手作りベビーサークルの作り方!DIYアイデア11選も!100均や身近な材料で超簡単!

赤ちゃんが動くようになるとベビーサークルが必要ですよね。ここでは〈100均〉〈身近にあるもの〉〈ホームセンター〉など材料別に手作りベビーサークルの作り方を解説し、みんなのDIYアイデアも紹介していきます。安く手作りしてベビーサークルをうまく活用しましょう。

目次

  1. ベビーサークルとは?役割や必要な時期は?
  2. ベビーサークルの手作りが人気の理由は?
  3. 《100均材料》を使った手作りベビーサークルの作り方!
  4. 《身近な材料》を使った手作りベビーサークルの作り方!
  5. 《ホームセンターの材料》を使った手作りベビーサークルの作り方!
  6. みんなのベビーサークルのDIYアイデア11選!
  7. ベビーサークルを手作りしよう!

ベビーサークルとは?役割や必要な時期は?

ベビーサークルとは赤ちゃんが部屋のあちこちに移動しないよう、柵を使って赤ちゃんのいる移動できる場所を固定するものです。赤ちゃんはハイハイができるようになると部屋の中にあるさまざまなものに興味を持ち、口に入れたり触ったりして危険がいっぱいです。つたい歩きやよちよち歩きができるようになるとさらに危険も増すでしょう。

家の中にいても少し目を離した隙に赤ちゃんは移動してしまいます。しかしベビーサークルを使えば、日常にあるさまざまな危険から赤ちゃんを守る役割を果たしてくれます。ここではベビーサークルの役割と必要な時期をみていきましょう。

引き出しやコンセントから守る役割

赤ちゃんにとって部屋にあるコンセントや開けたり閉めたりできる引き出しは遊び道具となります。コンセントは穴に指を入れたり、挿してあるプラグを抜いたりしていて赤ちゃんに電気が走ると危険です。また引き出しは開けたり閉めたりしているうちに指を挟んだり、引き出しの中のものを出して遊んでしまいます。

引き出しの中に小さなものが入っていると口の中に入れて飲みこんだりする危険性もあります。ベビーサークルを使えば、コンセントや引き出しに近づけないようにする役割を果たしてくれるので便利です。

階段から転落するのを防ぐ役割

家に階段がある場合は、赤ちゃんが階段に登って転落したり、2階から1階に転落する危険があります。つかまり立ちができるようになると階段にも興味を持って、隙あれば階段を登っていくので目を離せなくなります。家事をしている間は常に赤ちゃんを監視できないので、ベビーサークルを使って階段からの転落を防いであげましょう。

ベランダに移動させないようにする役割

ベランダも赤ちゃんにとっては転落の恐れがあり危険です。窓を閉めているなら開けることができませんが、夏場は網戸にしておくと赤ちゃんが自分で開けてベランダに出ていく可能性があります。ベビーサークルを使えば、家の中の危険な場所に移動させない役割を果たしてくれるので便利です。

脱衣所やお風呂に行かないようにする役割

脱衣所やお風呂も赤ちゃんにとっては危険がいっぱいです。お風呂に水を張ったままにしておくと赤ちゃんが誤ってお風呂に転落したら溺れてしまう危険があります。またドラム式の洗濯機であれば、中に入って扉が閉まり窒息してしまう事故も実際に起こっているので危険です。

目が離せないときはベビーサークルの中に入れて、危険な場所に移動しないようにしてあげましょう。

危険の多いキッチンへ行かないようにする役割

お風呂やベランダも危険ですが、キッチンも赤ちゃんにとっては危険がいっぱいです。つかまり立ちできるようになると包丁やガスコンロにも手が届いてイタズラする危険があるので注意しましょう。またキッチンには戸棚がたくさんあるので、赤ちゃんにとっては遊び道具となり楽しいものがいっぱいです。

引き出しロックをしていてもママの行動を見て開け方をマスターする赤ちゃんもいるので、ベビーサークルを設置してキッチンへ行かないようにすることが必要です。

赤ちゃんがイタズラするのを防ぐ役割

赤ちゃんは好奇心旺盛で何にでも興味津々です。そのため手の届くところに置き忘れたものは何でも触ってイタズラしてしまいます。コップに入った飲み物を倒したり、ティッシュを全て出したり、ペンで落書きしたりとママが少し目を離した隙に赤ちゃんは何でもイタズラするでしょう。

ベビーサークルを使えば赤ちゃんのイタズラを防ぐ役割も担ってくれるので便利です。

おもちゃが散らかるのも防ぐ役割

ベビーサークルは赤ちゃんのおもちゃが部屋に散らかるのを防ぐ役割も果たしてくれます。部屋が広いとおもちゃがあちこちに散らばって片付けが大変です。赤ちゃんは片付けてもまたすぐにおもちゃを散らかします。そのためベビーサークルの中でおもちゃを遊ぶようにして少しの時間の片付けで済むようにすれば、ママの負担も減らすことができるでしょう。

ベビーサークルが必要な時期とは

ベビーサークルが必要となる時期は、赤ちゃんがハイハイを始める生後7~8ヶ月くらいからがよいでしょう。赤ちゃんによってハイハイを始める時期が異なりますが、目を離したら自由にどこでも動くようになったらベビーサークルを考える必要があります。

市販のベビーサークルも対象年齢が5~6ヶ月から使えるものが多く、2~3歳まで使用可能な商品がほとんどです。知恵がついてくるとベビーサークルを乗り越えて脱走するので、ママの言ってることを理解できる1歳半頃には使わなくなることが多いでしょう。

(ベビーサークルについては以下の記事も参考にしてみてください)

ベビーサークルの上手な選び方は?安全・安心ママ達おすすめ13選!

ベビーサークルの手作りが人気の理由は?

最近では市販のベビーサークルを購入するよりもDIYで手作りするのが人気となっています。手作りなら自由にアレンジが効くので、部屋にぴったり合うデザインにしたり、オリジナルなベビーサークルができます。ここではベビーサークルの手作りが人気の理由を見ていきましょう。

安く抑えられる

ベビーサークルを手作りすれば市販のものよりも安価に作ることが可能です。市販のベビーサークルは5千円以上のものがほとんどなので、ずっと使うわけではないベビーサークルを高値で買うには躊躇してしまいます。

しかし手作りのベビーサークルは材料も100均のアイテムを使って作ることができます。ホームセンターの材料で作ったとしても市販の値段よりも安く抑えることが可能です。100均やホームセンターの材料を使ったからといって、品質が落ちるわけではないので同じベビーサークルなら安い値段のほうが家計にもやさしいですね。

好みのデザインにできる

手作りなら自分好みのデザインにDIYできるのが魅力です。市販のベビーサークルは色や形が似ているものが多く、オリジナリティに欠けます。デザインを気にしない方もいますが、中には部屋のインテリアなど色やデザインにこだわっている方もいます。

気に入ったデザインが市販に売っているものの中にない場合は、自分で手作りして部屋のインテリアにぴったりのデザインをDIYしましょう。

部屋に合わせたサイズを作ることができる

手作りだと自宅の部屋の空きスペースに合わせたサイズを作れて、赤ちゃんが窮屈そうならサイズアップも簡単にDIYできるのが魅力です。市販のベビーサークルは大きさが決まっているので、部屋が狭いと置けなかったり、大きさが足りなかったりします。またベビーサークルのサイズが小さいと赤ちゃんが思うように動く場所が確保できずに泣いてしまう子もいるでしょう。

しかし手作りだと赤ちゃんが快適に過ごせるように自由にサイズを調整できるので、手作りサークルが人気となっています。

使わなくなった後の収納も簡単

手作りのベビーサークルだと使用する材料によっては、使わなくなったあとは燃えるゴミに出して処分できたり、小さく解体して場所をとらずに収納することが可能です。しかし市販のベビーサークルはとても大きいため、組立式とはいえ、使い終わった後の収納が大変で場所をとります。

収納スペースが確保できない場合は、使い終わった後に処分できる材料で手作りするのがおすすめです。

使いまわしが可能

手作りベビーサークルなら使わなくなった後も他のことに再利用ができます。犬や猫を飼っているならペット用に使いまわしが可能です。ベビーサークルは使う時期が限られているからこそ、使いまわして無駄なく再利用できる手作りが人気です。

《100均材料》を使った手作りベビーサークルの作り方!

100均の材料を使ってリーズナブルにベビーサークルを手作りすることもできます。ここでは100均のどんな材料があればベビーサークルを手作りできるのか紹介していきます。

すのこを使った手作りベビーサークル

【材料】すのこ、結束バンド

【作り方】
①すのこを縦にして、すのこ同士を結束バンドで繋げていく
※結束バンドだけではぐらつくようなら、木工用ボンドを使って固定しましょう
②好きな大きさに調整して繋げれば完成

すのこを使った手作りベビーサークルは、DIY初心者でも簡単にできるのでおすすめです。大きさや形によってすのこを購入する枚数も変わってくますが、100均の材料なので値段もかかりません。すのこはそのまま使ってもよいですが、部屋の雰囲気に合わせたカラーにペイントしたりとアイデア次第でおしゃれなベビーサークルを作ることができます。

(すのこを使ったDIYについては以下の記事も参考にしてみてください)

《すのこDIY》簡単アイデア&作り方50選!収納棚〜インテリアなど用途別に

クラフトラックを使った手作りベビーサークル

【材料】クラフトラック、ジョイントパーツT型・L型、ワイヤーネット、結束バンド

【作り方】
①クラフトラックとジョイントパーツT型・L型をそれぞれはめ込んで柵の枠組みを作る
②クラフトラックとワイヤーネットを結束バンドを使って繋ぎ合わせて壁を作れば完成

yu_ka_kishimaさんの投稿
25017134 313870315767873 2033502684912287744 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

セリアのクラフトラックは長さが30.5cmと39cmの2種類があり、2本入って100円とお得です。ダンボールの素材でできていますが、厚みもしっかりあって丈夫なのも魅力です。また工具がなくても簡単につなぎ合わせることができるので、DIY初心者でも簡単に手作りできます。

セリアにはクラフトラックと組み合わせて使える棚板もあるので、ワイヤーネットの代わりに壁として使うことも可能です。ベビーサークルの大きさによっても材料費が変わってきますが、だいたい3000円程度で収まるので材料費も節約できます。

(ワイヤーネットについては以下の記事も参考にしてみてください)

100均ワイヤーネット便利すぎ!収納・簡単DIYなど活用術35選

《身近な材料》を使った手作りベビーサークルの作り方!

100均でなくても家にある身近な材料でもベビーサークルは手作りできます。ここでは身近な材料を使った手作りベビーサークルを紹介していきます。

牛乳パックを使った手作りベビーサークル

【材料】牛乳パック、新聞紙またはチラシ、ガムテープ

【作り方】
①牛乳パックの中を綺麗に洗って乾燥させる
②牛乳パックの中に新聞紙またはチラシを詰めて潰れないよう強度を増す
③牛乳パックを縦にしてガムテープで繋ぎ合わせていけば完成

高さや幅などは好きな大きさに調整していきましょう。牛乳パックの柄がむき出しでデザインが気になる方は、牛乳パックの表面に布やリメイクシートなどを貼ってDIYするとおしゃれなベビーサークルに仕上がります。牛乳パックなら材料費もかからずに手作りできるのでおすすめです。使わなくなった後の処分もゴミに出すだけと楽ですね。

(牛乳パックを使ったDIYについては以下の記事も参考にしてみてください)

牛乳パックで簡単踏み台作り*基本の作り方〜二段verまで!子供も喜ぶアイデア多数!

ダンボールを使った手作りベビーサークル

【材料】ダンボール、おもりになるもの

【作り方】
①空のダンボールの中に本や中身の入ったペットボトルなどおもりになるものを入れる
②ダンボールを並べて囲いを作れば完成

ダンボールを使った手作りベビーサークルは、簡単で時間もかからず作ることができます。ダンボールもお店に行けば無料で手に入るので、材料費もかかりません。牛乳パック同様におしゃれに仕上げたいなら、ダンボールを布やリメイクシートを使ってアレンジしてみましょう。

(ダンボールを使ったDIYについては以下の記事も参考にしてみてください)

牛乳パック&ダンボールで本棚を簡単DIY!作り方【動画】や作品集も!

ベビーベッドを使った手作りベビーサークル

【材料】ベビーベッド、ドライバー、結束バンド

【作り方】
①ベビーベッドを分解する
②ベビーベッドの枠を結束バンドで固定すれば完成
※ベビーベッドの床板が取り外せるタイプなら、外してそのままベビーサークルに利用可

ベビーベッドも値段の割には活躍する期間も短くもったいないですよね。しかしベビーベッドもベビーサークルとして利用できるので賢く使いまわししてみましょう。床板を外すだけで簡単に柵になるタイプもあり、DIYする必要もなく便利です。またベビーベッドなら高さもあって安心です。

(ベビーベッドについては以下の記事も参考にしてみてください)

IKEAベビーベッド全5種*特徴や評判など徹底紹介!配置した実例画像も!

布団、毛布を使った手作りベビーサークル

【材料】布団や毛布

【作り方】
①布団や毛布を丸めてサークルの形につなぎ合わせれば完成

布団や毛布を使っても簡単に簡易的なベビーサークルを作ることができます。布団や毛布の他にも背もたれのとれるソファや大き目のクッションを繋ぎ合わせてもベビーサークルとして活用できます。他の手作りベビーサークルと違って強度はあまりないですが、ハイハイを始めた時期にはこの簡易的なベビーサークルでも問題ありません。

《ホームセンターの材料》を使った手作りベビーサークルの作り方!

本格的な素材でベビーサークルを作りたいならホームセンターの材料を使うのがおすすめです。ここではホームセンターの材料を使った手作りベビーサークルを紹介していきます。

イレクターパイプを使った手作りベビーサークル

【材料】イレクターパイプ、ジョイント、ワイヤーラック、結束バンド

【作り方】
①イレクターパイプと専用のジョイントで作りたい形に組み合わせる
②イレクターパイプにワイヤーラックを結束バンドで繋げて壁を作れば完成

100均のクラフトラックを使ったベビーサークルの作り方と同じですが、イレクターパイプは中は鉄パイプで外はプラスチックと100均のものと比べても強度があります。強度が欲しい方はホームセンターのイレクターパイプを使って手作りするのがよいでしょう。またイレクターパイプの他にも、ホームセンターにある塩ビパオプを使って手作りするのもおすすめです。

木材を使った手作りベビーサークル

【材料】木材、ネジ、ドライバー

【作り方】
①木材を好きな大きさの形に組み立ててネジを使って固定すれば完成

すのこと違って木材を使ったベビーサークルは難易度も高くなるので、DIY上級者におすすめです。木材の角は赤ちゃんが怪我をする恐れがあるので、やすりで丸く削ったりカバーをして使いましょう。

みんなのベビーサークルのDIYアイデア11選!

100均、身近なもの、ホームセンターの材料を使った手作りベビーサークルを紹介しましたが、ベビーサークルを手作りしている先輩ママたちはどのようなものを作っているのでしょうか。ここではみんながDIYしたベビーサークルのアイデアを11選紹介していきます。

DIYアイデア①:すのこを使った開け閉め可能な手作りベビーサークル

tonys_baby_diaryさんの投稿
28429329 154404828558021 3399996888626233344 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

すのこと結束バンドを使った手作りベビーサークルは紹介しましたが、こちらは蝶つがいを使ってベビーサークルを開け閉めできるようにアレンジしたものです。初心者には少し作り方も難しくなってきますが、DIY上級者の方は真似して作ってみましょう。

DIYアイデア②:クラフトラックを使った手作りベビーサークル

こちらは160cm×120cmと大きいサイズのベビーサークルですが、100均のクラフトラックなら材料費も安く手作りできるので嬉しいですね。ベビーサークルの下にはジョイントマットなどを敷いて、赤ちゃんが快適に過ごせる空間を作ってあげましょう。

DIYアイデア③:イレクターパイプを使った手作りベビーサークル

tamanegi0321さんの投稿
13767590 653304194834703 971690769 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ホームセンターのイレクターパイプを使ったベビーサークルです。100均のクラフトラックを使ったベビーサークルと同じ様に、市販のものよりも大きいサイズを作ることが可能です。ベビーサークルの中に入ると自由に動けなくて泣いてしまう赤ちゃんもいますが、これだけ大きいと赤ちゃんも自由がきいて満足してくれますね。

DIYアイデア④:塩ビパイプを使った手作りベビーサークル

塩ビパイプとネットを使った手作りベビーサークルです。壁の部分はワイヤーラックでもよいですが、柔らかいネットを使って作るのも安全でおすすめです。

DIYアイデア⑤:ダンボールを使った手作りベビーサークル

ダンボールを使った手作りで箱の状態にして使う作り方を紹介しましたが、こちらのようにダンボールを折り畳んだ状態で使う作り方もあります。つかまり立ちを始めると折り畳んだダンボールでは強度が弱いため、複数枚重ねるなど強度がでるように工夫が必要です。

DIYアイデア⑥:ベビーベッドを使った手作りベビーサークル

ベビーベッドを解体して囲いを作った手作りベビーサークルです。ベビーベットは使い終わった後の収納にも場所をとって困るので、ベビーサークルとして活用して長く使えば収納にも困らないのでおすすめです。

DIYアイデア⑦:木材を使った手作りベビーサークル

uj.jpさんの投稿
16122564 566009040236181 2303260853400502272 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

木材とワイラーラックを使った手作りベビーサークルです。木材なら強度もあるので、赤ちゃんの力では壊れることもなく安心です。ベビーサークルとして活用した後は、ペット用のサークルとしても強度があるので再利用できます。

DIYアイデア⑧:毛布を使った手作りベビーサークル

yuiii_soraさんの投稿
17438851 253586958436708 4041684428785713152 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

毛布や布団などを使ってベビーサークルを作ることもできます。布団や毛布のつなぎ目から脱走するのを防ぐためにも、つなぎ目にはさらに毛布や布を被せてサークルの形が崩れないように固定しておきましょう。活発に動くようになったら脱出してしまいますが、ハイハイの時期には簡易的に毛布や布団を使ってベビーサークルを手作りするのもおすすめです。

DIYアイデア⑨:ワイヤーラックを使った手作りベビーサークル

ワイヤーラックを使った小さいベビーサークルです。大きさも小さく赤ちゃんも自由がきかないサイズなので、トイレに行くときなど短い時間ベビーサークルに入れておくときに利用するのがよいでしょう。

DIYアイデア⑩:ソファを使った手作りベビーサークル

ソファの背もたれが外れるタイプなら、ソファを使ってもベビーサークルを作ることができます。赤ちゃんのよだれがソファにつくのを防ぐためにも、布などを使ってカバーをするのがおすすめです。

DIYアイデア⑪:ビニールプールを使ったベビーサークル

necocco_nyaさんの投稿
54511475 347894585843088 2719513301029036252 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

お子さんがいる家庭ならビニールプールを持っている方が多くいます。ビニールプールを使えばDIYする必要なく、ベビーサークルとして活用できます。アイデア次第で家にあるものを使えば、ベビーサークルとして代用できるのでお金もかからなくて経済的ですね。

ベビーサークルを手作りしよう!

ベビーサークルの役割や手作りベビーサークルの作り方、DIYアイデアを紹介しましたがいかがでしたか。市販で購入すると高くつきますが、手作りなら材料費も安く自分の好きなようにアレンジできるので手作りするのがおすすめです。赤ちゃんを危険から守るためやママの休憩時間を作るためにもベビーサークルを活用していきましょう。

関連する記事