妊娠線予防オイルの人気ランキングTOP11!保湿効果はクリームとどっちが高い?

妊娠線予防オイルの選び方や、妊娠線予防クリームとオイルの違い、妊娠線予防オイルの人気ランキングTOP11を紹介します。さらに、妊娠線予防オイルを使い始めるタイミングや、部位別の効果的な塗り方も紹介しますので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 妊娠線を予防したい!
  2. 妊娠線予防オイルの選び方は?
  3. 妊娠線予防はオイルとクリームどっちがいい?
  4. 妊娠線予防オイル人気ランキングTOP11!
  5. 妊娠線オイル・クリームのケアはいつから始めるべき?
  6. 妊娠線予防オイルの効果的な塗り方を部位別に紹介
  7. オイルで妊娠線を予防しよう!

妊娠線を予防したい!

妊娠すると、気になるのが妊娠線ですよね。妊娠線とは、妊娠によってお腹が大きくなることで皮膚が一気に伸び、肌にひび割れのような線が出きてしまうことです(※1)。妊娠線は1度できてしまうと消すのが難しいため、できる前に予防したいと考える妊婦さんも多いでしょう。

妊娠線ができないようにするためには、早い時期からの保湿やケアで皮膚を柔らかく伸びやすい状態にしておくことが大切です。保湿やケアには、妊娠線予防オイルを使うのがおすすめです。(※1)

(妊婦さんの肌トラブルについては以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期にニキビができやすい原因は?肌荒れ予防・スキンケアのコツも紹介!

妊娠線予防オイルの選び方は?

妊娠線予防オイルには、さまざまな種類があります。妊娠線予防のためにいざオイルを使うとなると、どれを購入していいか迷う妊婦さんも多いでしょう。まずは、妊娠線予防オイルの選び方についてくわしく解説していきます。

(妊婦さん向けのおすすめアイテムについては以下の記事も参考にしてみてください)

妊婦の腹帯おすすめ20選!夏でもムレない人気の妊娠帯・選び方のコツまで紹介!

成分をしっかりチェック

妊娠線予防オイルを購入するときは、成分表をしっかりチェックし安全性を確認するようにしましょう。妊娠線に効果的に使うためには、保湿成分がしっかり配合されていることが大切です。また、妊娠中は肌が敏感になっている可能性もあるため、着色料やアルコールなどの添加物が入っていないオイルを選ぶと安心です。

香りも確認して

妊娠線予防オイルを選ぶときは、香りを確認する必要もあります。妊婦さんは、つわりによってにおいに敏感になっている場合もありますよね。妊娠線オイルの中には、香りがきついものもあるのがデメリットとして挙げられます。あまりにきつい香りや苦手な香りのオイルだと毎日使うのが大変になってしまうでしょう。

妊娠線予防オイルを選ぶときは、香りがきついものもあるというデメリットを理解した上で、自分がリラックスできる香りや無香料のオイルを選ぶのがおすすめです。

日本製or海外製

妊娠線予防オイルには、日本製と海外製のものがあります。日本製の妊娠線オイルは、日本人の肌や好みにあわせた作りになっているものが多く安心して使えるのがメリットといえるでしょう。

反対に、海外製の妊娠線オイルは少々香りがきつい傾向にあるのがデメリットです。しかし、成分的にはそれほど大きな違いはないので、妊婦さんの好みにあわせて選んでみましょう。

使い心地は口コミを参考に

妊娠線予防オイルを選ぶときは、使い心地を確認することも大切です。効果があるかどうかはもちろんですが、塗り心地が自分好みでなければケアを続けることはできませんよね。オイルを選ぶときは、口コミなどを確認してベタつくのかやサラサラするのかなど、使い心地をチェックしてみましょう。

妊娠期間中ずっと使える価格のものを

妊娠線予防オイルは、商品によって価格もさまざまです。高価な妊娠線オイルもあれば、低価格の妊娠線オイルもあります。妊娠期間中ずっと使うものですから、妊娠線への効果はもちろん価格もしっかり確認するようにしましょう。

効果には個人差があるので、高価な妊娠線オイルだから効き目があるというわけではありません。安全性や使い心地とあわせて、妊娠線オイルの価格もチェックするのがおすすめです。

赤ちゃんにも使えるとさらに安心

妊娠線予防オイルの中には、妊婦さんだけでなく赤ちゃんに使えるものもあります。ベビーオイルとして使えれば、出産後も活躍してくれます。また、赤ちゃんの肌にも使えるオイルであれば、妊婦さんも安心して使うことができますよね。

関連する記事