恋愛依存症の特徴10こ!診断方法やなりやすい人の原因、克服方法も!

恋愛依存症になりやすい人の原因や、克服する方法をご紹介するとともに、「恋愛依存度診断」として7つのチェック項目も紹介していきます。また、【番外編】として、日常生活を送れないほどの末期の恋愛依存症の人たちの壮絶エピソードもありますので、参考にしてみてください。

目次

  1. 恋愛から離れられない…!
  2. そもそも恋愛依存症とは?どんな病気なの?
  3. 恋愛依存症の特徴・症状10こ
  4. 恋愛依存度診断〜7つのチェックリスト〜
  5. 恋愛依存症になりやすい人の特徴・原因は?
  6. 恋愛依存症の克服方法7つ
  7. 【番外編】恋愛依存症末期の人たちの壮絶エピソード
  8. 恋愛は程々に…!

恋愛から離れられない…!

恋愛依存症という言葉を聞いたことはありますか?どんな時でも恋愛のことを考えてしまい、学校、仕事、勉強中など、あらゆる場面で恋愛から離れられない人、そんな人があなたの周りにいませんか?もしくはあなた自身がそうではないですか?恋愛依存症は私生活において害をもたらす、ある種の病気です。

また、恋愛依存症は男性より女性のほうがなりやすいと言われています。ここでは、恋愛依存症の特徴や原因を探り、それを克服する方法もご紹介していきますので、心当たりのある方はぜひ参考にしてみてください。

執着・依存心を手放す方法&その先に起きる5つの幸運!恋愛・仕事など効果絶大!
彼女依存症の男の特徴10選!対処法&治し方は?彼氏の依存度診断も!

そもそも恋愛依存症とは?どんな病気なの?

まずはっきりとさせておきたいのが、恋愛するのが好きで毎日が楽しいといった方は恋愛依存症ではありません。心から恋愛を楽しんでいて、「片想いしているのが好き」「彼氏と一緒にいるのが楽しくて仕方ない」という方は、安心して恋愛を楽しんでください。恋愛依存症というのは言葉通り恋愛に依存しているということです。

わかりやすい使い方としては、たばこのニコチン依存症やお酒のアルコール依存症などがあげられます。ギャンブル依存症などもそうです。それがないと生きていけない、身体にも経済的にも良くないことはわかっているのにやめられないといった具合です。原因がわからず放っておくと、あなた自身が不幸になってしまうかもしれません。

彼氏依存度診断・15のチェック項目!依存しやすい女の特徴や治し方も!
自尊心が低い人の特徴10こ!原因や特有の恋愛傾向は?高める方法も!

恋愛依存症の特徴・症状10こ

ここからは、恋愛依存症の特徴や症状の代表的な例を10こご紹介していきます。自分や周囲の人、彼氏彼女に当てはまっていないか確認してみましょう。

愛することの真の意味|恋愛を、人生を、豊かにする愛に関する金言9つ!

恋愛依存症の特徴・症状①とにかく恋愛していたい

恋愛依存症の大きな特徴や症状としては、とにかく恋愛していたい人が多いことが挙げられます。彼氏や彼女とはもちろんのこと、好きな人がいないということが恋愛依存症の人からするとありえないことなのです。常に好きな人や彼氏彼女がいることが、精神安定剤の役割を担っているようなものなのでしょう。

恋愛依存症の特徴・症状②不安になりやすい

恋愛依存症の人は、日頃から連絡が取れて言葉を交わし合う異性がいないと不安な気持ちになってしまいます。依存する相手がいないと、心のよりどころをどこに向けていいのかわからないのでしょう。

恋愛依存症の特徴・症状③尽くしすぎてしまう

相手に尽くしすぎてしまうのも恋愛依存症の特徴の1つです。求められると断り切れず、言葉通り身も心も全て相手に委ねてしまいます。嫌われたくないから相手の要望に全て応えて、欲しいものは全て与えてしまう人は恋愛依存度はかなり高いです。

恋愛依存症の特徴・症状④必要とされたい

とにかく相手に必要とされたいと願う人も恋愛依存症です。自尊心が極端に低く、相手に必要とされることで喜びを感じる、多くの女性がこういった恋愛依存症に悩まされています。

恋愛依存症の特徴・症状⑤自分に自信がない

恋愛依存症の人は自分に自信のない人が多いです。自分に自信のない分、彼氏に対して足りない部分を補ってもらうような形でそれを求め、結果的に恋愛依存症へとなっていくのでしょう。

恋愛依存症の特徴・症状⑥流されやすい

恋愛依存症の特徴として、流されやすいこともあげられるでしょう。自分が思っていることと違ったとしても、相手に合わせてしまうことが多いはずです。また寂しい時などは、彼氏がいるにも関わらず自分を必要としてくれる男のほうへ行ったりと、良くない行動へと走ってしまうこともあります。

恋愛依存症の特徴・症状⑦現実逃避をしてしまう

嫌なことがあるとついつい現実逃避してしまう人も、恋愛依存症の人の中にはたくさんいます。嫌なことがあればすぐに恋愛脳へとシフトして、ありもしない幸せなことを考えるのです。そうすることで心は満たされ、嫌なことはいつの間に吹き飛んでいるのでしょう。

恋愛依存症の特徴・症状⑧依存症体質

元々依存体質の人は恋愛依存症にもなりやすいかもしれません。ニコチン依存症やアルコール依存症など、何かにしがみつかないと生きていけない体質になってしまっているのです。恋愛依存症はたばこやお酒と違って、直接身体に害をなすものではありませんが、精神的には病気のようなものなので注意が必要です。

恋愛依存症の特徴・症状⑨思い込みが激しい

恋愛依存症の人は思い込みも激しくなります。心理的に情緒不安定で思い込みの激しくなった人は、相手のちょっとした言葉や行動に不安を持ち始めます。「浮気してるんじゃないの」「連絡が来ないから別れ方でも考えているのかな」など、ありもしないことを勝手に想像してしまうのです。

恋愛依存症の特徴・症状⑩四六時中恋愛のことを考えている

恋愛依存症の人はとにかく日常的に恋愛のことを考えてしまいます。四六時中恋愛のことを考えてしまっているので、酷い人は勉強や仕事に集中するのが困難になってしまうことでしょう。早めに病気だと自覚して、症状の改善に向けて努力するべきです。

恋愛依存度診断〜7つのチェックリスト〜

ここでは7つのチェック項目を用意して、あなたの恋愛依存症度を診断していきます。使い方としては、今の心理状態に当てはまるものをチェックして、自分がどのくらい恋愛依存症なのか確認してみましょう。

当てはまる数をカウントしてください。

①常日頃から恋愛に関することを考えてしまう
②一緒にいなくても彼氏彼女(好きな人)の言葉や行動が気になってしょうがない
③自分に自信がない
④相手に尽くしすぎてしまう
⑤彼氏彼女(好きな人)さえいればそれでいい
⑥嫌なことがあると現実逃避をしがち
⑦恋愛をしていないと不安になる

いくつ当てはまりましたか?それでは診断結果を見てみましょう。

診断結果①チェック数1~2【恋愛依存症度30%】
チェックした数が1つ~2つの方は恋愛依存症度30%です。恋愛依存症としては初期段階ですが安心してはいけません。当てはまった項目の理由をしっかりと考えて、これ以上チェック数が増えないように普段の言葉や行動に注意していきましょう。

診断結果②チェック数3~5【恋愛依存症度60%】
チェックした数が3つ~5つの方は恋愛依存症度60%です。少し危険な恋愛依存症状態でしょう。病気の進行を抑えつつ、当てはまる項目を少しずつでも減らしていけるよう頑張ってください。

診断結果③チェック数6以上【恋愛依存症度80%以上】
チェックした数が6つ以上の方は恋愛依存症度80%以上で、言葉通り危険な状態です。このままではあなた自身がだめになっていってしまいます。病気だと自覚して病院で診断してもうなど、早めの対処をし改善していってください。

恋愛依存症になりやすい人の特徴・原因は?

恋愛依存症になってしまう人は多く、特に女性の方がなりやすいとされています。では、恋愛依存症になりやすい人やその原因は一体何なのでしょうか。恋愛依存症になりやすい原因としてあげられるのは、小さい頃の家庭環境、交友関係、思春期の恋愛事情や別れ方などの原因があります。

家庭内で両親などが不仲で別れ方に問題があれば、大人になった自分の性格に直結しますし、交友関係が悪ければ、その喪失感を異性で埋めようとして結果的に依存してしまいます。また、思春期の恋愛は大人になっても忘れることはなく、別れ方など当時に負った傷などが原因で恋愛依存症になったりするのです。

恋愛依存症の克服方法7つ

ここでは「恋愛依存症を治して生まれ変わりたい」といった方に向けて、恋愛依存症を克服するための方法を7つご紹介していきます。これで完全に治るとは限りませんが、治療のための努力をするだけでも、あなたの自信へとつながることは間違いありません。

恋愛依存症の克服方法①自分を好きになる

まずは自分に自信を持つことが大事です。前述した通り、自分に自信がないと余計な考え事をしてどんどん底なし沼にはまっていきます。いきなり自分に自信を持つのも難しいかと思いますので、自身をつけるためにはどんなことをすればいいのかを徹底的に調査していきましょう。

おすすめなのは、髪型やメイクの使い方を変えてみたり言葉の使い方や服装など、普段の生活で使い方を変えれるものから使い方を変えてみることです。そやって徐々に使い方を変えることで、自分への自信がついていくことでしょう。

恋愛依存症の克服方法②他に没頭できるものを見つける

恋愛依存症を改善して克服するためには、恋愛のことをなるべく考えないようにすることです。つまり、恋愛以外で集中できるものを見つければいいんです。一番いいのは何かしらの趣味を見つけることでしょう。料理や裁縫などはすぐに趣味にできますし、使い方次第では女子力アップにもつながるので一石二鳥ですよ。

恋愛依存症の克服方法③友達に頼る

自分一人の力で症状の改善するのが難しいようであれば、友達に頼るのも全然ありです。友達に自分の症状を打ち明けるのは少し勇気のいることですが、あなたの大切な友達です。必ず親身になって聞いてくれることでしょう。また、誰かに症状を打ち明けることで、あなた自身の気持ちも軽くなるはずです。言葉は悪いですが、友達の使い方も克服には大事なのです。

恋愛依存症の克服方法④身体を動かす

恋愛依存症の症状の改善は、身体を動かすことでも可能です。運動などをして身体を動かせばすっきりしますし、身体を動かしていれば恋愛のことを考えることがなくなります。運動は心理的にも精神的にもいいことですし、身体の使い方次第では心身ともに軽やかになることでしょう。

恋愛依存症の克服方法⑤自分としっかりと向き合う

恋愛依存症の症状克服のためには自分自身の使い方も大事で、自分としっかり向き合うのが大切になってきます。今の自分の症状はどの程度のものなのか、一度じっくりと考えてみてはいかがでしょうか。よく考えることで今まで見えてこなかったものが見えてくるかもしれません。

恋愛依存症の克服方法⑥カウンセリングを受ける

本気で恋愛依存症の症状克服を望むのであれば、思い切ってクリニックに行きカウンセリングを受けるのも1つの手です。専門家に話をする使い方で、自分の病気の症状がどの程度のものか把握できますし、症状克服のための適切なアドバイスをもらえることでしょう。

恋愛依存症の克服方法⑦相手と距離を置く

どうしても彼氏のことが頭から離れず悩んでいる人は、症状の克服のために一度彼氏と距離を置いてみてはいかがでしょうか。恐らく彼氏は理由を訪ねてくるはずですが、恋愛依存症を克服するためだと正直に伝えれば、彼氏も納得してくれるはずです。

もし別れることになったら、お互いに納得のいく別れ方にしましょう。別れ方によっては嫌な別れ方をしてしまったとあなたの脳に埋め込まれることになるので、すっきりとした別れ方をして後腐れのない別れ方にしましょう。

【番外編】恋愛依存症末期の人たちの壮絶エピソード

恋愛依存症は、好きな人の彼女になるとその人に依存する傾向があります。「彼女として尽くさないと」「ずっとこの人の彼女でいたい」と考えるようになり、最終的には彼氏以外何も残らないといった落とし穴が待ち受けているかもしれませんので注意してください。

恋愛は程々に…!

この世に生を受けた以上、子孫を残し次の世代へと意志を継がせるためにも恋愛は切り離すことができません。しかし、それにのめり込みすぎてもダメです。この世には恋愛以外にも楽しいことは山ほどあります。恋愛できないからといって死ぬわけではありません。まずは自分自身が幸せになることを考えて、依存しない恋愛を楽しんでください。

関連する記事