妊活中のお酒はいつまでOK?飲酒の影響やリスクを男性・女性別に解説

【医師監修】妊活中のお酒はいつまでOKなのでしょうか。この記事では、お酒が妊活に与える影響・リスクを【女性】【胎児】【男性】に分けて紹介します。さらに、妊活中にお酒をすすめられた場合の上手な断り方や、妊活中でもお酒を楽しむコツ・注意点・適量などについて紹介します。

専門家監修 | 産婦人科医 リエ先生
産婦人科専門医.。国立大学医学科卒業後、初期研修、後期研修を経て、現在大学病院で勤務しています。患者様の不安を少しでも取り除き、正しい知識を啓蒙できればとと思います。
産婦人科専門医.。国立大学医学科卒業後、初期研修、後期研修を経て、現在大学病院で勤務しています。患者様の不安を少しでも取り除き、正しい知識を啓蒙できればとと思います。

目次

  1. 妊活中のお酒はいつまでOK?
  2. お酒が妊活に与える影響・リスクは?
  3. 妊活中のお酒の「適量」って?
  4. 妊活中でもお酒を楽しむコツ・注意点
  5. 飲み会でのお酒の上手な断り方は?
  6. 妊活中はお酒を控えた方がいいかも…

妊活中のお酒はいつまでOK?

妊娠したらアルコールは控えるべきということはよく知られていますが、妊活中はどうなのでしょうか。妊活中の通常程度の飲酒が、妊娠後すぐに母体や胎児に影響する可能性はほとんどないとされています。そのため、妊活中に絶対にお酒を飲んではいけないとは決まってはいません。

パート

20代

妊活をはじめたとき、お酒を飲んでいいのかすごい調べたよ。できるだけ控えた方がいいってあったから、飲まないことにした。赤ちゃんが欲しかったから、お酒の我慢くらいたいしたことなかったよ。

しかし、アルコールが妊活に影響を与える可能性が考えられるため、安心して妊活するためにはお酒は飲まない方がよいとされています。お酒はいつまでOKと考えず、妊活をはじめたらアルコールは控えると考えた方がよいでしょう。

(妊活については以下の記事も参考にしてみてください)

妊活アプリおすすめ11選!無料で使える?口コミで人気なのは?

お酒が妊活に与える影響・リスクは?

妊活中の飲酒には、どんな影響やリスクがあるのでしょうか。ここではまず、男性側と女性・胎児側にわけて、飲酒による影響やリスクについてくわしく紹介していきます。

(妊娠超初期の飲酒については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠超初期の飲酒はダメ?アルコールが胎児に影響するのはいつから?

お酒が妊活に与える影響・リスク【男性】

男性の場合、飲酒の多い男性の場合、精子の運動力が低下したり精子に奇形が生じるなど悪影響が及ぶ場合もあります。飲酒によって精子の質が下がると、受精の確率も下がることが考えられるのです。(※1)

また、飲酒が適量で、直接的に妊活に影響を与えたりリスクとなったりする可能性がない場合でも、間接的に影響を与えることは考えられます。飲酒によって性的欲求が減少したり、射精や勃起に障害が起こる可能性も高まります。そうなると、排卵日にタイミングが取れず、妊娠の確率が下がってしまうリスクはあるでしょう。

お酒が妊活に与える影響・リスク【女性・胎児】

女性の場合、飲酒が不妊に関する直接的なリスクとなる可能性が高まります(※2)。まず、アルコールの過剰な摂取により肝機能が低下すると、女性ホルモンの働きが弱まり妊娠しづらくなる可能性が考えられます。妊活中なのに、妊娠の可能性が下がってしまうのは悲しいですよね。

また、アルコールを分解する時に発生する活性酸素は、大量に発生すると卵子の質の低下につながる可能性があるとも言われています。

妊娠していた場合、胎児へのアルコールの影響やリスクも気になりますよね。胎児の体の器官が形成される妊娠初期の時期にアルコールを大量摂取してしまうと、胎児に影響が出る場合もあります。妊活中に妊娠に気付かず飲酒していた程度では胎児に影響が出る可能性はほとんどありませんが、大量のアルコール摂取には十分注意が必要です。

リエ先生

産婦人科医

妊娠4週までに受けた影響(飲酒や放射線など)に関してはall or noneといい、0か100といわれています。つまり、全く影響がないか、流産となるかということです。 4週から7週は器官形成期にあたるため、奇形に関しては最も影響を受けやすくなります。

(胎児へのアルコールの影響については以下の記事も参考にしてみてください)

胎児性アルコール症候群とは?妊娠超初期の飲酒も影響する!?

妊活中のお酒の「適量」って?

妊活中の飲酒の適量は、どのくらいの量なのでしょう。適量といっても、お酒が強い人・弱い人によっても個人差はあります。そこで参考として、厚生労働省から発表されている「節度ある適度な飲酒量」である「1日純アルコールで20g程度」の量をアルコールの飲料別に紹介します(※3)。

●ビール:500ml
●ワイン:200ml(ワイングラス2杯弱)
●酎ハイ:180ml
●日本酒:180ml
●ウイスキー、ブランデー:60ml(シングル2杯分)

パート

30代

妊活中もやっぱりお酒がやめられなくて、適量を守って飲んでたよ。普段すごい飲んでたから物足りなかったけど、まったく飲めないのに比べたらストレスもたまらないし良かった。そのおかげか分からないけど、無事妊娠できて元気な赤ちゃん産めたよ。

お酒が好きでよく飲むという方にとっては少々物足りないかもしれませんが、妊活中はこの適量を目安にして飲酒を楽しむように心がけましょう。

リエ先生

産婦人科医

妊活中であれば適度にお酒を楽しむことは悪いとはいえません。日常的にお酒を嗜む人の多くは、妊娠4週~5週で妊娠が分かってからお酒をやめる人が大多数です。それでも、赤ちゃんに影響が出ることはほとんどありません。妊活中は人によってはストレスを強く受けます。気晴らしにお酒を嗜む程度は大きな問題とならないことがほとんどです。

妊活中でもお酒を楽しむコツ・注意点

妊活中でもお酒を楽しみたいという方は多いですよね。ここからは、妊活中にお酒を楽しむコツや注意点について紹介していきます。

(妊活中の食べ物については以下の記事も参考にしてみてください)

【妊婦と葉酸】摂取はいつからいつまで?妊活中・妊婦の食べ物のおすすめは?

妊活中でもお酒を楽しむコツ・注意点【飲む量に注意する】

妊活中にお酒を楽しむ場合、アルコールの量には十分気をつけましょう。適量であれば問題がなくても、多量にアルコールを摂取した場合は妊娠した時に胎児への影響やリスクがあることも考えられます。いつ妊娠しても問題ないように、飲酒する場合は適量におさめるように心がけましょう。

妊活中でもお酒を楽しむコツ・注意点【生理中が比較的安心】

妊活中にお酒を楽しみたい時は、生理期間中を選ぶと妊娠への影響の可能性が低くなります。妊娠した時に妊娠0週と言われる生理中の期間は排卵や受精が起こっていない確率が高いため、母体や胎児に影響があるリスクは少なくなります。そのため、妊活中にお酒を飲む時は、だいたい生理予定日くらいを目安にするとよいでしょう。

専業主婦

30代

妊活中、生理がくるとどうしても気分が落ち込んで辛かった。でも、妊娠してなかったしお酒でも飲むか!って思ったら、気分が上がって前向きになれたよ。生理がこなかったら飲酒しない、生理がきたら好きなお酒を飲むって決めて妊活を頑張った。

妊活中の生理日は、ちょうど妊娠していないことが分かって気分が落ち込む時でもあります。ちょうどリセットのタイミングで、お酒で気分をリフレッシュすることもできますよね。

パート

20代

どうしてもお酒がやめられなくて、妊活中は生理日付近に飲んでたよ。おかげで、妊娠しても影響はないだろうなって安心できた。禁酒するとストレスたまるし、生理痛のない私にはこの方法がベストだったかな。

ただし、生理痛がひどく体調が悪い時の飲酒は、さらに生理痛を悪化させる原因にもなりかねません。生理中も飲酒は避けた方が無難ですが、妊娠に影響なくアルコールを摂りたい方は生理予定日付近が安心といえます。

妊活中でもお酒を楽しむコツ・注意点【着床出血に注意】

妊活中にお酒を楽しむ場合、妊娠初期症状である着床出血に注意が必要です。生理予定日付近に軽い出血が起こり、人によっては数日続く場合もあるため生理と勘違いするケースも多いです。そのため、着床出血を生理と勘違いし、妊娠していなかったからと過剰に飲酒してしまうと妊娠に影響があることも考えられます。

パート

30代

妊活中、生理がきたから今回もダメだったかーってお酒を飲んだら、実は着床出血で本当に焦りました。病院で聞いたら、少しの量なら大丈夫って言われて本当に安心したよ。大量にヤケ酒してなくて本当に良かった。

妊活中は、生理予定日あたりに出血があったからといってヤケ酒をしないよう十分注意しましょう。生理か見分けるためにも、基礎体温もしっかり確認することをおすすめします。

妊活中でもお酒を楽しむコツ・注意点【ノンアルコール飲料を楽しむ】

サービス業

30代

妊活中は毎日ノンアルコール飲料にお世話になったよ。今って、ノンアルコールの種類も多いし、味も本格的ですごい満足できた!お酒大好きだけど、妊活中から妊娠中、出産、授乳が終わるまでずーっとノンアルコールで我慢できた。

妊活中にお酒を楽しむときは、ノンアルコール飲料にするのもおすすめです。最近は、ノンアルコール飲料の種類も豊富で飲み心地も本格的なものが増えています。そのため、お酒が好きな人でもノンアルコールで満足できたという声も多いです。

専業主婦

20代

妊活中、特に排卵日はノンアルコールを飲んでたよ。排卵日は旦那もノンアルコールにしてもらって、万全の態勢で妊活に臨めるようにした。そのおかげか、結構早い段階で妊娠できたよ。排卵日にタイミングとるのってやっぱり大切!

妊活中、特に排卵日付近は旦那さんにもノンアルコール飲料をすすめて協力してもらうとよいでしょう。

飲み会でのお酒の上手な断り方は?

妊活中も飲み会に出席しなければならない機会はありますよね。妊活中と知られたくない場合は、お酒を断る理由に困ることもあるでしょう。そのような時の上手な断り方について紹介します。

飲み会でのお酒の上手な断り方【車で来ているから】

営業

30代

お酒が大好きだから、妊活中の飲み会は本当大変だった。だから、妊活中の飲み会はすべて車で出かけるようにしたよ。お酒を飲みたくなっても、誰かにすすめられても、絶対に飲めないから安心だったよ。

うまく断れないときは、飲み会に車で飲み会に出かけるのがおすすめです。車で来ているといえば、無理にお酒をすすめられることもありませんよ。

飲み会でのお酒の上手な断り方【薬を服用しているから】

サービス業

20代

妊活中に薬は飲んでいなかったんだけど、お酒を断りにくい時は薬服用してるからーって断ってた。薬っていうと、しつこい上司でもそれ以上お酒を絶対にすすめてこないから楽だったな。

お酒を上手に断るには、薬の服用を理由にするとよいでしょう。薬を飲んでいる時は、アルコールは飲めませんよね。健康上の理由であれば、飲み会の席でもしつこくお酒をすすめられることはないでしょう。

飲み会でのお酒の上手な断り方【朝が早いから】

パート

40代

2人目の妊活中の時の飲み会は、全部朝早いって理由で早めに退席してた。お酒もすすめられたら朝早いからって逃げてたよ。とくに排卵日付近の飲み会は早く帰りたかったしね。子供いるから、お弁当作りあるしーとか言い訳できた。

次の日の朝が早いという理由も、お酒を断るのには有効です。早めに飲み会から退席したい場合にも使いやすい理由です。

妊活中はお酒を控えた方がいいかも…

妊活中でも、やはりアルコールにはある程度の影響やリスクがあることが考えられます。お酒が好きで飲まないことがストレスになるという方以外は、妊活中もなるべく飲酒は避けた方がよいでしょう。妊娠すると、妊娠期間から授乳期間とお酒を飲めない期間はまだまだ続きます。妊活中の時期から、お酒のない生活に慣れることも大切ですよ。

関連する記事