インナーカラーならバレない!?バレない色&髪型&結び方!仕事での隠し方など!

【美容師監修】インナーカラーならこっそりおしゃれを楽しめる!バレない・バレにくいインナーカラーの10選を紹介します。ヘアアレンジでインナーカラーがバレない方法も紹介するので、学校や仕事の都合でカラーを諦めている人も、こっそりインナーカラーを楽しんで見ませんか?

専門家監修 | 美容師 西川ヒロキ
InstagramHOT PEPPER Beauty
香川県にある美容室【hair latelier [emma](ヘアアトリエエマ)】でスタイリストをしています!【ミディアム】【ロング】...
Instagram   HOT PEPPER Beauty
香川県にある美容室【hair latelier [emma](ヘアアトリエ エマ)】でスタイリストをしています!【ミディアム】【ロング】のスタイルが得意です。また、【アッシュ系】の赤味がない【柔らかい質感のカラー】や【大人なカラー】などもお任せください!

目次

  1. インナーカラーってどんなカラー?
  2. インナーカラーを楽しむ人が急増中の理由
  3. インナーカラーは本当にバレない?
  4. バレない・バレにくいインナーカラーの10選
  5. バレないインナーカラー①黒髪×アッシュグレー
  6. バレないインナーカラー②黒髮×ダークブルー
  7. バレないインナーカラー③黒髪×ネイビー
  8. バレないインナーカラー④黒髪×ベージュ
  9. バレないインナーカラー⑤黒髪×パープル
  10. バレないインナーカラー⑥黒髪×カーキ
  11. バレないインナーカラー⑦黒髪×グレージュ
  12. バレないインナーカラー⑧茶髪×赤
  13. バレないインナーカラー⑨茶髪×ラベンダーバイオレット
  14. バレないインナーカラー⑩茶髪×パープルピンク
  15. インナーカラーがバレない髪型《長さ別》
  16. インナーカラーがバレない髪型《ショート・ボブ》
  17. インナーカラーがバレない髪型《ミディアム》
  18. インナーカラーがバレない髪型《ロング》
  19. インナーカラーがバレない結び方&ヘアアレンジ《ショート・ボブ》
  20. インナーカラーがバレない結び方&ヘアアレンジ《ミディアム》
  21. インナーカラーがバレない結び方&ヘアアレンジ《ロング》
  22. インナーカラーがバレない為の注意点
  23. 仕事と休日の切り替えをヘアカラーから始めませんか?

インナーカラーがバレない結び方&ヘアアレンジ《ショート・ボブ》

ショートやボブの場合は、ストレートでのダウンスタイルアレンジが一番インナーカラーがバレないヘアスタイルです。

ストレートヘアを整髪料でタイトに抑えて可愛いヘアピンをつけてあげるアレンジがおすすめです。耳にかけるとインナーカラーが出てきてしまうことがあるので、できるだけ耳にかけないようにしましょう。

インナーカラーが映える簡単ヘアアレンジ〈長さ別〉20選!目立たせるもの〜さりげないものまで!

インナーカラーがバレない結び方&ヘアアレンジ《ミディアム》

ミディアムヘアもショート、ボブと同じくダウンスタイルが一番バレにくいのですが、せっかく長さがあるミディアムヘアでバレないヘアアレンジを楽しみたいものです。

そんな時は、ターバンを使ったアレンジをしてみましょう。太めのターバンを巻くことで生え際のインナーカラー部分をカバーすることが可能です。

インナーカラーがバレない結び方&ヘアアレンジ《ロング》

ロングヘアの人は、毛先が揺れないヘアスタイル、ローシニヨンなどがおすすめです。お団子ヘアは、インナーカラーをしっかりと内側に隠した状態で固定ができる優秀ヘアスタイルになります。

お団子ヘアは、仕事や学校でも、気軽にできるアレンジです。サービス業などで職場でシニヨンヘアを義務付けられている人にとっては、インナーカラーはもってこいのヘアカラーでもあります。

インナーカラーがバレない為の注意点

最後に、インナーカラーがバレないための3つの注意点を紹介します。大丈夫と思っていても、ここぞという時にバレてしまう可能性もあります。

必ずこちらの注意点を読んで、インナーカラーがバレないように気をつけましょう。

ヘアアレンジはしっかりと固める

ヘアアレンジなどでインナーカラーを隠していても、屋外の突然の強風や学校での体育の授業などでヘアセットが崩れてきてインナーカラーがバレてしまう可能性もあります。

インナーカラーを隠すアレンジを試すのであれば、崩れてこないようにキープ力のある整髪料でしっかりと固めましょう。

光の当たる場所を避ける

インナーカラーがバレないように、今回紹介したアッシュグレー、パープル、茶髪、ネイビー、ブルーなど表面の髪と馴染みのいい色に染めたとしても、光が当たるとはっきりとインナーカラーが発色してしまうことがあります。

そのため、直射日光の当たる窓際や照明の下などは要注意です。

カットとインナーカラーを同日に行わない

関連する記事