同棲に必要なものリスト!家具・日用品など厳選30選!実は不要な物リストも!

これから同棲を始めるカップル必見!〈家具〉〈日用品〉〈キッチン用品〉〈雑貨・小物〉〈あると便利なもの〉〈お金・その他〉などジャンル別に同棲に必要なものを計30種類紹介します。一見必要そうだけど、経験者からすると、実は不必要なものも参考にしてみてください。

目次

  1. 同棲に必要なものを揃えよう!
  2. 同棲する前に必要な準備は?
  3. 同棲を平和にするルール作りはできた?
  4. 同棲に必要なものリスト〈家具〉8選
  5. 同棲に必要なものリスト〈日用品〉4選
  6. 同棲に必要なものリスト〈キッチン用品〉5選
  7. 同棲に必要なものリスト〈雑貨・小物〉6選
  8. 同棲に必要なものリスト〈あると便利なもの〉3選
  9. 同棲に必要なものリスト〈お金・その他〉4選
  10. 実は同棲に不必要なものリスト!
  11. 同棲に必要なものは二人で相談しよう!

同棲に必要なものを揃えよう!

一緒にいる時間を増やすため、同棲を考える人も多いでしょう。二人暮らしを始める時、具体的に必要なものは何でしょうか?同棲を成功させるために、事前に揃えておくと良いものを厳選して紹介していきます。

同棲する意味とは?結婚前は特に重要?メリット&デメリットや実体験も

同棲する前に必要な準備は?

まず始めに、同棲する前に必要な準備について見ていきましょう。

同棲前の準備1.予算のすり合わせ

二人暮らしを始めるのには色々とお金がかかりますよね。初期費用や引越し費用、家具や雑貨にどのくらい出せるのか、二人でしっかり話し合うことが大切です。

同棲前の準備2.部屋を決める

間取りは結構重要なポイントです。一番別れにくいと言われているのが2DKの部屋で、一緒にいる時間も一人の時間も確保しやすいという特徴があります。予算が潤沢なら2LDK以上でも良いでしょう。

一方、一人暮らし向けの1Kはおすすめできません。プライベート空間が一切無い上、収納も十分とは言えないからです。予算があまりなければ2Kがおすすめです。

部屋が決まったら、その部屋の寸法や状態を確かめておきましょう。家具を購入するときに参考にするためです。以下のリストを参考に、必要なポイントを抑えましょう。

・各ドアの高さ/幅
・各窓の高さ/幅
・押入れなど収納スペースの高さ/幅/奥行き
・各部屋の床の縦/横(大きめの家具やラグ等の設置予定場所を重点的に測ると尚良いです)
・床から天井までの高さ
・コンセントの位置
・各部屋の壁/床や、浴室の浴槽の材質

同棲前の準備3.必要なもののリストアップ・購入

家具や雑貨など、必要なものをリストアップしましょう。更にその中から、どちらかが既に持っていて持ち込めばいいもの、新調するべきものをそれぞれ明確にします。具体的に何を準備したらいいのかはこの後紹介していくので、参考にしてみてくださいね。

インテリアは事前に話し合ってテイストを決めておくと、お店で迷わずに済みます。

同棲前の準備4.各種手続き

各種手続き(参考:下記リスト)も忘れないようにしましょう。特に今一人暮らしをしている人は、部屋の更新次第で家賃を二重に払うことになりかねません。引越し前にすべきものは早めに済ませ、引越し後にすべきものも準備しておきましょう。

・賃貸契約
・ガス/水道などインフラ関係の契約
・住民票/転居届など役所への届け出
・郵便局への転送届

同棲を平和にするルール作りはできた?

円満な同棲生活のためにはルールも重要です。外せないルールを5つピックアップしたので、参考にしてみてください。カップルによって必要なルールは異なるので、必要だと思ったものは順次話し合って追加していきましょう。

同棲のルール1.お金の分担・支払・管理方法

郁也さん

(31歳)

毎月共有口座に決めておいた額を振り込んで、2人で確認できるようにしています。

金銭面はしっかり決めておかないとトラブルになります。生活費等の分担や支払い方法を明確にしておきましょう。

お金の管理方法としては、財布は完全に分けるか、生活費の分だけ共有の口座を作るのがおすすめです。結婚の予定がはっきりしているなら、結婚後に想定している管理方法でも良いでしょう。

同棲のルール2.家事の分担

彩花さん

(29歳)

最初は余裕ある人がやろうねって言ってたんですが、だんだん私ばかりやるようになりました。今では家事の種類で分担決めてます。

「気づいた方がやる」「時間のある方がやる」は喧嘩の元になりこともあります。誰が何をするのか決めておきましょう。家事の内容ごとに分担する方法と、曜日ごとに担当家事を変える方法があります。ただし、ルールで雁字搦めにしては窮屈になってしまいます。イレギュラーな時は柔軟に対応できる余裕を持ちましょう。

同棲のルール3.スケジュールの共有

悠斗さん

(25歳)

晩ご飯がいるかどうかと大体の帰宅時間はお互い必ず確認するようにしています。

生活を共にしていて相手の帰りが遅いと、ご飯の準備に困ったり、心配が募ってしまったりします。急に帰りが遅くなる場合は何時までに連絡するなど、ルールとして決めると楽です。事前に分かっている予定は、家のカレンダーやスケジュール共有アプリを利用するのもおすすめです。

同棲のルール4.来客について

志織さん

(21歳)

彼に友達を連れてきていいか聞かれたのでいいよと言ったら、それ以来事前連絡無しで彼の友達が来ることが多くなって困りました。

家に人を招くことが好きな人から、他人は絶対に家に上げたくない人まで様々です。来客・宿泊の可否や頻度、何日前までに連絡が必要かなど、あらかじめルールを定めておきましょう。

同棲のルール5.同棲する期間・将来のこと

真美さん

(31歳)

同棲して3年、彼は結婚する素振りも見せない…。このままずっと同棲なのかな。結婚したいけど何て言えばいいんだろう。

だらだらと同棲すると将来への不安が生まれたり、結婚を逃す場合も沢山あります。結婚へのこだわりなど、将来についてある程度は話し合っておくことが大切です。結婚を希望しているなら同棲期間をしっかり定めておくことをおすすめします。

同棲あるある15選!楽しい&イライラな瞬間や円満の秘訣!経験者の声も多数!

同棲に必要なものリスト〈家具〉8選

ここからは、二人暮らしを始めるにあたって必要なアイテムを紹介していきます。どれも重要ですが、特に初日から無いと困る度合いの高いものには【初日から必要】の表記をつけました。事情があって急いでいる・予算が不十分な時はこれらを優先的に準備してみてください。では、まずは家具から見ていきましょう。

家具1.カーテン【初日から必要】

カーテンがないと、暗くなって電気をつけた時に、外から部屋の中が丸見えになってしまいます。できれば初日の夜までに準備しておきたいところです。

窓のサイズと部屋のイメージに合ったものを選びましょう。光・熱・紫外線をできるだけカットしたいなら、遮光カーテンがおすすめです。

【カーテンの選び方】おしゃれな部屋の法則7つ&実例35選!テイスト別に紹介!

家具2.寝具・布団・ベッド【初日から必要】

初日に布団やベッドが無いと、固い床で寝ることになります。少なくとも敷き布団またはマットレス、掛け布団の2つは必ず間に合うように準備しましょう。他には、枕、シーツ、毛布、布団カバー、枕カバーなどが必要です。シーツやカバー類は洗濯の都合があるので、2つ以上用意すると便利でしょう。

布団かベッドは好みで構いませんが、ベッドを買うなら、玄関や窓から部屋に入れることのできるサイズかどうか確認してください。部屋が狭い場合は布団の方がスペースを確保できますが、ロフトベッドを買って下のスペースを活用する方法もあります。

家具3.照明【初日から必要】

部屋の見学時は明るい時間帯である場合が殆どな為、うっかり忘れてしまうこともあるアイテムです。あらかじめ照明がついている部屋もありますが、ついていない部屋の場合は初日の明るい内に取り付けを完了できるようにしておきましょう。シーリングライトが1つあれば、1部屋全体を明るくすることができます。

リビング照明*部屋のテイスト別の選び方のコツ&おしゃれ実例35選

家具4.冷蔵庫

二人暮らしの生活に必要な容量は、あまり自炊しないなら200L程度、自炊するなら300L以上のものがおすすめです。料理好きや結婚の予定が明確な場合は、もっと大容量で用意しても良いでしょう。

部屋に入れられるサイズであるか確認を忘れずに。また、冷蔵庫の設置場所を考えて扉の開く向きにも注意しましょう。

家具5.洗濯機

二人暮らしに必要なのは50L以上の洗濯機です。家の近くにコインランドリーがあれば必ずしも必要ではありませんが、洗濯物を持ち込む手間を考えると自宅に1台あると楽でしょう。予算があれば、乾燥機能付きのものが便利です。

家具6.エアコンなど冷暖房設備【時期次第で初日から必要】

暑さ・寒さの目立つ時期に入居するなら初日から必要です。あらかじめエアコンが備え付けられているか確認してください。後から設置する場合は工事が必要になるので、大家さんに設置許可をとりましょう。

初夏や秋頃は扇風機があると便利です。暖房設備はエアコンでまかなってもいいですし、石油ストーブやファンヒーター、炬燵などを用意しても良いでしょう。

家具7.棚など収納家具

収納が必要な物の数や量に合わせて選びましょう。メタルラックなら安価で購入できる上、棚板の高さ調節や引き出しアレンジが簡単にでき、重いものも無理なく置けます。

備え付けの収納で十分という場合でも、衣装ケースがあると小物を収納するときに便利です。

家具8.テーブル

食事や書き物をする時に必要です。炬燵があるのならそれと併用しても良いでしょう。部屋に合ったサイズで、掃除するときに移動が楽な重さのものがおすすめです。座卓でなければ高さの合った椅子も忘れずに購入しましょう。

IKEAのおすすめ家具&おしゃれインテリア実例集55選!狭い部屋の例も多数!

同棲に必要なものリスト〈日用品〉4選

続いては日用品です。日用品は格安店の特売日を狙うとお得に購入できます。お店が遠かったり、特売日に行けない場合は、ネット通販の利用がおすすめです。

日用品1.トイレットペーパー・ティッシュ【初日から必要】

数ある日用品の中でもトイレットペーパーは特に初日から必要です。買い忘れのないようにしましょう。必ず使う物なので、荷物が増えるのが嫌でなければ多めに準備しても構いません。

日用品2.タオル【初日から必要】

バスタオル、フェイスタオル、ハンドタオル、キッチン用タオルなど、必要に応じて用意しましょう。いくつあっても困らない日用品なので、収納が許す限り多めに揃えても良いです。

日用品3.洗剤

洗濯用、キッチン用、風呂用、トイレ用、ガスコンロ用など、様々な種類の洗剤が必要になります。洗剤ではありませんがシンク用に研磨剤があっても便利です。中には併用できるものもあるので、自分たちが使いやすいものを選びましょう。

日用品4.掃除機・掃除用具【初日から必要】

初日からというより、入居前から必要な日用品が掃除用具。荷物を搬入する前に掃除する必要があるからです。入居前の掃除には、最低限雑巾は用意しましょう。また、床がすべてフローリングの場合は、掃除機を買わずフロアワイパーのみで対応することもできます。掃除用具の種類は以下を参考にしてください。

・雑巾
・掃除機
・フロアワイパー
・粘着クリーナー
・ブラシ(トイレ、浴室、排水口、キッチン用など)
・スポンジ(浴槽など)
・エアダスター
・ゴム手袋
・ゴミ袋

【ダイソー】新生活に使えるアイテム25選!お鍋や掃除グッズなどジャンル別に紹介!

同棲に必要なものリスト〈キッチン用品〉5選

次に、二人暮らしに欠かせないキッチン用品を見ていきましょう。

キッチン用品1.炊飯器

もし自炊をしなくても、炊飯器だけは用意してご飯を炊くと節約になります。二人が普段どのくらいご飯を食べるのか確認して、それに合った合数のものを選ぶと良いでしょう。

キッチン用品2.電子レンジ・トースター

自炊する人もしない人も、キッチンに電子レンジは必須です。温め機能のみのシンプルなもので十分ですが、料理が好きなら多機能のものも視野に入れても良いかもしれません。毎日のようにトーストを食べているという人は、電子レンジの他にトースターも用意しておくと便利です。

キッチン用品3.食器

お椀、お皿、コップ、カトラリーなどが必要です。二人暮らしを始めてすぐのうちは2人分の使うものだけ準備し、必要になったら買い足せば良いでしょう。シンプルなもので揃えると食卓の見栄えが良くなります。

【100均・店別】新作の食器がオシャレすぎ!カテゴリ毎におすすめ50選!

キッチン用品4.基本的な調理器具

二人暮らしで初めて自炊をする場合、まずは基本的なものだけ揃えましょう。包丁・まな板・フライパン・鍋・菜箸があれば簡単なものは一通り作れます。やかん・ポットと計量カップもあると便利です。他の調理器具は必要になった時に買い足せばOKです。

コンロが備え付けられていない場合は購入を忘れずに。

キッチン用品5.食器洗い用品

スポンジ、スポンジ置き、洗い桶、水切りかご等があります。人によっては邪魔だと思うアイテムもあるので、普段使っている物を用意しておきましょう。予算や部屋のスペースに余裕があれば食洗機を買っても良いです。

同棲に必要なものリスト〈雑貨・小物〉6選

続いて、生活に必要な雑貨や小物を6つ見ていきます。

雑貨・小物1.身だしなみを整えるアイテム【初日から必要】

歯磨きやスキンケア用品、ヘアブラシ、メイクポーチなど、旅行に持っていくような身だしなみを整えるアイテムは初日から必要なものです。取り出しやすい荷物に入れておきましょう。旅行に持っていくと言えば、身だしなみとは別ですが携帯の充電器も忘れずに。

雑貨・小物2.バスグッズ【初日から必要】

ボディーソープやシャンプー・コンディショナーは初日から必要なものです。石鹸を使っている人は石鹸置きも忘れずに用意しましょう。風呂椅子・風呂桶・ボディタオルなど、普段から使用しているアイテムもあると良いですね。また、バーやラックなど収納グッズも必要に応じて準備しましょう。

雑貨・小物3.ドライヤー【初日から必要】

ドライヤーが無いと髪が乾くのに時間がかかってしまいますし、頭皮にもよくありません。きちんと熱風が出るものであれば安価なものでも大丈夫です。

雑貨・小物4.ラグ・マット類

玄関マット、トイレマット、フローリングに敷くラグなどがあります。ラグの掃除や手入れが面倒ならジョイントマットもおすすめです。ラグ類を邪魔だと思う人は、スリッパと、椅子類・クッション類を用意すると良いでしょう。また、普通のタオルは滑りやすいのでバスマットはあった方が便利です。

雑貨・小物5.ゴミ箱

生活習慣によって必要な数や大きさは変わります。キッチン用なら蓋つきだと匂いを抑えられるでしょう。箱が邪魔だという人には、必要な時だけ広げて使えるゴミ袋スタンドが便利です。

雑貨・小物6.洗濯グッズ

ランドリーボックス・洗濯ネット・ハンガー・洗濯バサミ・ピンチハンガー・物干し竿や物干しスタンドなどが必要です。大きめの洗濯ネットは下着類を干す時に目隠しとしても使えます。乾燥機能で乾かす場合は干す為のアイテムは要りませんが、洋服を掛けて収納するならハンガーは必要になります。

同棲に必要なものリスト〈あると便利なもの〉3選

二人暮らしの生活であると便利なものは何でしょうか?3つに絞って紹介します。

あると便利1.洗濯機ラック

各種洗剤や洗濯グッズの他、タオルや日用品のストックも収納できるラックです。洗濯機の上の空間を利用できるので、コンパクトにまとまります。洗濯機の蓋を開けた時に邪魔ではない高さのラックを選びましょう。

あると便利2.延長コード

コンセントから離れた場所でも電気製品を使うことができます。また、二人暮らしだとそれぞれがコンセントを使いたいタイミングが重なることがあるので、タコ足配線ができるタイプだと便利です。ただし、タコ足配線は火災等の危険性もあるので、使い方をしっかり守りましょう。

あると便利3.ドライバーセット

電気製品の電池交換や家具の組み立て等に用いるアイテムです。様々なサイズを揃えてセットになっている家庭用のものが1つあると役立ちます。

同棲に必要なものリスト〈お金・その他〉4選

必要なものリストの最後は、絶対必要なお金や忘れがちなその他のアイテムです。4つ紹介します。

お金・その他1.初期費用【最重要】

これまでに紹介してきた必要なものを購入する予算や引越し費用とは別に、賃貸契約時の初期費用を考えなくてはいけません。家賃の他、敷金・礼金・仲介手数料・鍵交換・火災保険に費用がかかります。家賃の5~6ヶ月分程度を目安にすると良いでしょう。

お金・その他2.インターネット回線・Wi-Fiルーター

普段からよくインターネットを使う人に必要です。あらかじめ開通している物件もありますが、そうでなければ自分たちで用意する必要があります。固定回線とルーター、ポケットWi-Fiなど、利用頻度・状況に応じて選びましょう。固定回線の導入には工事が必要なので、大家さんへの相談を忘れずに。

お金・その他3.防災セット【初日から必要】

自然災害は避けられません。普段の生活では必要ありませんが、必ず準備しておくべきものです。また、雷等で停電になることも考えられるので、手に取りやすい位置に置ける懐中電灯も用意しましょう。

防災グッズで必要なもの一覧!持ち出し袋に入れるのは?被災者が必ず準備するものも!

お金・その他4.救急箱【初日から必要】

怪我や病気、体調不良は予告なしにやってきます。程度の軽いものの治療や病院に行くまでの応急処置ができるように、薬や救急用品を準備しておきましょう。

実は同棲に不必要なものリスト!

ここまで様々な必要なものを見てきましたが、逆に不必要なものはあるのでしょうか。体験談を元に、4つ紹介します。

実は不必要なもの1.凝ったインテリア

信彦さん

(26歳)

間接照明がおしゃれと思って買ったのですが、想像以上に明るくならず…暗くて作業がしにくかったので押入れ行きになりました。

実用性の低い物は出番が無くなりがちです。二人暮らし開始時は基本的な物のみ用意し、後から必要だと思うものを買い足すことをおすすめします。

実は不必要なもの2.特別な調理器具

明日香さん

(30歳)

ジューサーが安く売っていたので買ったんです。初めは楽しかったけどだんだん面倒になってきて、今じゃ全然使ってません。1週間くらいしか使わなかったかも。

普段から使用していれば別ですが、せっかく同棲を始めるのだからとはりきって買ってしまうと無駄にしてしまうことが多いようです。インテリア同様、必要に応じて買い足すと良いでしょう。

実は不必要なもの3.テレビ

怜さん

(29歳)

彼が使っていたテレビをそのまま使っていたのですが、壊れてしまって。しばらくテレビ無しでいたところ、以前より会話もデートも増えました。テレビが無い方が結構充実するかもと思いました。

最近はスマホもあるので、意外と無くても何とかなる上に二人の時間も充実することがあるようです。しばらくテレビ無しで生活してみて、やっぱり必要だと思った時に買っても遅くはないでしょう。

実は不必要なもの4.大きめのソファ

香菜さん

(27歳)

2人でくつろぐのに憧れていたんですが、片方が座って片方が家事をすることが多いです。2人でゆっくりすることもありますが、2人とも動きたくなくて掃除とか片付かないんですよね。大きくてちょっと邪魔だし、要らなかったかな。

なかなか思い描いたように使えないこともあるようですね。一方で、以下のように想定通り活用できている人もいます。

大志さん

(32歳)

まったりしたりイチャイチャしたりするのに大活躍です。

カップルでお互いの性質を見極める必要がありそうですね。

同棲に必要なものは二人で相談しよう!

インテリアの好みや必要だと思うものは、二人で相談して決めましょう。新調が必要なアイテムは二人で一緒に買いに行くと、二人暮らしに向けて気持ちを高めることができます。どんな部屋にしたいか話し合い、素敵な同棲生活を始めましょう!

関連する記事