流せるおしりふきオススメ10選!価格・成分・枚数などコスパを比較!

布おむつやトイレトレーニング中に重宝する人気の流せるおしりふきについて紹介します。トイレに流せるおしりふきのおすすめを価格・成分・枚数など徹底比較します。流せるおしりふきを使うメリットや、選び方のポイントも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 流せるおしりふきのメリットは?どんな場面で便利?
  2. 流せるおしりふきの選び方のポイントは?成分など
  3. 流せるおしりふきのおすすめ10選を徹底比較
  4. 流せるおしりふきのレビュー評価ランキングも見てみよう
  5. トイレで流せるおしりふきを使おう

流せるおしりふきのメリットは?どんな場面で便利?

子育て中のパパやママならばおしりふきは必需品ですよね。一日に何度も使うため、使いやすさや価格にこだわっている人も多いでしょう。流せるおしりふきは、使用後トイレにそのまま流すことができます。赤ちゃんなどの小さい子供に限らず、介護用品としても使われていますね。流せるおしりふきを使うメリットや便利だと感じる場面について説明していきます。

メリット

流せるおしりふきを使うメリットは、使用後トイレに流せることでしょう。お出かけ先でウォシュレットがない時や、子供の拭き残し防止として活用できます。拭いたおしりふきをそのままトイレに流せるため、処理が楽でゴミの削減にもつながるでしょう。流してしまえば、うんちが付いていても臭いが気になりませんね。

活用に便利な場面

流せるおしりふきは、子供のトイレトレーニングや介護などの場面で活用ができます。トイレトレーニングが始まる時期は、うんちも固くなっています。最初は一人でおしりを拭くことが難しいでしょう。そのような場合、仕上げ拭きとして流せるおしりふきを使うと安心ですね。トイレットペーパーよりも柔らかく水分を含んでいるため、拭き残しの心配がありません。

また布おむつ育児にも流せるおしりふきはおすすめです。布おむつは洗って繰り返し使用することから、ゴミはほとんど出ないでしょう。おしっこであれば、ガーゼで拭いたりすることもあるかもしれません。しかしうんちの時は、臭いもあるためおしりふきを使用する人が多いでしょう。

流せるおしりふきであればトイレで処分ができるため、さらにゴミの削減につながりますね。

(おしりふきのおすすめについては以下の記事も参考にしてみてください)

おしりふきのおすすめ15選!人気ブランドを徹底比較!厚手タイプなど多数紹介!

流せるおしりふきの選び方のポイントは?成分など

流せるおしりふきは、薬局や赤ちゃん用品店など身近な場所で目にすることが多い商品ですね。各メーカーから発売されており、赤ちゃんから大人向けまでさまざまな種類があります。気になるけど何を基準に選べば良いか悩んでしまう場合があるかもしれませんね。この項目では、流せるおしりふきの選び方についてポイントごとに紹介します。

成分

流せるおしりふきを選ぶ際は、おしりふきシートに含まれる成分を確認しましょう。赤ちゃんの肌へ触れるものは品質や成分を確認しておくと安心して使えます。赤ちゃんによっては肌が敏感で合わない成分があるかもしれません。赤ちゃんの肌荒れやかぶれが心配であれば、成分をチェックしてみてくださいね。

具体的には、パラベン、プロピレングリコール、アルコールといった成分が含まれていないと安心でしょう。プロピレングリコールは身近な日用品や食品に含まれている成分ですね。おしりふきでは、保湿の役割を担っており石油から作られています。一方で体内吸収を促進する作用があるため、皮膚炎を引き起こすリスクがあります。

身の回りの製品でよく使われる成分ですが、赤ちゃんや子供は肌へ負担になるケースもあるでしょう。もしおしりふきが合わない時は、成分を確認するのがおすすめです。肌荒れの原因は判断が難しいです。上記の成分が含まれていたら、別のメーカーのおしりふきを使ってみましょう。

水分量

流せるおしりふきのシートの水分量は、拭き取りやすさを左右する大切なポイントです。購入前に水分量を知ることは難しいかもしれません。異なるメーカーで同じ枚数の流せるおしりふきがあれば、持ってくらべてみると良いですね。流せるおしりふきは水に溶けやすい仕様のため、水分量に応じて使い心地も変わるでしょう。

流せるおしりふきは水分量が多いと肌への負担が少なく、うんちの拭き取りがしやすいと口コミで評判です。一方で「シートが破れやすいと感じる」という口コミもあります。また水分量が少ないと破れにくいという口コミも多いですね。破れにくいシートであれば子供一人でも使いやすいでしょう。

触り心地

流せるおしりふきは、赤ちゃんの肌への感触はもちろん、普段拭いてあげるパパやママの好きな触り心地を選ぶと良いでしょう。流せるおしりふきは使用頻度が高く、毎日使用する人がほとんどですね。おしりふきシートの水分量によって、かたさなど感触の違いがあります。日々使うものなのでお気に入りの触り心地のおしりふきを見つけてみてくださいね。

容量

流せるおしりふき選びではシートの容量を重視する人が多いかもしれませんね。流せるおしりふきは便利な商品ですが、消耗品でもあります。コストパフォーマンスを重視する人が多いでしょう。メーカーによって容量が異なりますので、成分や触り心地とあわせて枚数も比較してみてくださいね。

また流せるおしりふきは、使用場面に応じて容量を選ぶのもおすすめです。家のトイレなど使う場所が決まっている場合は、容量が多いタイプが人気でしょう。逆に外出などで持ち歩く場合は、容量の少ない携帯タイプを選ぶことで手荷物を増やさずにすみますね。室内外問わず使うならば、両方のタイプを準備しておくと安心でしょう。

持ち運びやすさ

関連する記事