イヤイヤ期の女の子の行動の特徴は?男の子とは違う『しつけ』のコツを紹介!

今回は、イヤイヤ期の女の子の行動の特徴をはじめ、わがままになる理由、男の子とは違うイヤイヤ期の女の子への『しつけ』のコツを紹介します。また、しつけの際にしてはいけない親のNG行為や、イヤイヤ期を乗り越えた先輩ママの【体験談】もチェックしてみましょう。

目次

  1. イヤイヤ期の女の子の行動の特徴とは?
  2. イヤイヤ期に女の子がわがままになるのはなぜ?
  3. イヤイヤ期の女の子の『しつけ』のコツは?
  4. イヤイヤ期の女の子にしてはいけない親のNG行為は?
  5. イヤイヤ期をどう乗り切った?【先輩ママの体験談】
  6. イヤイヤ期は子どもの成長のために起こるもの

イヤイヤ期の女の子の行動の特徴とは?

イヤイヤ期の女の子はわがままで、ママは子育てに苦労するものです。イヤイヤ期の子供は男の子でも女の子でもわがままなものですが、ここでは特に女の子の行動の特徴について紹介します。

自己主張が多くなる

イヤイヤ期の女の子は好き嫌いが激しくなり、自分の好みを主張するようになります。たとえば「今日はこの服じゃないと嫌!」というように、男の子とは違いファッションにこだわりを持つようになるのもこの時期の特徴です。

今まではママがすべて決めていたことに、子供の意思が入るようになります。わがままではなく、子供が自分の意思を主張できるようになったと思い、受け入れてあげるようにしましょう。

自分でやりたがる

イヤイヤ期の女の子はママの真似が大好きで、なんでも自分でやりたがります。また、やりたいという気持ちに身体の成長が追い付いていないため、うまくできずに癇癪を起こすこともあります(※)。うまくできないと手を出したくなりますが、これも成長だとぐっとこらえて、なるべく子供自身にやらせてあげるようにしましょう。

会話が多くなる

イヤイヤ期の女の子の特徴は、コミュニケーションが多くなります。これまでよりたくさんお喋りできるようになるのがこの時期の特徴です。男の子と違い、言葉で自分の気持ちを表現するようになるので、口答えやわがままだととらえてしまうママも多いでしょう。

子供は親子の会話を通してコミュニケーションの方法を学びます(※)。駄々をこねたり、同じことを何回も聞かれたりしてうんざりしてしまうかもしれませんが、子供の成長のためにたくさん会話をしてあげるようにしましょう。

(2歳児の成長については以下の記事も参考にしてみてください)

2歳3ヶ月の成長や発育目安は?子育てのコツは?イヤイヤ期ピーク?

イヤイヤ期に女の子がわがままになるのはなぜ?

魔のイヤイヤ期という言葉があるとおり、イヤイヤ期の女の子の子育てに手を焼くママもいます。男の子と違って女の子のほうがわがままになりやすいという特徴もあります。しかし、ママがわがままだと感じてしまう行動も、子供にとっては甘えや成長の一歩なのです。

単なるわがままだと決めつけずに「うまく出来ない自分にイライラして癇癪をあげている」「ママの気を引きたいからわがままを言っている」といった捉え方をしてあげましょう。ときにはしつけとして叱るのも大切ですが、怒りたくなる気持ちをこらえて子供の成長をじっと見守ってあげることも大切ですよ。

イヤイヤ期の女の子の『しつけ』のコツは?

ここではイヤイヤ期の女の子のしつけのコツを紹介します。イヤイヤ期の女の子は男の子と違って反論や主張が激しく、まともに向き合うとママが負けてしまうこともあります。無理してしつけをしようとするのではなく、ときには子供と距離を置くといった子育てがおすすめです。

周りを頼る

イヤイヤ期の女の子のしつけはママ1人では大変です。パパ・おじいちゃん・おばあちゃん・地域の人など、周りの人を積極的に頼るようにしましょう。しつけだけではなく日頃の子育てから周りを頼るようにすることで、ママの負担が少しでもラクになるはずです。

子供はママに甘えがちなので、ママの言うことよりも、パパの言うことのほうが聞くこともあります。1人で抱え込まずに周りを頼る姿勢が大切です。

ときには諦めも肝心

魔のイヤイヤ期は子育てをするだけでも大変なので、しつけまで手が回らないこともあります。子供が癇癪を起こしてどうしようもないときは、しつけは後回しにしても良いでしょう。

イヤイヤ期の女の子の特徴として、自分の感情があふれてパニックになりやすいというものがあります。そういったときにしつけをしても、理解してもらえません。子供の気持ちが落ち着いてからゆっくり説明するようにしましょう。

リフレッシュタイムを作る

子育ては24時間なのでママがずっと頑張っていると潰れてしまいます。ときには1人で出かける時間を貰ったり、のんびりお茶を飲んだりして、リフレッシュタイムを作るようにしましょう。

「子育てに家事にやることが多くてなかなか時間が取れない」というママもいると思いますが、疲れたときは無理にでも休むことが大切です。家事がおろそかになったとしても、ママが笑顔で元気なほうが子供にとっては幸せなことだと覚えておきましょう。

(イヤイヤ期の対処法については以下の記事も参考にしてみてください)

2歳のイヤイヤ期の対処法10選!絶妙な叱り方や逆効果な対応も…!

イヤイヤ期の女の子にしてはいけない親のNG行為は?

ここではイヤイヤ期の女の子にしてはいけない親のNG行為について紹介します。子供のわがままが続くと厳しいしつけをしたくなりますよね。この時期はぐっとこらえる忍耐力が必要ですよ。

頭ごなしに叱る

イヤイヤ期の女の子に頭ごなしに叱っても、相手は理解してくれません。むしろ、恐怖心や反感を植え付けて逆効果になります。子供のわがままが続くとママもイライラしてしまうこともあるでしょう。しかし、強い言葉をかけても逆効果だと覚えておきましょう。

具体的には「もう知らない」「勝手にしなさい」と突き放すのではなく「何が嫌なの?」「どうすればいいのかな?」と子供とコミュニケーションを取るようにしましょう。たくさん子供と会話をすることで、親子の絆も深まりますよ。

叩く

「女の子であっても子供には言い聞かせても分からないから叩く」と思ってしまうママもいるかもしれません。たとえ言葉が分からない子供でも、叩くしつけはNGです。叩くしつけをすることで、子供自身も外で他の子に手を出して主張を通すようになります。子供の成長のためにも、言い聞かせてしつけをしましょう。

怒り続ける

子供に長々と説教をしても理解してもらえません。しつけをするときは手短に何がどうしてダメなのかを説明するようにしましょう。子供は一度言い聞かせても理解しないものです。ダメなことをするたびに「ダメだよ」と教えてあげましょう。

子供に説明するときのコツは、相手の目を見て話すことです。子供の目を見てゆっくり端的に説明することで、相手も理解してくれますよ。

(イヤイヤ期の対処法については以下の記事も参考にしてみてください)

「魔の2歳児」とは?パターン別イヤイヤ期の対処法と育児のコツは?

イヤイヤ期をどう乗り切った?【先輩ママの体験談】

ここでは女の子イヤイヤ期をどう乗り切ったか、先輩ママの体験談を紹介します。

女性

30代

女の子は男の子と違って本当にませていて、魔のイヤイヤ期の育児は大変でした。正面からぶつかり合っても解決しないときは、適度に受け流すようにしていました。毎日のことなのでときには手を抜くことも大切だと思います。

先輩ママ

20代

イヤイヤ期になると急に子供の自己主張が増えてびっくりしました。それまでは穏やかな女の子だったので、これまでとの違いに戸惑ったり、これが魔のイヤイヤ期かと成長を実感したりしていました。事前にイヤイヤ期になるとどうなるか知っていれば良かったです。

女性

30代

魔のイヤイヤ期の育児やしつけは本当に大変でしたが、過ぎてしまえばいい思い出です。当時はそんなこと思えないぐらい育児が嫌になることもありましたが、全力で頑張ったからこそいい思い出になったのだと思っています。

新米ママ

20代

「魔のイヤイヤ期は大変だよ」「子供が悪魔に見えるよ」と周りのママ友から聞いて、事前に自分なりに心の準備をしておきました。ついカッとなってしまう性格なので、事前に調べた情報をもとに、ひたすら冷静になることを言い聞かせていたおかげで、なんとか乗り越えられました。

女性

40代

魔のイヤイヤ期といいますが、過ぎてしまえば一瞬の出来事だったと思います。子供は成長とともに親から自立していくので、あれこれ甘えてくる時期は短かったなぁと今になって思います。当時は大変でしたが今はいい思い出です。

どのママもイヤイヤ期を乗り切るのに苦労しています。過ぎてしまえば思い出とはいえ、イヤイヤ期真っ最中はしんどいものです。ときには適度に手を抜いてストレスをため込まないようにしましょう。

(イヤイヤ期の体験談については以下の記事も参考にしてみてください)

イヤイヤ期はいつからいつまで?1〜2歳頃の対応方法は?ママの体験談をもとに紹介

イヤイヤ期は子どもの成長のために起こるもの

イヤイヤ期の女の子は誰でもわがままになるものです。イヤイヤ期は子供の成長のために起こるものなので、あまり神経質になりすぎずに冷静に付き合ってあげましょう。1番大切なことは、ママが笑顔で子育てすることです。無理をせずに、辛いときは周りを頼ったりリフレッシュしたりして、ストレスをため込まないようにしましょう。

関連する記事