お料理上達のコツ9選!味音痴でも料理が上手になる方法・爆速で成長する方法も!

お料理は苦手だけど上手になりたいと思う方も多いのではないでしょうか?お料理上達のコツを〈味付け〉〈下ごしらえ〉〈盛り付け〉それぞれご紹介します。味音痴でも料理が上達する方法や、メシマズ嫁を持つ旦那たちの体験談もご紹介しますので、料理上手への参考にしてください。

目次

  1. 料理を上達させるにはコツがあった!
  2. 料理が上達しない人の特徴5つ
  3. お料理上達のコツ〈味付け〉3選
  4. お料理上達のコツ〈下ごしらえ〉3選
  5. お料理上達のコツ〈盛り付け〉3選
  6. 味音痴でも料理が上手になる方法3つ
  7. 料理を爆速で成長・上達させる方法は?
  8. 料理が一切上達しないメシマズ嫁を持つ【旦那の体験談】
  9. 愛情で料理は上達する!

料理を上達させるにはコツがあった!

実は料理を上達させるにはコツがありました。「料理が今よりももっと上手になりたい」「今は全くできないけど、いつか絶対上手になるんだ」と料理上達したいと思っている方のために、料理上達のコツを〈味付け〉〈下ごしらえ〉〈盛り付け〉の順にご紹介します。

また、料理が上達しない人の特徴や料理の腕を急速に上げる方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

料理が上達しない人の特徴5つ

それでは「料理が上達しない人の特徴5つ」をご紹介します。料理が上達しない人には共通点がありました。この項目にあてはまる方は要注意です。自分は中々料理が上達しないな。と考えている方も参考にしていただけたらと思います。どこがいけないのか見直して、料理上達を目指していけたらいいですね。

上達しない人の特徴1. あまりにも大雑把すぎる

初めに、料理が上達しない人の特徴として「あまりにも大雑把すぎる」というものがあります。途中の味見を怠ったり、感覚的な味付けをしてしまう傾向にあるようです。また、料理の種類によっては材料の切り方や味付けなどを変えた方がいい場合がありますが、あまりにも大雑把な方はすべて同じ切り方、同じ味付けとワンパターンになってしまいがちです。

上達しない人の特徴2. 元々料理をする気がない

次に、料理が上達しない人の特徴として「元々料理をする気がない」というものがあります。男性も女性も社会進出し、仕事から帰宅してゆっくり作るのが大変と考える方が多いようです。疲れて帰宅すると、おいしい料理を作って食べたいという気が起きないという方も多いのではないでしょうか。

また、一人暮らしだとなおさら自分のことはどうでもいいや。というようになりがちです。少し大変ではありますが、休日を利用して作り置き冷凍保存して料理上達へ近づく方法もあります。

上達しない人の特徴3. 段取りするのが苦手

次に、料理が上達しない人の特徴として「段取りするのが苦手」というものがあります。〔料理上手は片付け上手〕という言葉があるように、実際に料理上手な方は料理をしながら洗い物をしたり、他の料理の下ごしらえをしたりと段取り上手の傾向があるようです。

例えば、簡単なものでいうとお湯が沸騰するまでの間に野菜を切ったり、先に使っていた鍋を洗ったりと無駄な時間を無くすような動きをしているようです。

上達しない人の特徴4. 面倒くさがり

次に、料理が上達しない人の特徴として「面倒くさがり」というものがあります。料理だけでなく、身の回りのことなど生活全般面倒くさがりの方が多いようです。自分が料理をすることで自分の健康や大切な人の健康を守れると思うと、面倒な気持ちを奮い立たせることができ、料理上達してみたいと思うようになるはずですよ。

上達しない人の特徴5. 食べること、食べ物に興味がない

関連する記事