哺乳瓶ウォーマーがミルクの保温に便利!必要性や使うメリットをママの体験談で紹介!

哺乳瓶ウォーマーは持っていますか?この記事では哺乳瓶ウォーマーの必要性やメリットをはじめ、哺乳瓶ウォーマーの種類・選び方のポイントを紹介します。「持っていないけど気になっている」「使ってみたい」というママはぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 哺乳瓶ウォーマーは必要?メリットは?
  2. 哺乳瓶ウォーマーの種類・選び方は?
  3. 哺乳瓶ウォーマーのおすすめ5選
  4. 哺乳瓶ウォーマーを使う時の注意点は?
  5. 哺乳瓶ウォーマーを活用しよう

哺乳瓶ウォーマーは必要?メリットは?

ミルクを作るのはお湯を沸かしたり、赤ちゃんが飲める温度まで冷ましたりと手間がかかりますよね。哺乳瓶ウォーマーはその調乳の手間を減らしてくれる便利なアイテムです。哺乳瓶に粉ミルクとお湯を入れた状態で哺乳瓶ウォーマーにセットするだけで、授乳にちょうどよい温度のミルクを作ってくれます。

また調乳のほかに哺乳瓶の消毒や離乳食を温めたりと便利な機能がついたものもあります。ここでは哺乳瓶ウォーマーの必要性について紹介します。また使う際のメリットについてもみていきましょう。

哺乳瓶ウォーマーが必要だった

双子のママ

(30代前半)

双子育児をしていましたが、二人一緒に泣き出してもミルクを作るのに時間をとられて不便でした。哺乳瓶ウォーマーを使いだしてからはタイミングをみて調乳できたので、泣いたらすぐに授乳できてとても便利です。特に新生児期頃は夜中の授乳回数も多いので大活躍でしたよ。

授乳回数が多い頃や夜間授乳の際にすぐにミルクが作れるのはママにとって助かりますよね。搾乳して冷凍しておいた母乳を溶かすのにも役立ちます。また双子育児の場合はミルクを作る回数が多いので、哺乳瓶ウォーマーは必須アイテムといえるでしょう。

哺乳瓶ウォーマーは不要だった

男の子のママ

(30代前半)

生後3ヶ月頃までは授乳後にミルクを少し追加していましたが、次第にミルクは夜寝る前だけになりました。お湯は電気ポットで朝沸かしたものを水筒に入れて保温していた分で足りていたので、哺乳瓶ウォーマーはいりませんでした。

完母やミルクを作る回数が少ない場合は哺乳瓶ウォーマーがなくてもそれほど不便さは感じないようですね。哺乳瓶ウォーマーの代用として保温できる電気ポットや調乳ポット、保温性の高い水筒を使ったため哺乳瓶ウォーマーは不要だったというママも多いですよ。

哺乳瓶ウォーマーを使用するメリット

哺乳瓶ウォーマーは調乳する際のお湯を沸かしたり、赤ちゃんが飲める温度に冷ますという手間を減らしてくれます。また、一度哺乳瓶をセットすれば、あとは哺乳瓶ウォーマーが全て行ってくれるので調乳にかかる時間も短縮できますよ。

完全ミルク育児など赤ちゃんにミルクをあげる回数が多いママや、仕事で朝の支度が忙しいママには特に嬉しいメリットですよね。

また夜の授乳はパパにお願いしたい時や、家族に赤ちゃんを預けたい場合などにもミルクを哺乳瓶ウォーマーにセットした状態にしておけば、安心して任せられますね。

(哺乳瓶保管ケースについては以下の記事も参考にしてみてください)

哺乳瓶保管ケースのおすすめ11選!衛生面抜群の消毒機能付きや乾燥ができる商品も!

哺乳瓶ウォーマーの種類・選び方は?

哺乳瓶ウォーマーには大きく分けて3つの種類があります。種類によって使い方や特徴が違いますので、どんな場面で使うか、どんな機能がほしいかにあわせて選ぶとよいでしょう。

哺乳瓶をウォーマーにセットして温めるタイプ

こちらは最も一般的な哺乳瓶ウォーマーです。粉ミルクとお湯を入れた状態でウォーマーに哺乳瓶をセットすると授乳に適切な温度のミルクを作ってくれます。ほとんどのタイプが2本まで哺乳瓶をセットできるので授乳回数が多い時に特に活躍しますよ。

またこのタイプは調乳のほかに、冷凍保存した母乳の解凍や哺乳瓶の殺菌、離乳食の加熱など多機能な哺乳瓶ウォーマーが多いのも特徴です。

カバー状のウォーマーで哺乳瓶を温めるタイプ

カバー型の哺乳瓶ウォーマーは小さくて持ち運びやすいのが特徴です。筒状のカバーに哺乳瓶を入れて、電源を入れれば哺乳瓶を適切な温度で保温してくれます。USBで充電するタイプが多いですが、モバイルバッテリーなどがあればどこでも保温してくれるので、外出先で赤ちゃんがグズってもすぐにミルクがあげられますよ。

USBのほかにもAC電源アダプタやシガーソケットに接続できるものもあるので、車で移動中にミルクを保温することも可能です。

乳首部分にウォーマーをセットして使うタイプ

乳首部分を電子レンジで加熱して、ウォーマーとして哺乳瓶にセットして使うタイプです。哺乳瓶と哺乳瓶ウォーマーが一体型なのが特徴です。電源不要で哺乳瓶サイズなので赤ちゃんとのお出かけ時も場所を選ばすに授乳できて便利です。収納場所をとらないのも嬉しいですよね。

ママが使いやすいものを選んで

哺乳瓶ウォーマーは種類によって特徴が異なります。夜間や朝の忙しい時間にサッと授乳したり、調乳に不慣れなパパに赤ちゃんを預けたいという場合は哺乳瓶をウォーマーにセットするタイプがおすすめです。

また、外出先ですぐにミルクをあげたい場合は、カバー状のウォーマーや、哺乳瓶と一体型のウォーマーの方が持ち運びやすく適しています。哺乳瓶ウォーマーはママや赤ちゃんの生活スタイルにあわせて使いやすいものを選びましょう。

(使い捨て哺乳瓶については以下の記事も参考にしてみてください)

使い捨て哺乳瓶のおすすめ11選!災害など緊急時〜旅行・外出先で使えて便利!

哺乳瓶ウォーマーのおすすめ5選

ここではおすすめの哺乳瓶ウォーマーを紹介していきます。哺乳瓶ウォーマーは種類によって使い方や特徴が異なります。ここではその使い方や特徴についても紹介しますので、購入しようか検討中のママはぜひ参考にしてみてくださいね。

1.YOUTHINK 多機能ボトルウォーマー 哺乳瓶ウォーマー

多機能ボトルウォーマー 哺乳瓶ウォーマー
3,999円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ミルクの保温や哺乳瓶の消毒、母乳の解凍など一台で5役もこなせる哺乳瓶ウォーマーです。付属のスチームカゴで冷凍食品の解凍も可能ですよ。また哺乳瓶や乳首、ストロー用のブラシもセットになっているのも嬉しいですね。

ガラス製、ポリプロピレン製、シリコン製など様々な種類の哺乳瓶に対応します。またほとんどのブランドの哺乳瓶が入るサイズ設計になっていますよ。なおコンセントは3本式のため、使用する際は変換プラグを用意する必要があります。

Amazonレビュー

★★★★☆

夜間の授乳にとても役立っています。
使用している哺乳瓶は、ピジョンの母乳実感というかなりワイドタイプの物ですがしっかり2本立てて使うことが出来ます。
商品説明にも記載されていますが、コンセント形状が3ピンタイプなので日本国内で使用する場合は変換コネクタが必要になります。

サイズ高さ27.5×幅20×奥行13cm
セット内容哺乳瓶ウォーマー、スチームカゴ、乳首スポンジブラシ、哺乳瓶ポンジブラシ、哺乳瓶クリップ、ストロブラシ、日本語取扱説明書
機能ミルクの保温、調乳用のお湯を作る、離乳食の加熱、殺菌、解凍
使用可能数2本

2.Excelvan 2019新型多機能ボトルウォーマー

Original
Excelvan 2019新型多機能ボトルウォーマー
3,680円
Amazonで詳細を見る

ミルクの温めや哺乳瓶の殺菌など多機能な哺乳瓶ウォーマーです。スマートサイレントモードを搭載しており、温乳や調乳時のお湯を沸かす音が気になりにくい作りとなっています。夜間授乳用にミルクを作る際もうるさくならず、ママも赤ちゃんもぐっすり眠れます。

またお湯がちょうどよい温度になるとメロディーで知らせてくれるので、赤ちゃんをまたせずに授乳ができるのも便利ですね。操作パネルも日本語表示なので使い方も簡単ですよ。

Amazonレビュー

★★★★★

夜寝る前にミルクを作り温めておいて、夜泣きした際にあげてます。
手間が減り家事の効率が上がりました。本当に夜が楽になりました

サイズ28×22×16cm
セット内容哺乳瓶ウォーマー、加熱用カップ、蒸し器
機能ミルクの保温、調乳、離乳食の加熱、殺菌
使用可能数2本

3.多機能ボトルウォーマー 調乳ポット 温乳器

Original
多機能ボトルウォーマー
7,480円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る

USBで充電できる持ち運びに便利な哺乳瓶ウォーマーです。230gと軽くてシンプルな作りでカバンにさっと入れてお出かけができますよ。また300g分の粉ミルクを入れるケースがついているので、粉ミルクケースを別に持つ必要がありません。

お出かけ前に充電しておけば5時間ほど保温できるので、電源を探す必要もなく便利です。USBはパソコンや電源アダプタ、車のソケットなどに繋ぐことができます。

Amazonレビュー

★★★★★

製品は大きくないです。バッグに入れるのはとても便利です。粉ミルクを保管することもできますし、加熱することもできます。時間を節約します。

サイズ7×7×2.46cm
セット内容哺乳瓶ウォーマー、電源コード
機能保温、粉ミルクの保管
使用可能数1本

4.ボトルウォーマー ミルクヒーター ベビーミルク加熱

Original
ボトルウォーマー ミルクヒーター ベビーミルク加熱
1,599円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る

車で使うのにぴったりなカバータイプの哺乳瓶ウォーマーです。電源プラグを車のシガーソケットに接続すれば、車移動中に赤ちゃんがグズってもすぐに授乳ができますよ。ミルクを入れた哺乳瓶をウォーマーに入れて、電源を繋ぐだけなので使い方も簡単ですね。15分程加熱を行い、その後赤ちゃんが飲むのにちょうどよい温度を保ってくれます。

Amazonレビュー

★★★★★

赤ちゃんの哺乳瓶を温めるため購入しました。ちょうど良いサイズで、買って良かったです。ありがとうございました。

サイズ8.5×8.5×13.1cm(適用直径範囲は6.5~7.5cm)
セット内容哺乳瓶ウォーマー、電源コード
機能保温
使用可能数1本

5.yoomi 温めながら授乳できる高機能哺乳びんスターターセット140ml

yoomi 温めながら授乳できる高機能哺乳びん用ウォーマー
4,347円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

こちらは哺乳瓶の乳首部分にウォーマーをセットする哺乳瓶と一体型の哺乳瓶ウォーマーです。使い方はウォーマーを煮沸または電子レンジにかけて哺乳瓶にセットし、ボトルにミルクを入れておくだけです。あとは授乳する際にボタンを押せば60秒ほどでウォーマーが適温になるので、そのまま哺乳瓶で授乳すればOKです。

ミルクがウォーマーの溝を通る時に温められて、赤ちゃんに最適な温度になりますよ。電気を使わないのでどこでも気軽に授乳ができます。またウォーマーを入れずに通常の哺乳瓶として使うことも可能です。

Amazonレビュー

★★★★☆

搾乳した母乳を温めるのはけっこう時間がかかっていたので、この商品を買ってすぐに温めて授乳することができるようになり重宝してます。
少しお高めですが、買ってよかったです!ただ、ウォーマーをセットしてふたを閉めるのが少しやりづらいのが難点。

サイズボトル:高さ約14㎝, 直径約7.5㎝ 重さ約73g ウォーマー:高さ約8cm 直径約6cm 重さ約176g 乳首:高さ約8cm 直径約7cm 重さ約25g 流出量SS 穴の形状丸穴
セット内容哺乳瓶、ウォーマー、電子レンジ加熱用ポッド
機能調乳
使用可能数1本

(哺乳瓶の洗い方・消毒方法については以下の記事も参考にしてみてください)

哺乳瓶専用の洗剤は必要?食器用はダメ?洗い方・消毒方法、おすすめ13選も!

哺乳瓶ウォーマーを使う時の注意点は?

哺乳瓶ウォーマーを使う時はどういった点に気をつければよいでしょうか。赤ちゃんとママが安全に使うために注意する点を紹介します。

70℃以上のお湯でミルクを作る

粉ミルクを溶かす際は70℃以上のお湯を使いましょう。粉ミルクには微量のサルモネラ菌などの菌が含まれている場合があります。70℃以上のお湯でミルクを作ることで殺菌することができます。(※1)

哺乳瓶ウォーマーの保温機能はだいたい40℃前後となっており、温度の低いお湯を使うと殺菌ができません。必ず70℃以上のお湯を使うようにしましょう。

また水道水を使う際は水道水自体の有害物質除去のためにも10分程沸騰させた後、70℃前後に湯冷まししたお湯でミルクを作るとよいでしょう。

ミルクを長時間保温したままにしない

ミルクや母乳を哺乳瓶ウォーマーで保温したままにしておくと、雑菌が繁殖する恐れがあります。雑菌が繁殖したミルクを飲んでしまうと赤ちゃんが食中毒などを起こしてしまう場合があります。

ミルクを保温したままにできる時間は15分程度です。哺乳瓶ウォーマーで適温になったら、15分以内に赤ちゃんに授乳するようにしましょうね。

(哺乳瓶の消毒については以下の記事も参考にしてみてください)

哺乳瓶は消毒しないとどうなる?絶対必要?雑菌など赤ちゃんへの影響を徹底調査!

授乳前にミルクの温度を確認する

哺乳瓶ウォーマーで保温した場合は赤ちゃんに最適な温度となっていますが、念の為授乳前に手のひらにミルクを落とすなどして温度を確認しましょう。

機械の不具合や操作ミスでミルクが熱すぎたり、温まっていない場合もあります。赤ちゃんが火傷したりしないよう注意しましょう。

赤ちゃんの手の届かない場所に置く

哺乳瓶ウォーマーは調乳や哺乳瓶消毒のために機械が熱くなることがあります。また種類によってはウォーマーから蒸気が出るものもあります。赤ちゃんが触って火傷しないよう、手の届かない場所に置くようにしてくださいね。

哺乳瓶ウォーマーを活用しよう

哺乳瓶ウォーマーは夜中や朝の忙しい時間の授乳を楽にしてくれる便利なアイテムです。また哺乳瓶ウォーマーを使うことで外出先でも赤ちゃんを待たせることなく授乳できますよ。

保温や調乳、殺菌など一台で何役もこなすタイプのものや、軽くて持ち運びに優れたタイプなど種類によって特徴も異なります。ぜひママが使いやすいものを選んで授乳タイムをもっと手軽に楽しくしましょう。

関連する記事