4歳児の『わがまま』と『甘え』の見分け方!しつけのコツを体験談も交えて紹介!

子供のわがままやしつけで悩んでいるママは多いでしょう。今回は4歳児の成長状況の特徴や、しつけの難しさ、4歳児のわがまま行動を【体験談】を交えて解説します。『わがまま』と『甘え』の違いや、しつけのコツ、NGな甘えさせ方なども紹介していきますよ。

目次

  1. 4歳児の成長状況の特徴は?
  2. 4歳児はわがままでしつけが難しい?
  3. 4歳児のわがままな行動は?
  4. 4歳児の『わがまま』と『甘え』の見分け方
  5. 4歳児へのしつけのコツは?NGな甘えさせ方も!
  6. 4歳児のわがままは気持ちを理解して対処しよう

4歳児の成長状況の特徴は?

子供が4歳になると、3歳のイヤイヤ期を過ぎ言葉や行動などが大きく成長してくる時期です。食事や着替えを一人でスムーズにこなせるようになったり、自分の意思を上手に言葉にすることができるようになって子育てに少し余裕が出てきたと感じるママもいるのではないでしょうか。

しかし、4歳を過ぎると子供は自分や今のことだけではなく、昨日や明日、他人のことが考えられるようになり、自分で行動してみるといった自立心も芽生えてきます。4歳児の子育てで「これはわがまま?甘え?このしつけは正しいの?」と悩んでしまうママは少なくないでしょう。

また、男の子と女の子でもわがままや癇癪、甘えといった行動が違ってきますので、先輩ママの体験談も参考にしてみてくださいね。

(4歳児の成長や特徴については以下の記事も参考にしてみてください)

4歳児の発達段階の目安!言葉・身体・心の成長の特徴は?できることを体験談を交えて紹介

4歳児はわがままでしつけが難しい?

自己主張や自立心が成長してくる4歳児ですが、大人の言葉を聞いたり聞かなかったり、上手くかわされたりしてくることも多いでしょう。ママやパパはどのような時にしつけが難しいと感じるのでしょうか。先輩ママたちの体験談を見ていきましょう。

(4歳児の発達や遅れについては以下の記事も参考にしてみてください)

4歳児の言葉の発達の目安は?遅れの基準や原因、適切な対応を紹介!体験談も

できないことでも自分で!

男の子のママ

(30代)

大人から見てもできないことをやりたがります。できなかったり思いどおりにいかないとひどい癇癪をおこしてしまいます。男の子だからかとても力が強く手が付けられないときもあり毎回困っています。

興味のあることはまず自分がしてみたいという自立心の成長のあらわれです。家では最後までさせてあげられますが、外でこだわりはじめると止めるのが難しいですね。

まわりのマネをする

先輩ママ

(30代)

私やパパの行動や言動をまねっこします。ときには危ないことも真似しようとしてひやひやすることも…。男の子も女の子も変わりなく、まわりの影響で悪い言葉づかいを真似するときが困りました。

男の子も女の子も関係なくまわりの大人や友達のまねをしてして、望ましくない言葉づかいをするようになってくる子が多いです。いくら家でママパパが言葉づかいに気を付けていても、まわりのまねをしてしまうのでいくらしつけても治らないのが困りますよね。

聞こえないふりをする

女の子のママ

(30代)

会話や言葉の意味がわかりだしたからか、自分の都合の悪いことややりたくないことなどは聞こえないふりをするようになりました。しっかりしつけようと思うのですが、聞こえないふりをするので上手くいったりいかなかったり…

言葉の意味がわかるからこそ都合の悪いことは、聞こえないふりをするという子供が多いでしょう。人の話を聞くようにとしつけても、聞こえないふりか機嫌が悪くなりひどい癇癪をおこすという悪循環になってしまう場合もあるようです。

4歳児のわがままな行動は?

4歳児の成長や特徴を見てきましたが具体的なわがままな行動とはどのようなものでしょうか。男の子と女の子でわがままな行動は違ってくるのか見てみましょう。わがままなのか成長の過程なのかしつけが必要なのかなど悩んでいるママは先輩ママの体験談を参考にしてみてください。

(4歳児の反抗期については以下の記事も参考にしてみてください)

関連する記事