赤ちゃんが泣きやまない!対処はどうしたら良い?病気が原因の場合も?

【医師監修】赤ちゃんは泣くのが仕事です。特に新生児はよく泣きます。泣くことは元気な証拠です。しかし、時には泣きやまない赤ちゃんを見て途方にくれることもあるのではないでしょうか?今回は新生児が泣きやまない原因とその対処法、病気の可能性などを説明していきます。

専門家監修 | 小児科医 マキ先生
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、...
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。

目次

  1. 新生児の赤ちゃんが泣きやまない!
  2. 新生児の赤ちゃんが泣きやまない原因は?
  3. 新生児の赤ちゃんが泣く、泣きやまない理由
  4. 新生児の赤ちゃんが泣くのは病気かも?!
  5. 泣く赤ちゃんを放置するとどうなる?
  6. 泣く赤ちゃんを無理に泣きやませようとしたら?
  7. 新生児の赤ちゃんが泣く時は落ち着いて
  8. 新生児が泣く理由をあまり追求しないことも大切

新生児の赤ちゃんが泣きやまない!

赤ちゃんが泣くのは当たりまえです。赤ちゃんは泣くことで意思表示をするからです。しかし、何をやっても泣き止まない時もありますよね。慣れない子育てに、夜泣きで眠れない日々が続きママも疲れてしまいます。しかし、赤ちゃんが泣くのには理由があります。決してママやパパを悲しませるために泣いているわけではないのです。

新生児の赤ちゃんが泣くことでママは不安に・・・

「赤ちゃんが寝ない・泣き止まない」こんな日々が続くと「どこか痛いのかな?」「病気なのかな?」と親まで不安になってしまいます。時にはイライラしてしまうこともあるかもしれません。しかし、赤ちゃんが泣き止まないのは、珍しいことではありません。いつのまにか、泣かないようになります。

なかなか泣き止まない時でも、あまり神経質にならず、「ママをここまで必要とするのは今だけ」「今のこの子には私がいないとダメなんだ」と思って接してみてください。ママが不安になると、その不安が赤ちゃんに伝わり、さらに泣いてしまうと言います。余裕を持って接することで、赤ちゃんも安心することができます。

新生児の赤ちゃんが泣くのは意思表示

出典:https://www.pinterest.jp/pin/582301426799951654/

赤ちゃんは「泣く」という手段で「不快に感じたこと」を伝えています。赤ちゃんが泣いたらお世話をしますよね。その繰り返しで信頼関係が生まれます。

「うちの子は何故こんなに泣くの?あそこの家の子は全然泣かないのに」とつい比較してしまうこともあるかもしれません。しかし、それはママのストレスになり、育児ノイローゼの原因にもなります。赤ちゃんの泣き方にも個性があるので、比較するのはやめましょう。

新生児の赤ちゃんが泣きやまない原因は?

泣くことで意思表示をしているのは分かっても、具体的に何を伝えているのか分からなければ、対処のしようがありません。新生児が泣き止まない時、具体的にどのような原因があるのか説明していきます。赤ちゃんを良く観察し、原因を見極めなければいけません。

●お腹が空いている
●おしっこ、うんちをしていて不快
●暑いまたは寒い
●お腹が張って気持ち悪い
●寂しい・眠れない


新生児の赤ちゃんが泣く、泣きやまない理由

赤ちゃんが泣いている理由で、よくある理由が主にどのようなことがあるのでしょう。泣く理由をいち早く分かってあげるためにも、主な理由を知っておくことは大切です。

新生児の赤ちゃんが泣きやまない理由【お腹が空いている】

新生児の授乳の間隔は平均的に2〜3時間です。母乳は消化が良いため、短時間でお腹を空かせてしまいます。しかし、中にはそれよりも短い間隔でお腹を空かせてしまう赤ちゃんもいます。母乳をうまく飲むことができず、一回の授乳で飲むことの量が少ない赤ちゃんもいるからです。

特に母乳の場合は哺乳瓶と違い、一回の授乳で赤ちゃんがどのくらい飲んだのかがわかりません。自分の赤ちゃんの授乳量・授乳時間をいち早く知ることで、その子にあった授乳を行うことができます。

関連する記事