素敵なプレゼントの渡し方*感動〜面白い系など20選!恋人や友達など対象別に

渡し方を工夫するとプレゼントはさらに喜ばれるものに。心理学理論に基づいたプレゼントの渡し方やタイミングをご紹介するとともに、バラエティに富んだサプライズアイデアもご紹介!渡す際に意識したいことも、彼氏・彼女や友達、先輩・目上の人など対象別にご紹介していきます。

目次

  1. プレゼントは渡すまでがセット!
  2. 渡し方のコツを心理学から学ぼう
  3. 【彼氏・彼女への渡し方】①思い出と結びつくように
  4. 【彼氏・彼女への渡し方】②プレゼントの渡し方は派手か地味?
  5. 【好きな人への渡し方】①恋人未満の人にはさりげなく
  6. 【好きな人への渡し方】②次の約束を取り付けよう
  7. 【友達への渡し方】①プレゼントを最初に渡して場を盛り上げる!
  8. 【友達への渡し方】②友達がママ(パパ)の場合
  9. 【目上への人への渡し方】①プレゼントはみんなで渡す
  10. 【目上への人への渡し方】②異性に渡すときは注意が必要
  11. 感動&面白い!素敵なプレゼントの渡し方20選!
  12. 素敵なプレゼントの渡し方で相手を笑顔に!

プレゼントは渡すまでがセット!

プレゼントは用意するだけでなく、その渡し方にひと手間加えると相手にもっと喜んでもらうことができるうえ、思い出もより深いものにすることができます。「プレゼントは渡すまでがセット」と考えて、誕生日や記念日、クリスマスなどを素敵に演出していきましょう。

渡し方のコツを心理学から学ぼう

プレゼントの渡し方にはいろいろな方法がありますが、そこには共通するコツがあります。まずはこのコツを知っていただくことで、演出の仕方もより具体的に、あなたらしく考えることができるはずです。ここでは、渡し方のヒントになる心理学をわかりやすく説明していきます。

渡すタイミングには「ピーク・エンドの法則」を

プレゼントを渡すタイミングって難しいですよね。ここがイメージできていないと、せっかくの楽しい時間も窮屈なものになってしまいます。しかしそれは、ピーク・エンドの法則を理解することで解決できるはずです。渡すタイミングのヒントになるので、ぜひ取り入れてみてください。

ピーク・エンドの法則とは、「人の記憶はその場面において、一番感情が高まった絶頂期(ピーク)と、どんなふうに終わったのかという最終局面(エンド)に依存する」という法則です。つまり、ピークとエンドが記憶の生成に大きな影響を与えているということです。プレゼントを渡す際も、このピークとエンドのタイミングを意識することが大切です。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/372813675402661985/

ピークとは、たとえば彼女と一緒に食事をして会話が盛り上がってきたタイミングや、彼氏とドライブに行って美しい景色を観て感動したときなどのタイミングをさします。エンドとは、最後の別れ際のタイミングです。その日一日の締めくくりをプレゼントで彩りましょう。最後にインパクトを残すことで名残惜しさが増し「また会いたい」と思わせる効果もあります。

渡し方が左右する心の振り幅「ゲインロス効果」

もうひとつ、ゲインロス効果という心理学をご紹介します。これは「最初から好印象を与えるよりも、良くない印象からスタートしておいて、後からその印象を上げた方が評価が高くなる」というものです。「振り幅」や「ギャップ」という言葉に置き換えるとわかりやすいでしょう。

たとえば「いつもパンツルックの女性がワンピースを着てきてドキッとした」「無愛想で無口だと思っていた男性が実は話し上手で面白い人だった」というときなどにも、ゲインロス効果が働いています。ゲインロス効果はサプライズと相性が良いので積極的に活用していきましょう。詳しくは、「感動&面白い!素敵なプレゼントの渡し方」20選!でご紹介していきます。

手間をかけた時間が愛情に

関連する記事