に注意しなければなりません。

(妊婦さんのカフェイン摂取については以下の記事も参考にしてみてください)

妊婦はほうじ茶に要注意?抹茶・麦茶は?カフェイン量・妊娠中の影響を調査!

妊娠・妊活中にカフェインを過剰摂取するとどうなる?

先ほど触れたように、カフェインを過剰摂取すると吐き気や不眠、めまいなど体の不調を引き起こす恐れがあります。こういった症状は、中枢神経系がカフェインの成分に刺激されることによって起こるものです。そして、妊娠・妊活中にカフェインを過剰摂取すると、それ以外にも影響を受ける面が出てきます。

そこで、ここでは妊娠・妊活中にカフェインを過剰摂取した場合にどういった影響があるのかについてご説明していきます。

(吐き気については以下の記事も参考にしてみてください)

生理中の「吐き気」の原因と対策!気持ち悪いのは生理痛の一種?

カフェインと女性ホルモンの関係

カフェインを過剰に摂取することで、女性ホルモンも間接的に影響を受ける恐れがあります。カフェインには覚醒作用があり、過剰摂取によって「夜寝付けなくなった」「眠ってもすぐ目が覚めてしまう」といった不眠状態になることもあるでしょう。女性ホルモンは睡眠中に分泌されることが多いため、不眠になると女性ホルモンの分泌が乱れやすくなります。

そして、妊娠しやすい体作りのためには女性ホルモンの「エストロゲン」「プロゲステロン」が良いバランスで分泌されていることが重要です(※1)。これらのホルモンバランスが乱れていると「生理周期が安定せずなかなか妊娠しない」「高温期の吐き気やイライラなどの症状がつらい」といった悩みに頭を抱えることになる可能性もあるでしょう。

妊娠・妊活中は特に「睡眠時間がしっかりと確保できているか」「吐き気やイライラなどの症状に悩まされていないか」といったことに気を配りながら、カフェインを含んだ飲料の飲み方には注意しておきましょう。コーヒーやお茶を楽しむ際は適量を守ることが大切ですね。

体を冷やす

体の冷えも、妊娠・妊活中にカフェインを過剰摂取することによって受ける影響のひとつです。カフェインが持つ利尿作用によって水分が排出されると、体温も下がって体が冷えます。特に妊活中の方にとって、不妊の原因とされている体の冷えは大敵ですよね。また、妊婦さんにとっても子宮が冷えてしまうのは良くありません。

さらに、もともと冷え性の方がカフェインを過剰摂取することで冷えを悪化させ、血行不良に陥ると体の不調がみられることもあります。具体的な症状としてはむくみや肩こり、吐き気や頭痛などがあらわれるでしょう。

「ホットコーヒーなら体が温まるのでは?」と感じた方もいるでしょうが、飲料の温度に関係なく冷えの原因は原材料自体に含まれるカフェインです。適量であれば体も温まりますが、ホットでも飲み方を誤るとカフェインの影響で冷えが悪化します。ホットでもアイスでも、妊活・妊娠中の体を冷やさないために普段より控え目の量を飲むようにしてみましょう。

赤ちゃんへの影響

妊娠・妊活中にカフェインを過剰摂取することによる影響のなかでも、特に気になるのが赤ちゃん、つまり胎児への影響です。カフェインを過剰に摂取すると、胎児に届く血液量が減少すると言われています。その影響が直接的な原因だと証明されてはいませんが、カフェインを過剰摂取した妊婦さんは流産・死産のリスクが高くなる傾向があるという調査結果も出ています(※2)。

また、カフェインは胎盤を通り胎児へ移行します。肝臓の働きが未熟な胎児はカフェインの排泄に時間を要するため、体に大きな負担がかかってしまうでしょう。

さらに、胎児の重要器官が形成される妊娠初期にカフェインを過剰摂取することも良くないとされています。妊娠に気づいてから「カフェインを摂り過ぎてしまった」と後悔することのないよう、妊活中からカフェインを含む飲料の飲み方には注意しておきたいところです。

(カフェインが胎児に及ぼす影響については以下の記事も参考にしてみてください)

妊婦はカフェインに注意!可能な摂取量は?妊娠初期から胎児に影響が?

妊娠妊活中の正式なカフェインの許容量は?

ここまで、妊娠・妊活中にカフェインを摂取することについてご説明してきました。そのなかで「妊娠・妊活中はいったいどれくらいまでカフェインを摂取しても良いの?」と気になった妊婦さんや妊活中の方もいるでしょう。そこで、ここからは正式な機関が定める妊娠・妊活中のカフェインの許容量をご紹介します。

WHO(世界保健機関)

WHOが定める妊娠・妊活中のカフェインの許容量は「コーヒーを1日に3、4杯程度」です。WHOは「カフェインが胎児にどういった影響を及ぼすかは定かではない」としてはいますが、ココアや紅茶のおよそ2倍のカフェインを含んでいるコーヒーを基準にして妊娠・妊活中のカフェインの許容量を定めています。(※3)

FSA(英国食品基準庁)

FSAが定めている妊娠・妊活中のカフェインの許容量は「コーヒーを1日にマグカップ2杯程度」です。FSAは「妊娠中にカフェインを過剰に摂取すると、流産・低体重児になる恐れがある」としており、許容量を他の機関より少なめに設定しました。また、具体的な許容量として200mgまでという数値も提示しています。(※3)

HC(カナダ保健省)

妊娠・妊活中のカフェインの許容量として、HCも「コーヒーを1日にマグカップ2杯ほど」と定めています。また、具体的な許容量の数値は最大300mgまでとしました。HCでは「妊娠・妊活中のカフェインの摂り過ぎは、健康に良くない影響を与える恐れがある」と妊婦さんのカフェイン摂取について注意を促しています。(※3)

(妊娠中のカフェインの許容量については以下の記事も参考にしてみてください)

妊婦はコーヒーをどれほど飲んでいい?妊娠初期のカフェインは要注意!

コーヒー以外にカフェインをたくさん含む飲み物は?

カフェインが多く含まれる飲み物といえば、コーヒーを思い浮かべる方が多いでしょう。しかし、コーヒー以外にもカフェインを含む飲み物はたくさんあります。

「意識せずに飲んでいたけど、実はカフェイン含有量が多い飲み物だった」というケースも少なくありません。そこで、ここではカフェインを多く含む飲み物を100mlあたりのカフェイン含有量と合わせてご紹介します。ぜひこちらを参考に、妊娠・妊活中にはカフェイン含有量も意識しながら飲み物を選んでみましょう。

玉露 約160mg
インスタントコーヒー 約60mg
栄養ドリンク 約50mg
紅茶 約30mg
抹茶 約30mg
煎茶 約20mg
ウーロン茶 約20mg
コーラ 約10~19mg
無糖ココア 約10mg
加糖ミルクココア 微量

(カフェイン含有量については以下の記事も参考にしてみてください)

妊婦は抹茶に要注意?アイスもダメ?妊娠中に及ぶ影響やカフェイン含有量について解説!

カフェインレス・デカフェ・お茶などおすすめ商品7選

最後にご紹介するのが、カフェインレスやデカフェのコーヒー・お茶などのおすすめ商品7選です。カフェインレスだとは思えないクオリティの味わいがあるコーヒーやお茶などが揃っていますよ。「カフェインの摂取量に気をつかわないといけないけど、好きなものを美味しく飲みたい」という妊婦さんや妊活中の方は、ぜひ目を通してみてくださいね。

1. UCC おいしいカフェインレスコーヒー ドリップ

UCC おいしいカフェインレスコーヒー ドリップコーヒー 50杯分
1,890円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

UCCから販売されている「おいしいカフェインレスコーヒー」は、妊娠・妊活中の方におすすめしたいカフェインレスのコーヒーのひとつです。こちらはドリップタイプで、手軽に新鮮な香りのコーヒーが楽しめます。

また、原材料のコーヒー豆やカフェインの除去方法にもこだわっており、カフェインを97%もカットしているとは思えないほどの豊かなコクを味わうことができる商品です。

Amazonレビュー

★★★★★

授乳中でカヘェインレスコーヒーを探してこれに辿りつきました。一杯あたりの料金も安く、コーヒーの香りも良くて、これで充分です。

内容量7g×50杯分
原材料コーヒー豆
タイプドリップ

2. ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め ボトルコーヒー カフェインレス 無糖

ネスレ日本 ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め ボトルコーヒー カフェインレス 無糖 900mlペットボトル×12本入
1,490円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

「手軽にカフェインレスのアイスコーヒーを楽しみたい」という妊婦さんや妊活中の方には、ネスカフェの「ゴールドブレンド コク深め ボトルコーヒー カフェインレス」がおすすめです。

こちらにはカフェインを97%取り除いていることに加え、さまざまな飲み方でアイスコーヒーを楽しめるという魅力があります。無糖なのでそのままブラックでも、ミルクや砂糖を入れて自分の好きなようにアレンジしても深いコクを味わえる商品です。また、注ぎやすいボトルの形状も人気の理由のひとつとなっています。

楽天レビュー

★★★★★

先日出産したばかりなのですが、妊娠前から1日1杯は飲んでいたコーヒーをやはりカフェインが気になり飲まないようにしていました。近くのドラッグストアで見つけて試しに購入したところ、酸味が少なく、飲みやすいうえに後味すっきりで私好みでした。店頭だと重くてせいぜい2本買うのが精一杯。今年の夏はかなりお世話になりそうだったので箱買いしました。

内容量900ml×12本
原材料カフェインレスコーヒー
タイプペットボトル飲料

3. ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス エコ&システムパック

ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス エコ&システムパック(60g)
753円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

楽天で詳細を見る

本格的なコーヒーが楽しめると大人気のバリスタですが、実はバリスタ用のカフェインレスコーヒーも販売されています。こちらの「ゴールドブレンド カフェインレス」はカフェインが97%カットされていますが、コーヒーの本格的な味わいやコクは「ゴールドブレンド」と変わりません。

「妊娠・妊活中だからバリスタはしばらくお休みかな」と落ち込んでいた方は、ぜひこちらで引き続きバリスタのコーヒーを楽しんでみてくださいね。妊婦さんや妊活中の方が来客した際にも、喜んでもらえることでしょう。

楽天レビュー

★★★★★

妊娠中の為、カフェインの少ないものをと思い購入。苦味と酸味のバランスが好みで、香りもインスタントにしては満足です。ドリップタイプも好きですが、やはりこの手軽さはありがたいです。

内容量60g
原材料コーヒー豆
タイプインスタント(バリスタ)

4. ブレンディ スティックカフェオレ やすらぎのカフェインレス

AGF/ブレンディ スティックカフェオレ やすらぎのカフェインレス 21本
492円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

「苦いコーヒーは苦手だけど、カフェオレなら飲むことができる」という妊婦さんや妊活中の方には、AGFの「ブレンディ スティックカフェオレ やすらぎのカフェインレス」がぴったりです。心や体もリラックスできる優しい味わいのカフェオレで、手軽に作れるスティックタイプの商品になっています。

特殊なミキサーによってカフェインレスコーヒー・砂糖・ミルクがバランス良く混ざり合っており、本格的なカフェオレを飲み慣れている方をがっかりさせることもありません。また、半量のお湯と氷でアイスカフェオレとしての飲み方も楽しめますよ。

Amazonレビュー

★★★★★

コーヒーが大好きなのですが、妊娠してからずっと我慢をしていました。
たんぽぽコーヒーなども試しましたがどうしても好きになれず、諦めていましたが、このカフェインレスカフェオレは本当にブレンディのカフェオレを飲んでる気分になれます。
少し薄味なかんじがするので私はいつも少し濃いめにいれています。
インスタントコーヒーなので、お湯さえあればすぐ飲めて便利。
授乳中の楽しみになりました。

内容量10g×21本
原材料インスタントコーヒー・脱脂粉乳・砂糖・水あめ・乳糖・食塩・植物油脂
タイプインスタント(スティック)

5. アーマッドティ デカフェ フルーツセレクション

アーマッドティ デカフェ フルーツセレクション(20包)
480円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

楽天で詳細を見る

「アーマッドティ デカフェ フルーツセレクション」は、紅茶好きの妊婦さんや妊活中の方におすすめしたいカフェインレス紅茶です。カフェインが96%以上もカットされており、アップル・ピーチ&パッションフルーツ・ストロベリー・レモン&ライムの異なるフレーバーを楽しむ飲み方ができます。

また、こちらはティーバッグタイプで抽出時間は約3分間です。香り豊かなカフェインレス紅茶を、手軽に楽しめるのは嬉しいものですよね。

楽天レビュー

★★★★★

カフェインで胃が痛くなるようになり、でも紅茶も飲みたいのでこちらを。
ちゃんと紅茶の味がしますし、4つのフレーバーが楽しめて美味しくいただけます。

内容量2g×20包
原材料紅茶・乾燥果実・香料
タイプティーバッグ

6. オーガニック ルイボスティー Lulu美

水出し オーガニック ルイボスティー Lulu美 ティーバッグ 2g 50包
780円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

妊娠・妊活中におすすめのお茶としては、ルイボスティーをよく耳にしますよね。数多く販売されているルイボスティーのなかでも、ノンカフェイン・ノンカロリー・オーガニック100%と魅力満載なのが「オーガニック ルイボスティー Lulu美」になります。

茶葉のグレードも最上級で、ホット・アイスどちらの飲み方でもルイボスならではの香りや味わいを楽しめるのも魅力のひとつです。製造工場で水銀や残留農薬の検査もきっちりと行われており、妊娠・妊活中の方も安心して飲むことができるルイボスティーとなっています。

Amazonレビュー

★★★★★

アイスでもホットでも両方できるのでマイボトルに入れて水出しで試してみると、とてもスッキリして香りの良いルイボスティーが簡単にできました。小学生の子供も美味しいと言ってましたし、早速学校の水筒に入れてました。ホットで少し濃いめに飲んでも凄く美味しいです。プレミアムグレードの茶葉だからか、渋みも少なく香りもとても良いのでリラックスしたいときにぴったりだなと思います。またリピートしたいです。

内容量2g×50包
原材料ルイボス
タイプティーバッグ

7. キリン 生茶デカフェ

キリン 生茶 デカフェ 430mlPET×24本
2,358円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

「緑茶が好きだけど、カフェインレスのお茶は麦茶やほうじ茶ばかり」と諦めていた妊婦さんや妊活中の方におすすめしたい商品が「キリン 生茶デカフェ」です。こちらは2019年現在、日本で唯一のカフェインゼロの緑茶飲料となっています。カフェインゼロではありますが、緑茶が好きな方も満足できる自然な茶葉の香りと本格的な味わいが魅力です。

妊婦さんや妊活中の方はもちろん、子どもも気軽に飲むことができるカフェインゼロの緑茶があると助かりますよね。ペットボトルで持ち運びがしやすいのも嬉しいポイントです。

Amazonレビュー

★★★★★

妊婦の時から授乳中の現在まで、ずっと愛飲しています。
つわりがひどく、麦茶も爽健美茶も気持ち悪くて飲めなくなってしまった頃に発売されたので本当に助かりました。さっぱりとしてゴクゴク飲めます。デカフェなので罪悪感なし!
定期便にしていますが、たくさん飲んでしまうので1ヶ月待ちません。

内容量430ml×24本
原材料緑茶(国産)・生茶葉抽出物(国産)・ビタミンC
タイプペットボトル飲料

妊娠・妊活中はカフェインと上手に付き合おう

この記事では妊娠・妊活中のカフェイン摂取についてや、カフェインレスのコーヒーやお茶などのおすすめ商品をご紹介しました。妊娠・妊活中は不眠や吐き気、冷えといった体への影響、女性ホルモンや胎児への影響も考慮してカフェインの摂取量に注意する必要があります。カフェインレスの商品を取り入れながら、上手にカフェインと付き合っていきましょう。

関連する記事