ヘアオイルの使い方!効果を引き出す裏技でツヤ髪に!おすすめ11選&口コミも!

【美容師監修】ヘアオイルを使用するメリットや効果をはじめ、効果を最大限引き出す使い方を《基本》《ヘアセット》《ヘアパック》《頭皮マッサージ》の用途別に【動画】を交えてを紹介します。また口コミで人気のヘアオイルのおすすめ11選も紹介しますので使い方とともに参考にしましょう。

目次

  1. ヘアオイルの使い方って?使用するメリットや効果は?
  2. ヘアオイルを使うタイミングはいつ?正しい使い方は?
  3. ヘアオイルの《基本》の使い方
  4. ヘアオイルの《ヘアセット》時の使い方
  5. ヘアオイルの《ヘアパック》としての使い方
  6. ヘアオイルの《頭皮マッサージ》での使い方
  7. ヘアオイルのNGな使い方!
  8. 口コミで人気のヘアオイルおすすめ11選!
  9. ヘアオイルのレビュー評価ランキングも見てみよう!
  10. ヘアオイルの正しい使い方を理解してツヤ髪キープ!

ヘアオイルの使い方って?使用するメリットや効果は?

ヘアオイルはシャンプーした後やヘアアイロンでのヘアセット後のスタイリング剤などとして様々な場面で使うことができます。様々な使い方のあるヘアオイルですが、みなさんは正しい使い方が出来ているでしょうか。

まず「そもそもヘアオイルとはどんなものなのか」というところを見ていきましょう。その後「ヘアオイルを使った時の効果」「より効果的に使えるようヘアオイルの正しい使い方」「口コミで人気のヘアオイル」などを紹介していきます。

ヘアオイルとは?

ヘアオイルとは、傷んだ髪を修復させるためのヘアケアの時や髪を刺激から守るために使用します。それだけでなく、形を整えるためのヘアセット時にも使うことができるヘアケア剤です。

(シアバターについては以下の記事も参考にしてみてください)

シアバターが髪の保湿に効果大!?ヘアケア術&美容師厳選TOP10!

髪を乾燥から守る

ヘアオイルを使うメリットとしては2つあります。そのひとつが、髪を乾燥から守ってくれるということです。髪のツヤがなくなりパサパサしてくる原因には、髪の水分不足があります。ヘアオイルはオイルなので、乳液やクリームなどのように髪の表面に膜を作って水分を閉じ込めてくれる作用があります。

乾燥は冬のイメージがありますが、夏もエアコンなどで乾燥するため朝のスタイリング時に使用することをおすすめします。

前田善夫

美容師

女性の髪の毛の敵は乾燥です! しっかり保湿することで外部からの熱、紫外線、摩擦によるダメージを軽減してくれますし、ツヤが出て、綺麗な髪の毛に見えますよ!

髪を熱から守ってくれる

もうひとつのヘアオイルを使うメリットは、髪を熱から守ってくれるということです。髪の毛はドライヤーやヘアアイロンの熱でキューティクルが溶けてしまい傷ついてしまいます。すると、キューティクルが傷ついたところから水分が逃げ、髪のツヤがなくなりパサパサしてしまう原因になってしまうのです。

そこで、ドライヤーを使う前にヘアオイルを使うことで、髪を熱や風から守り、水分を逃さないようにしてくれます。

(ヘアケアオイルについては以下の記事も参考にしてみてください)

美容師直伝!ヘアケアオイルおすすめ15選!髪質に合う選び方&口コミも!

ヘアオイルを使うタイミングはいつ?正しい使い方は?

ヘアオイルを効果的に使うには、使うタイミングと正しい使い方が出来ているかどうかが大切になってきます。使うタイミングや正しい使い方について紹介していきます。

基本の使い方はお風呂あがり

関連する記事