排卵日がずれる原因は?早まる・遅れる場合の対策や予測してタイミングを図る方法も!

【医師監修】排卵日がずれる原因や、〈早まる〉〈遅れる〉場合の原因・対策などを紹介します。排卵日を予測してタイミングを図る方法・生理周期を改善してずれを減らす方法・意図的に排卵日を早める/遅らせる方法も紹介しますので排卵日がずれる原因を知りたい方は参考にしてみてくださいね。

専門家監修 | 産婦人科医 リエ先生
産婦人科専門医.。国立大学医学科卒業後、初期研修、後期研修を経て、現在大学病院で勤務しています。患者様の不安を少しでも取り除き、正しい知識を啓蒙できればとと思います。
産婦人科専門医.。国立大学医学科卒業後、初期研修、後期研修を経て、現在大学病院で勤務しています。患者様の不安を少しでも取り除き、正しい知識を啓蒙できればとと思います。

目次

  1. 排卵日がずれる?
  2. 排卵日がずれる原因は?最大どれくらい?
  3. 排卵日が早まる原因・対策は?
  4. 排卵日が遅れる原因・対策は?
  5. 排卵日を予測してタイミングを図る方法
  6. 生理周期を改善してずれを減らす方法!
  7. 排卵日を早くする・遅らせる方法は?
  8. 排卵日がずれたのに妊娠した人はいる?〜先輩ママの体験談〜
  9. 排卵日がずれるのを上手に対処しよう!

排卵日がずれる?

排卵というのは、女性の体で1ヶ月に1回卵子が卵巣から飛び出すことです。排卵が起きた時、女性の体は妊娠しやすくなります。排卵した卵子が子宮の中で精子と出会い結びつくと受精卵になりますが、受精卵にならなかった場合や着床しなかった場合は子宮内膜と一緒に経血として排出されます。

妊娠を希望するのであれば排卵のタイミングをしっかり予測することが大切ですね。しかし、まれに排卵のタイミングがずれてしまう場合もあります。排卵のタイミングの予測の方法や、排卵が早まる原因・遅れる原因や対策方法などを紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

(子宮口の硬さから排卵日を予測する方法については以下の記事も参考にしてみてください)

生理前の子宮口は硬い?位置が下がる原因は?状態の変化で妊娠や排卵日が予測できる!

排卵日がずれる原因は?最大どれくらい?

どうして排卵日のタイミングがずれてしまうのでしょうか?排卵には、いろいろなホルモンが関係しています。生理周期がいつも安定している人でもストレスや環境の変化が原因で1週間ほど排卵日がずれてしまうことは十分に考えられますよ。

常に生理周期が安定していない人なら、なおさら排卵日がずれてしまう可能性があります。不正出血や無排卵月経などの症状がある女性の場合は、最大2週間ほど排卵日が前後する場合もあります。

(高温期が短い人の原因と改善法については以下の記事も参考にしてみてください)

高温期が短いと妊娠しにくい!短い人の特徴・原因と改善法!体験談も!

ホルモンバランスの乱れで排卵日がずれる

生理や排卵日はホルモンバランスの働きで起きるものなので、ホルモンバランスが乱れている状態では排卵日も安定しにくいでしょう。ホルモンバランスが乱れる原因には、睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスなどが挙げられます。ホルモンバランスが原因で排卵日がずれている場合には、普段の生活の改善や見直しをすることが大切でしょう。

リエ先生

産婦人科医

月経不順の時、女性の体内では排卵日が遅れることで月経が遅れます。排卵は月経周期で13日前後で起こることが多いですが、個人差がありますし、1回1回の月経ごとに数日ずれることはよくあることです。

卵巣機能の低下で排卵日がずれる

妊娠をするためには、質のいい卵子を作りだすことも大切ですね。質がいい健康な卵子を決まった周期で排卵するためには、卵巣の健康状態も大切です。卵巣は初めて生理が来てから休みなく排卵を繰り返していますので、年をとると機能がどんどん衰えていきます。卵巣の機能は、日々のストレスや体調悪化が原因で低下してしまうこともありますよ。

排卵誘発剤の使用で排卵日がずれる

不妊治療の一環で妊娠の確率を上げるために卵子を成長させ、排卵を促すために排卵誘発剤を使うこともあります。排卵誘発剤の効き具合によって、排卵日がずれてしまうこともありますよ。

薬の効果が強ければ、排卵のタイミングが早くなることが考えられます。また、元々の排卵の間隔が通常よりも長かった場合、薬で排卵周期を正常に整えただけでも「排卵の間隔が短くなった」と感じるでしょう。

逆に排卵誘発剤の効果が弱いと、排卵の間隔が長くなることが考えられます。その場合は、排卵の周期を改善するために医師と相談をして薬の量を増やしてみてくださいね。

過度なダイエットで排卵日がずれる

ダイエットのしすぎも排卵日がずれる原因になります。食事を抜くなどの極端なダイエットをすると、体は栄養不足になりますね。栄養不足になった体は危機感を感じ生きるための機能を最優先にするため、生理や排卵などの機能を止めてしまいます。

ダイエットのしすぎで排卵日がずれた場合は、間食を控えたり適度な運動をするなど健康的なダイエットで体調を改善することが大切です。

排卵日が早まる原因・対策は?

排卵日が早まる場合の原因と対策を紹介します。排卵というのはとてもデリケートな現象です。ストレスや体調が原因で排卵日がずれてしまうことはありますが、排卵してから次の生理までの期間は14日と、ほぼ一定の期間で起こります。

排卵日から次の生理の日までの期間がみんな同じであることには、黄体が関係しています。排卵をして残った卵胞の殻は卵胞に変わって、女性の体を妊娠しやすくさせる黄体ホルモンを出します。黄体が消えた時が生理の開始日になります。黄体の寿命が14日なので、通常排卵日から14日後に生理が開始することになるのです。

この計算方法がわかっていれば、生理の開始日から、毎月の排卵日の間隔を予測することができますね。排卵日をしっかり予測してから、排卵日が早まる原因と対策を確認してみてくださいね。

(排卵日に食欲がない時の原因と対策については以下の記事も参考にしてみてください)

排卵日に食欲が増す原因と対策法!逆に食欲がないと注意が必要!?

卵胞の発育が早い体質が原因

もともとの体質で、卵胞が早く育つ人もいます。卵胞が早く育てば排卵の準備が早く整いますね。結果的に、排卵日の周期が早まるのです。生理周期が正常で排卵も毎回問題なくあるようなら問題ありませんが、生理の周期が24日未満の場合は卵胞期短縮症という症状かもしれません(※1)。

卵胞期短縮症というのは、卵子がしっかり育つ前に排卵されることです。卵子が未熟は完全に成熟した卵子よりも受精しにくいという傾向があるだけでなく、生理の回数が人よりも多いので貧血になってしまう可能性もあります。

卵胞期短縮症は年齢を重ねて卵巣の働きが低下してしまうことが原因で起きることもあります。長い期間生理の間隔が短すぎる状態が続いているなら医師に相談をしてみてもいいですね。病院に行けば、血液検査や基礎体温のグラフから、卵巣機能の低下で排卵の間隔が短くなったのか、元々の体質で排卵の間隔が短いのかなどを確認することができますよ。

ストレスや体調不良などの原因

体調不良やストレスなどによってホルモンバランスが乱れてしまうと、ホルモンバランスの乱れが原因で排卵日が早まる場合があります。普段は基礎体温が安定してるのに急に変化があったり、排卵日のずれが何か月も続くような場合は、自分の生活を見直す必要があるかもしれませんね。

ダイエットによって排卵日が早まることも考えられます。急に体重が変化することは、ホルモンバランスが乱れる原因になるからです。ダイエットをする場合は、月経が来なくなったり、逆にとても早くなるなど異常が起きていないか、しっかり確認してみてくださいね。

リエ先生

産婦人科医

女性の月経は非常にデリケートで、女性ホルモンはちょっとした環境の変化で簡単に乱れてしまいます。ダイエットや引越し等の生活環境の変化、風邪などでも月経が乱れる人もよくいます。

冷え症が原因

平均体温が36.5度より低い30代以上の女性の場合、冷えが原因で排卵の間隔が早まっている可能性があります。体が冷えていると、体の老化が進んでしまう傾向があります。卵巣まで老化してしまうことは、不妊や生理周期が短くなる原因になりますよ。

冷え性の女性は、更年期を迎えると血流の悪さからさらに冷え性が悪化してしまう可能性もあります。さらに、若いころよりも体力が落ち運動量が減ると筋肉の量が減るので、脂肪がつきやすくなりますね。そのため、一層血流を悪化させてしまうことになります。

10代や20代の頃と比べて筋肉量が減り、太ってしまっている場合、卵巣も冷えてしまっているかもしれません。排卵の周期が少し早まっている程度なら、体を温めて毎日軽い運動をすることで改善できるかもしれませんよ。

黄体機能不全が原因

黄体機能不全というのは、卵巣や脳に異常が起きることで、妊娠に役立つ黄体ホルモンの分泌量が低下する症状です。黄体ホルモンが正常に分泌されないと、排卵の周期が短くなりますね。

排卵をすると基礎体温が上がって高温期になります。この高温期が普通よりも短い場合は黄体機能不全で排卵の周期が短くなってしまっているのかもしれません。

黄体機能不全を改善したい場合、病院に行って黄体ホルモンを補充したり、卵胞を刺激して卵胞の成長を促すなどの改善法があります。自分の力で黄体機能不全を改善したい場合は、ビタミンEを積極的に摂取したり、ストレスの解消をすることをおすすめします。

排卵日が遅れる原因・対策は?

排卵日が遅れる場合は、どんな原因が考えられるのでしょうか?排卵日が遅れる原因と対策を紹介していきます。

(排卵日前後のイライラの原因と対処法については以下の記事も参考にしてみてください)

排卵日前後のイライラの原因と対処法!毎月だとPMSの可能性も?

卵胞の発育が遅いことが原因

卵胞の成長が遅れると、排卵日も遅れてしまいます。卵胞の成長を促すのは、卵胞ホルモンというホルモンの役割です。正常に卵胞ホルモンが分泌されていれば卵胞も正常に成長しますが、卵胞ホルモンの分泌が少ないと、卵胞の成長のスピードは遅くなります。

卵胞ホルモンの分泌が少なくなってしまう原因の1つにホルモンバランスの乱れがあります。通常、脳の視床下部が、卵胞刺激ホルモンというホルモンを分泌することで卵胞ホルモンが分泌されます。

視床下部はストレスの影響を受けやすい部位です。ストレスが原因で卵胞刺激ホルモンの分泌量が少なくなっている場合も、ストレスや疲労を溜めない生活を送ることが大切ですよ。

うまく排卵できていないことが原因

生理の間隔が長くなっている女性の中には、生理が来ているのに上手に排卵できない「無排卵月経」を起こしてる人もいます。女性の体は、脳の視床下部から分泌されるホルモンのはたらきによって卵胞の成長や成熟、排卵などの時期が決まっていきます。

しかし、脳の視床下部はダイエットやストレスや、疲れなどの影響を受けやすい部分です。体に負荷がかかると排卵がなくなってしまったり、無排卵月経をしてしまうことになるのです。決まった周期に排卵をすることができないので、妊娠をしたい女性には不利になってしまうでしょう。

無排卵月経をしてしまう場合、自分で排卵できるように体質を改善することが大切です。漢方やピルを使って、長期的にホルモンバランスを整えることになるでしょう。どうしても早く妊娠したい、という場合には排卵誘発剤を使用して排卵を促すこともあります。

もともと周期が遅いことが原因

生理や排卵の周期は毎月一定の周期で来ていれば、多少遅れる状態でも問題はありません。医学的にも、生理の周期が25日~38日なら問題ないといわれています。

しかし妊娠の確率を上げたい場合、生理周期が長いということは問題かもしれませんね。通常の生理の周期を28日だと考えた時、生理の周期が38日だと、高温期の14日を引いて、排卵まで24日かかっていることになります。

生理周期が28日なら14日周期で排卵ができるので、排卵の間隔が長いと普通の人よりも妊娠のチャンスが少ないということになりますね。1~2年以内に妊娠をしたいと考えているのであれば、産婦人科の医師に相談をした方がいいかもしれません。

多嚢胞性卵巣症候群が原因

多嚢胞性卵巣症候群は、若い女性の排卵障害としてよくあげられる疾患です。卵胞が育つのに時間がかかってしまい、なかなか排卵をしないことで排卵の周期が遅れるのです。(※2)

生理の周期が35日以上であることや、以前は生理が順調に来ていたのに不規則になった場合のほか、ニキビや毛深さなどが自覚症状として挙げられます。男性ホルモンが多いと、黄体ホルモンの分泌を抑えるインスリンというホルモンが分泌されます。インスリンが強く卵巣に作用していることで排卵しにくくなり、卵巣に卵胞がたくさんたまってしまうのです。

20代など、若い女性であれば多嚢胞性卵巣症候群だと気づかずに妊娠していることもあり、重症度はさまざまです。しかし、どの女性も妊娠しにくいということは共通しています。排卵そのものに問題があるので、病院で排卵誘発をしたり、インスリン抵抗性がある人にはインスリンの過剰な分泌を抑える糖尿病の薬を処方することもありますよ。

排卵日を予測してタイミングを図る方法

妊娠をしたいのであれば、排卵のタイミングを知ることが大きなポイントになるでしょう。排卵日のタイミングを予測する方法を紹介していきます。

(子作りのタイミングについては以下の記事も参考にしてみてください)

子作りのタイミングは?いつからがベスト?妊娠しやすい時期は?

基礎体温で排卵日のタイミングをはかる

基礎体温を測ることは、排卵日のタイミングを知る方法として1番知られていますね。基礎体温を測る場合、毎日続けなければいけないので少し大変です。しかし、毎日コツコツ続けることさえできれば、自分の排卵日のリズムや体調などを詳しく把握することができますよ。

生理周期が安定していれば基礎体温のグラフは、直前の生理から排卵日の周辺までの低温期と、排卵日周辺から次の生理までの高温期に分かれます。高温期と低温期の体温の差は、0.3度から0.5度ほどでしょう。

排卵日のタイミングは、グラフの変化から分かります。低温期と高温期の間に一度体温が下がるパターンと、体温が1度も下がることなくそのまま0.3度以上体温が上がるパターンです。このようにグラフ上で変化が表れてから、1~3日以内に排卵をしますよ。

排卵検査薬で排卵日のタイミングをはかる

排卵検査薬は、2016年9月に薬機法が改正されたことで、ドラッグストアでも簡単に購入できるようになりました。黄体化ホルモンは、卵胞の殻を破って排卵を促します。排卵検査薬はそれを利用して、尿の中に含まれる黄体ホルモンの量で排卵日を予測するものです。

排卵予定日の何日か前から毎日、排卵検査薬で黄体化ホルモンの量がどのくらい上昇しているのかを確認しましょう。排卵は、黄体化ホルモンの分泌量が増え始めてから36時間以内に起きるといわれていますので、数値が上昇したらパートナーとのタイミングをはかってみてくださいね。

病院でのエコー検査で排卵日のタイミングをはかる

タイミング法や排卵誘発剤、人工授精などを行っている産婦人科では、エコー検査で排卵日の予測をできる場合もあります。治療が目的でない場合は自費になってしまいますが、排卵日のタイミングと子作りをするタイミングを教えてもらうことができますよ。

生理周期を改善してずれを減らす方法!

排卵日がずれる原因の多くは病気ではなく、ホルモンバランスの乱れです。自分で改善することは十分できますよ。生理周期を自分で改善して、排卵日のずれを減らす方法を紹介します。

(生理後の妊娠しやすい時期については以下の記事も参考にしてみてください)

生理後に妊娠しやすい時期はいつ?生理周期と妊娠の関係を知りたい!

生活リズムを整える

ストレスや生活リズムの乱れが原因で生理周期が乱れてしまっている場合は、昼夜逆転の生活や夜更かしなどをやめ、正しい生活リズムを送ることが大切です。夜しっかり寝て、朝すっきり起きられるように生活リズムを整えましょう。

栄養をしっかり摂る

栄養バランスの偏りや、無理なダイエットはホルモンバランスの乱れにつながります。食生活が乱れているとホルモンバランスだけでなく体力や免疫力などにも悪影響を及ぼしますので、偏食せず栄養はしっかり摂るようにしましょう。

適度に運動をする

体を動かして汗をかいたりリフレッシュしたりすると、自律神経が整います。ホルモンバランスと自律神経は深く関わっているので、適度に運動をすることで間接的にホルモンバランスを整えることができますよ。

ストレスの少ない生活を送る

ホルモンバランスを整えるためには、体調だけではなく心を整えることも大切でしょう。人間関係や仕事などのほかに、引っ越しや転勤などの環境がストレスの素になる場合もあります。

ストレスを全く溜めないというのは難しいかもしれませんが、できる限りストレスを感じないようにリラックスして生活してみてくださいね。

ツボ押しをする

ホルモンバランスの乱れによって生理不順が起きてしまっている場合、ツボ押しをすることも効果的です。耳の穴の下の方にある内分泌というツボは、ホルモンなど内分泌系の乱れをととのえてくれます。また、神道という、ちょうど脇の高さにある背骨のツボは、ストレスでホルモンの分泌が乱れてしまった時に効果的です。

神道は背中の手の届きにくい場所にあるので、椅子の背もたれを使って押したりドライヤーで温めることをおすすめしますよ。

排卵日を早くする・遅らせる方法は?

もともとの排卵日を早くしたり遅くする方法はあるのでしょうか?以下で紹介していきますので、妊娠のタイミングをはかるために必要な場合は参考にしてみてくださいね。

中用量ピルを使う

中用量ピルを服用することで排卵日を調整する方法もあります。普通排卵のあとは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの濃度が濃くなりますね。妊娠をすればホルモンの濃度は濃いままで、妊娠をしない場合はホルモンの濃度が低くなり、また次の月に生理が来ます。

中用量ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンが入っているので、服用をすれば体の中のホルモンの濃度が高くなります。体は妊娠した状態だと勘違いをして、排卵を止めるのです。中用量ピルを飲むのやめるとホルモンの濃度が低くなり、数日で生理が始まります。

1か月から2か月ピルを飲み続ける必要があるので時間はかかりますが、毎日しっかり飲み続けることができれば、かなり簡単に排卵日を管理することができますよ。

排卵誘発剤を使う

今月の排卵日をずらしたいという場合には、排卵誘発剤が使用されます。しかし、排卵誘発剤を使うと無理に排卵日をずらすことになりますね。自然な方法ではありませんし、思わぬ副作用が起きるリスクもありますので、中用量ピルを飲んだり、次の排卵日のタイミングを待つなどの方法の方が体への影響が少ないですよ。

排卵日がずれたのに妊娠した人はいる?〜先輩ママの体験談〜

排卵日を整えることはもちろん大切ですが、中には排卵日がずれたのに妊娠したという人もいます。そういった体験談を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

先輩ママ

32歳

妊娠できず2年経ちました。産婦人科に行ったら「基礎体温を測ってみましょうか」ということだったので、鬼のように基礎体温を付けました。

排卵日が分かっても「子作りするよ」とは言いにくく、気づけば更に2年経っていました。もういいか、と思ったとたんに妊娠したんですが、測っていた排卵日とは1週間もずれてたんですよね…

先輩ママ

30代

妊活とは言っても、レスなので夫とは1度しかしていません。排卵予定日の2日くらいまでにして妊娠したのですが、妊娠周期に対して赤ちゃんが小さいみたい。

先生に「1週間くらい排卵が遅れたのかも」と言われて驚いたんですが、ネットを見てみる限り、珍しいことではないみたいですね。

排卵日が計算とずれているのに妊娠をすることは、決して珍しいことではありません。しかし、確実に妊娠の確率を上げたい場合は基礎体温をしっかり測ったり、ピルを飲むなどの対処が必要ですよ。

(高温期6日目の体験談については以下の記事も参考にしてみてください)

高温期6日目に妊娠症状や陽性反応が出ることも?体験談もあり!

排卵日がずれるのを上手に対処しよう!

排卵日が早まる原因や遅れる原因をはじめ、対処方法などを紹介してきました。ストレスなどで排卵日がずれてしまうことは珍しいことではありませんし、排卵がずれていても妊娠をする可能性はあります。しかし、排卵日を予測したり調整したりしてパートナーとタイミングを合わせることができるのであれば、そちらの方が良いですよね。

食生活の改善やストレスの改善で生理の周期を整えつつ、医師としっかり話し合い、ピルや排卵誘発剤などを使って妊活をしてみてくださいね。

関連する記事