育ちがいい人の特徴9つ&悪い人との違い!男性・女性別・育ちの見抜き方も!

育ちがいい人・悪い人の特徴・性格・心理を知って付き合い上手に!育ちがいい人の長所&短所や絶対にしないことをご紹介。育ちを良く見せる言動や習慣もお教えしますよ。番外編として、育ちがいい&悪い芸能人・有名人の"ドン引きエピソード"や"爆笑エピソード"も必見です。

目次

  1. 育ちのいい人・悪い人を見分けて上手に人付き合い!
  2. 育ちが《いい人》の特徴9つ
  3. 育ちが〈悪い人〉の特徴
  4. 育ちが《いい人》の性格・心理
  5. 育ちが〈悪い人〉の性格・心理
  6. 育ちが《いい人》と〈悪い人〉の圧倒的な違い
  7. 育ちがいい人の長所と短所
  8. 育ちがいい【男性】の見抜き方
  9. 育ちがいい【女性】の見抜き方
  10. 育ちをよく見せるための言動・習慣
  11. 【体験談】育ちがいい&悪い芸能人のエピソード
  12. 「育ちがいい」=「金持ち」ではなく「心持ち」

育ちのいい人・悪い人を見分けて上手に人付き合い!

「育ちがいい」というとどのようないイメージを想像しますか?「教育面」?それとも「裕福な家庭」?多くの方は前者のイメージ付けが多いでしょう。育ちのいい人と悪い人の違いを知っておくことで、上手な人付き合いが期待できますよ。また、自分が結婚するなら、または自分の子供が結婚するなら、育ちのいい相手がいいですよね。そう考えるのは相手も同じです。

育ちがいい人というと、上品な人や常識人、思いやりがあるなど、良いイメージがします。一方、育ちが悪い人というと、失礼・無礼、行動や言動が下品、自己中心的など、やはり印象は悪くなってしまいます。印象が悪い人を見ると「親の顔が見てみたい」とも言いますからね。

独創性のある人ない人の特徴・違い?生い立ちに鍵が?磨き方・適した仕事も!
おべっかの意味や例文|おべっかを使う人の特徴・心理や周囲の本音も!

育ちが《いい人》の特徴9つ

「お金持ち」=「育ちがいい」というわけではありません。お金持ちでも一緒にいて不愉快になったり、非常識人だと感じる人は嫌ですよね。裕福か否かではなく「教育が行き届いているか」というポイントに注目してみましょう。育ちのいい人9つのあるあるをご紹介します。

《育ちがいい人》の特徴①清潔・服装がちゃんとしている

育ちがいい人の特徴として、掃除や整理整頓、身だしなみなど清潔感があります。美意識が高く、シーンに合わせた服装を心がけます。基本的には普段からちゃんとした服装が多いです。例えダボついた服装が好きだとしても、大事なときにはそれに相応しいちゃんとした服装ができる常識人です。

《育ちがいい人》の特徴②落ち着いている

心に余裕があるのも育ちがいい人の特徴です。行動も言動も服装も醸し出す雰囲気からすべて落ち着いていますよ。あまり大きな声を出すことはなく、怒ることもあまりありません。裕福な家庭で育った場合は、高級料理に興奮しないといった点が挙げられますね。

《育ちがいい人》の特徴③食事のマナーがきちんとしている

育ちがいいと、例えひとりでいるときでもマナーや作法をきちんと守って食事をします。自分で作った料理でも「いただきます」や「ごちそうさま」を言い、食材の作っている農家の人などに対する意味として理解しているのです。また、食事中の作法も普段からの習慣づいており無意識なので、だらしなくなるということはまずありませんね。

《育ちがいい人》の特徴④礼儀のある常識人

礼儀の教育がちゃんとされており、挨拶やお礼、謝罪がきちんとできる人が多いですね。行事や冠婚葬祭など、あらゆる場面で常識的なマナーを自然と実行できます。思いやりがあるので、形式だけではなく心からの相手に対する礼儀を忘れません。礼儀がちゃんとしていると、好印象を持ちますね。

また、どんな相手だろうと一定の距離感を大切にし、ベタベタと接触するスキンシップは取りません。程よい距離感のほうが落ち着いた人に見えるのです。

関連する記事