発達障害のグレーゾーンって?診断名がある子・健常児との違いは?親の適切な対応も!

発達障害のグレーゾーンとはどのように判断されるのでしょう。発達障害のグレーゾーンって?という疑問をはじめ、診断名がある子・健常児との違い、診断基準などを解説します。また、二次障害や、普通級・支援級どっちにすべきか、親の適切な対応を【体験談】を交えて紹介します。

目次

  1. 発達障害のグレーゾーンって?
  2. 発達障害のグレーゾーンと診断名がある子・健常児との違いは?
  3. 発達障害の診断基準
  4. 発達障害のグレーゾーンの二次障害とは?
  5. 発達障害のグレーゾーンの子供は普通級・支援級どっちにすべき?
  6. 発達障害のグレーゾーンの子供への親の適切な対応
  7. 発達障害のグレーゾーンについて知っておこう

二次障害を防ぐ環境づくりが大切

2児のママ

40代前半

うちは下の子が発達障害グレーゾーン。ちょっとこだわりが強いです。

周囲への適応や相手に合わせることが苦手なので、幼稚園には入園前から相談しました。あと「何でも上手にできなくて良いんだよ」と自分や子どもに言い聞かせて、なるべく二次障害にかかりにくい環境を作っています。

周りに適応できない、上手に言葉を使えない、人の話を聞けないなどの性格から、社会生活でストレスを感じやすいといわれています。発達障害のグレーゾーンの子どもも、うつ病や不安障害を発症しやすいと自覚することが重要です。

発達障害の子どもは環境の変化やストレスに対する耐性が低いことが分かっています。入園や入学など環境が大きく変化する時は、子どものストレスを上手に逃す方法を考えてあげましょう。身近に相談できる人を作ったり、リラックス方法を一緒に探したりしてあげると良いでしょう。

発達障害のグレーゾーンについて知っておこう

発達障害は身近にある障害のひとつです。

万が一自分の子供に発達障害の傾向が出てきた場合に対応できるよう、発達障害やグレーゾーンについて知っておくことはとても大切です。グレーゾーンだと診断名が出ないので、進級の際に悩んでしまうこともあるでしょう。ぜひこの記事の体験談を参考に、子どもの発達や進級などについて考えてみてくださいね。

関連する記事