妊婦の着物はいつまでOK?妊娠中に着付けをする際の注意点やレンタルについても解説!

妊婦さんでも意外に着物を着る機会はあるものです。妊婦さんは妊娠中いつからいつまで着物を着ていいのか、 妊娠中に妊婦さんが着物を着た場面とともに紹介します。また、妊娠中に着物を選ぶ時のポイントや、妊娠中に着物を着付ける際の注意点も解説していきます。

目次

  1. 妊婦さんは、いつまで着物を着られるの?
  2. 妊娠中どんな時に着物を着た?
  3. 妊娠中に着物を選ぶ時の4つのポイント
  4. 妊娠中に着物を着付ける際の注意点
  5. 妊婦さんの着物はレンタルもできる?
  6. 妊娠中の着物は体調に気を付けて

妊婦さんは、いつまで着物を着られるの?

妊娠中にも着物を着る機会はありますよね。妊婦さんはいつまで着物を着ることができるのか迷う人も多いでしょう。妊婦さんがいつまで着物を着られるかについては、時期よりも本人の体調が重要です。

妊婦さんは体調を崩しやすいので、体調が悪ければ、時期に関係なく着物は避けたほうがいいでしょう。お腹が目立ち始める5ヶ月くらいまでは着物を着る妊婦さんも多いですが、臨月でも着物を着用する妊婦さんはいます。自分の体調に合わせ、無理のない範囲で着用しましょう。

妊娠中どんな時に着物を着た?

妊婦さんが着物を着るときには、どのような場面があるのでしょうか。場面ごとの体験談とともに紹介します。

妊婦さんが着物を着る機会【結婚式】

女性

30代前半

妹の結婚式は、妊娠中でしたが着物を着ました。妹の結婚式には着物で出席したいとずっと思っていたので、体調もよく、着ることができてよかったです。周囲に事情をわかってくれている家族がいてくれたので、安心できました。

会社員

20代後半

親族の結婚式はやはり着物がいいと思い着物にしました。妊娠4ヶ月の時期でつわりもおさまっており、お腹も出ていない時期なので、特に困ることもありませんでした。着方も普段と一緒で大丈夫でしたよ。

パート

30代前半

結婚式に着物を着ていきました。結婚式なのでそんなに動くこともなく、基本的に座っているだけなので問題ありませんでした。ただ、ホテルの人に着付けをお願いしたのですが、事前に妊娠していることは伝えておきましたよ。

親族の結婚式で着物を着る妊婦さんは多いですね。結婚式はあまり動き回ることもなく、妊娠中でも着物を着るハードルは低いようです。着付けを人に頼むときには、あらかじめ妊娠していると伝えておくことが重要ですね。

(臨月で結婚式に呼ばれた際には以下の記事も参考にしてみてください)

臨月に結婚式・二次会にお呼ばれしたら?服装はドレスで出席?欠席する時の断り方も!

妊婦さんが着物を着る機会【七五三】

主婦

20代後半

子供の七五三の時期に妊娠していたのですが、着物を着ました。本当はお参りをしてから食事会を行う予定だったのですが、妊娠中ということであまり負担がないようにと食事会はまたの機会になりました。

事務員

40代

子供の七五三は、妊娠中でしたが着物を着ました。もともと近くにお参りに行くだけで、あまり長く出かける予定がなかったので、そこまで負担にも感じませんでした。体調がよかったというのもあると思います。

30代

会社員

子供の七五三はお腹が大きくなっていたので洋服で行きました。気慣れていないものを着て長時間でかけるのが怖かったのも理由です。ただ、前撮りの時だけ着物を着ました。写真だけでも着物姿が残ってよかったです。

妊娠時期と七五三の時期が被ることは多いです。七五三の場合は、お参りのみであったり親族での食事があったりと、家庭によってどのくらい時間がかかるのか変わってきます。時間と体調を考慮しましょう。前撮りだけ着物というのもいいですね。

(七五三の服装については以下の記事も参考にしてみてください)

七五三の親の服装は?スーツはOK?家族で映えるおすすめコーデ25選!

妊婦さんが着物を着る機会【葬式】

主婦

40代

身内のお葬式には着物を着ました。体調も問題がなかったのですが、帯を巻いていることで洋服よりも安定感があり腰の痛みがなかったので、むしろよかったです。身内の葬儀ということで多少は働いたのですが、動きやすかったです。

接客業

30代前半

妊娠中の葬儀ということで迷いましたが着物にしました。私は着物を着慣れていることもあって苦しい感じはありませんでしたよ。むしろ洋服よりも冷えにくく、妊娠中も着物は良いのではないかと思いました。

在宅ワーカー

30代

身内の葬式でも、妊娠中であれば着物は着る必要はないと言われましたが、個人的に気になり着物にしました。ただ、普段来ているサイズが合う時期だったので着ることができました。お腹が大きくなってからは、着物は難しいと思います。

身内の葬儀は、着物にしたいと感じるようです。ただ、お腹の大きさによっては着物のサイズが難しい場合もありますね。自分の立場や体調を考えながら、着るものを決めましょう。妊娠中は服装のマナーきっちり守る必要はありません。体調にあわせてできる範囲の対応で問題ありませんよ。

(マタニティ用の喪服については以下の記事も参考にしてみてください)

マタニティ用の喪服の選び方は?小物や季節別の着こなし、レンタルサービスも紹介!

妊婦さんが着物を着る機会【成人式】

看護師

20代後半

妊娠中に振袖ってどうなんだろうと思いましたが、着付けしてくれる人に相談して、一生に一度の成人式ということで振袖を着ました。妊娠5ヶ月で、お腹もあまり目立っていなかったので、友達にも言うまで気づかれませんでした。

主婦

20代前半

妊娠がわかったのが成人式用の振袖をレンタルしたずいぶん後でした。早めに振袖を決めてせっかくレンタルしたのに、キャンセルももったいないので振袖を着ましたよ。ただ、祖母から言われて、着付けを専門にしている人に着付けしてもらいました。

女性

30代

既婚でしたが振袖でも問題ないと言われ、妊娠中でも成人式に振袖を着ましたよ。それまでに振袖を着る機会がなく、成人式が唯一振袖を着ることのできる場だと思ったので迷わず着ました。そのかわり式が終わり次第すぐ帰りました。

振袖は未婚の女性が着るものとされていますが、成人式の場合は振袖を着る妊婦さんもいます。既婚で振袖はマナー違反と感じる人もいますが、成人式に関しては例外として扱われる場合も多いですよ。留袖でもかわいいものはたくさんあるので、他人の目が気になるようであれば留袖もおすすめです。

(振袖とヘアスタイルに関しては以下の記事も参考にしてみてください)

【2019最新】振袖に合うヘアスタイル20選*ジャンル別に紹介

妊娠中に着物を選ぶ時の4つのポイント

妊娠中に着物を選ぶときの選び方について、4つのポイントをご紹介します。

妊婦さんが着物を選ぶポイント①着物の生地

妊娠中に着る着物は柔らかく、洗える生地を選びましょう。ポリエステルなどの生地がおすすめです。妊娠中、特に体型的に着物を着やすい妊娠初期はつわりの時期でもありますよね。その場合、着物が汚れてしまうことがあります。汚してしまったときのために、手入れしやすい、洗いやすいものを選びましょう。

妊婦さんが着物を選ぶポイント②帯の種類

妊婦さんの着物の帯は、軽くて柔らかいものを選びましょう。帯は締め付ける範囲が広く、硬い帯は苦しくなってしまうことがあります。軽くて柔らかい帯は、体への負担を少なくしてくれますよ。

妊婦さんが着物を選ぶポイント③腰ひも・伊達締めの素材

腰ひもや伊達締めは、伸縮性のある素材のものを使いましょう。腰ひもや伊達締めは、着物の着崩れを防止したり、着物を着る際に仮止めとして使用するものです。役割上しっかりと締めることが大切なので、どうしてもきつくなりやすいのです。ゴム製の物やベルト型のものを選びましょう。

妊婦さんが着物を選ぶポイント④足袋の素材

足袋は、柔らかいものを選ぶといいですよ。硬い足袋は足元を締め付け、血行を悪くする原因にもなります。お腹が大きいと、足袋を履くのも苦労してしまいます。そんな時に、柔らかい足袋だと履きやすく過ごしやすいですよ。

妊娠中に着物を着付ける際の注意点

妊婦さんも着物を着ることができますが、注意しておきたい点がいくつかあります。紹介するので、参考にしてみてください。

妊婦さんの着付け注意点【帯の位置は高く】

パート

30代

妊娠中の着物ってお腹が大きくなったら帯が巻けないし、いつまで着られるんだろうって思ってました。でも、帯の位置はかなり上のほうにしていいみたいです。そのほうがお腹の締め付けもないし安心ですよ。

妊娠中は帯の位置を通常よりも高めにしましょう。下腹を締め過ぎないように、胸のすぐ下あたりに帯を巻いてみてください。お腹が大きい状態であれば、わきのすぐ下あたりにしましょう。

妊婦さんの着付け注意点【補正は少なめ】

専門職

40代

着物を着るときって寸胴な体型に近づけるために補正をするけど、妊娠中って補正できないよなぁって思ってた。知り合いに相談したら、妊娠中は寸胴にする必要はないから、背中にしわが寄らない程度に補正できればいいらしいよ。

妊娠中の着付けは、補正を少なめにしましょう。通常着物を着るときには、体型によってタオルなどをつめて補正を行いますよね。妊娠中は控えめにすると締めすぎの防止になります。補正をするのであれば、背中側のみにしておきましょう。

妊婦さんの着付け注意点【プロに頼む】

OL

20代後半

妊娠中は、着付けに慣れている人に着付けを頼んだほうがいいですよ。締め付けに注意しながら着付けをしてくれました。体に負担が少ないだけではなく、着崩れしにくいという点でもおすすめです。

妊娠中に着物を着るのであれば、普段から着慣れている着付け師に頼みましょう。事前に妊娠していることを伝えることが大切です。状態に合わせて着付けをしてくれるので安心できますよ。

妊婦さんの着付け注意点【体調優先】

公務員

30代前半

私は最初着物を着る予定の用事があったのですが、妊娠が発覚し、つわりがひどかったのでやめました。着物のほうがマナー的にはいいのかもしれないけど、何かあったら周りの人にも迷惑をかけてしまうので、やめてよかったです。

正式な場では着物を着るのがマナーという状況もあるかもしれませんが、体調を優先しましょう。妊婦さんは服装のマナーにこだわる必要はあまりありません。当日の体調次第では服装を変更できるようにしておくといいでしょう。

妊婦さんの着物はレンタルもできる?

普段着物を着る機会が少ない場合は、レンタルの着物が手軽ですよね。妊婦さんも着物はレンタルできます。ただし、つわりや体調不良がある場合は、汚す可能性を考慮してマタニティ時の着物をレンタルしましょう。木綿やポリエステルの素材などは比較的安価なのでおすすめですよ。

ただ、マタニティ用のレンタル着物はあまりありません。マタニティ用のフォーマル衣装レンタルはほとんどが洋服です。それでも、着物は洋服よりもサイズに融通が利くので、マタニティ用ではなく普通の着物を選んでも着ることが可能です。

妊娠中の着物は体調に気を付けて

妊婦さんも、体調や当日の状況を考慮すれば着物を着ることができます。その日の体調があまりよくないようであれば無理はしないようにしましょう。妊婦さんは体調に合わせて服装を選ぶことが大切ですよ。

関連する記事