妊娠に相性があるって本当?妊活をして直ぐ妊娠する方法や相性診断も!

【医師監修】妊娠において、相性の良し悪しがあるというのは本当なのでしょうか。妊娠に相性の良い悪いはあるのか、医師の意見を紹介していきます。そのほか後半では、妊活ですぐに妊娠する方法や、相性診断も一緒に紹介していくので、参考にしてみてください。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 妊娠には精子・卵子の相性がある?
  2. 妊娠に相性の良い悪いはある?医師の意見を紹介!
  3. 妊活ですぐに妊娠する方法7選!
  4. 妊娠の相性診断!年齢・既往歴・血液型で恋人との妊娠率をチェック!
  5. 妊娠の相性について理解しよう!

妊娠には精子・卵子の相性がある?

妊娠というのは、なかなか思った通りにいかないものです。夫婦で子供がほしいと思っていても、子宝に恵まれなかったり時間がかかったりすることは多いです。逆に、ほしいという気持ちがなかった時に子供ができるということもあります。

妊娠のしやすさやしにくさは、もしかしたら相性が関係しているのではないかという意見もあります。精子と卵子の相性のいい悪いによって、子宝に恵まれたり恵まれにくかったりするという意見も存在するのです。今回は、妊娠のしやすさに相性は関係があるのかという疑問を、医師の意見を交えて紹介していきます。

後半ではすぐに妊娠する妊活方法や、年齢に既往歴、血液型に遺伝子の観点からの妊娠の相性を紹介していきます。ぜひ妊活の際の参考にしてみてください。

妊娠に相性の良い悪いはある?医師の意見を紹介!

妊娠に相性のいい悪いは存在するのか、実際に妊娠・不妊に携わってきた医師の意見を紹介していきます。医学的な見解として、妊娠に相性のいい悪いはあるのか見ていきましょう。

妊娠に精子・卵子の相性は存在するのか

妊娠において精子と卵子の相性は存在するかという疑問については、医学的には「存在しない」という見解です。検査によって男女間の問題が見つからなかったり、排卵時期と合わせても妊娠しなかったりと、原因がわからない不妊というのは多くあります。

しかし、一個人の精子と卵子において、相性のいい悪いはないと考えられています。遺伝子の観点から見ても同じです。男女の性格や趣味などの相性のような相性は、精子と卵子との間や遺伝子の間には存在しないと言われているのです。

「抗精子抗体」を妊娠の相性と認識する人もいる

相性があるという意見が存在する原因の一つに「抗精子抗体」という不妊の原因があります(※1)。抗精子抗体とは、女性の身体の中に精子が入り込んだ時に、身体が精子を異物だと勘違いして攻撃してしまう抗体のことを指すのです。精子の働きを失わせてしまうので、卵子まで到達することができず、結果として妊娠に至らず終わってしまいます。

この抗精子抗体は、抗体であり病原菌ではありません。持っていたとしても、病気ではないのです。日常生活に影響することはありません。

また、結婚した後に正常な夫婦生活、言わば夜の営みがありながらも、2年以内に妊娠していないことを一般的に不妊と呼びます(※2)。この2年という数字は、通常夫婦の2年以内に妊娠する割合が90%であるという統計から算出されています。

検査で確認①抗精子抗体検査

抗精子抗体を持っているかどうかは、検査をすればわかります。一つ目に挙げられる検査は、抗精子抗体検査です。この検査は、おりものや子宮腔内の粘液を採取することで、抗精子抗体を持っている状態すなわち陽性かどうか判断できるのです。

カズヤ先生

産婦人科医

抗精子抗体は、一般不妊の治療の過程において、いわゆるタイミング療法(最も自然妊娠に近い形での妊娠)がうまくいかない場合、子宮頸管因子により不妊を疑う場合に検査されることが多いです。 この場合、次は人工授精にステップアップすることで、頸管因子による不妊を防ぐことが可能となります。

検査で確認②フーナーテスト


二つ目に挙げられるのは、フーナーテストです。フーナーテストは、性交後の精子の状態を調べる検査になります。子宮頸管の中の粘液を採取し、精子の運動量や数などの状態を見る検査です。(※3)

フーナーテストでは異常が見られなかったのに、抗精子抗体検査では陽性と診断されるケースも稀にあります。検査の種類は多数存在するので、婦人科などの専門医とよく相談して、適切な検査を受けることが必要だと言えます。

段階をすべてクリアしなければ妊娠には至らない

関連する記事