100均の石鹸置きオススメ15選!ダイソー・セリアなど!溶けないタイプも!

100均の石鹸置きについて〈ダイソー〉〈セリア〉〈キャンドゥ〉など店別にオススメ15選をご紹介します。また、100均の石鹸置き設置の際の【ポイント】や購入した人の【口コミ・体験談】などもご紹介します!その他、石鹸置きの【代用法・作り方】も!

目次

  1. 100均の石鹸置きが種類豊富で便利!
  2. 100均の石鹸置きの材質タイプはどんなものがある?
  3. 100均【ダイソー】のおすすめ石鹸置き6選!
  4. 100均【セリア】のおすすめ石鹸置き6選!
  5. 100均【キャンドゥ】のおすすめ石鹸置き3選!
  6. 100均の石鹸置きを設置する際に石鹸が溶けない【ポイント】は?
  7. 100均の石鹸置きを選ぶ際の【注意点】4つ
  8. 100均の石鹸置きの購入した人の【口コミ・体験談】
  9. 100均の石鹸置きの便利な【活用術】も紹介
  10. 100均の石鹸置きの【代用法・作り方】を紹介!
  11. 100均の石鹸置きをつかってお風呂場を綺麗に!

100均【キャンドゥ】のおすすめ石鹸置き3選!

キャンドゥの石鹸置きをご紹介します。100均にはダイソーやセリアもありますが、キャンドゥの石鹸置きは一味違うといった商品が多いのが特徴です。最近は、手作りの石鹸ラックを作ったり、石鹸そのものを手作りするのが流行っていますよね。セリアの石鹸置きは、まさにそういったハンドメイドとの相性抜群なデザインのものが多いですよ!

①100均《キャンドゥ》の石鹸置き*グリーンソープディッシュ

グリーンソープディッシュです。さすが、キャンドゥですね。とてもおしゃれでかわいいです。こちらは、お風呂場でも洗面所でも設置可能ですが、少し横幅が広いため安定した場所に設置するようにしましょう。きれいな緑の上に、手作りのカラー石鹸を置いたらテンションがあがりそうですね。普通の石鹸でも充分かわいいです。

ただし、こちらの石鹸置きをお風呂場に置く際はなるべく水がかからないところに設置するのが石鹸が溶けないポイントとなりそうです。

②100均《キャンドゥ》の石鹸置き*うさぎの石鹸置き

かわいいうさぎの石鹸置きです。キャンドゥのキャラクターもかわいいですね。シンプルな石鹸置きなので、お風呂場よりは洗面台やシンクなどで使用するのが良いでしょう。水が溜まり過ぎると石鹸が溶けてしまうので気を付けましょう。また、どうしても石鹸が溶けないようにしたいという人は100均ではありませんが、マグネット式の石鹸置きが人気のようです。

③100均《キャンドゥ》の石鹸置き*珪藻土石鹸置き

珪藻土を使ったキャンドゥの石鹸置きです。これ、どこかで見た事あると感じた人多いのではないでしょうか。実は、同じ100均であるダイソーにも、石鹸置きではないですがコースターとしてこちらの素材が使われたものがあるんです。しかし、こちらのキャンドゥは石鹸置きなので幅など大き目にできていますね。

置き場所さえ確保できれば、お風呂場でも洗面台でも設置可能です。水も良く吸収してくれるため、比較的石鹸が溶けないタイプの石鹸置きといえるのではないでしょうか。シンプルなデザインなので手作りのカラフルな石鹸をおいてもかわいいですね。

(こちらの記事も参考にしてみてくださいね)

コストコの石鹸おすすめ5選!固形石鹸・ボタニカルソープなどコスパや成分を徹底解説!

100均の石鹸置きを設置する際に石鹸が溶けない【ポイント】は?

100均の石鹸置きは優秀なものが多いですが、それでも石鹸が溶けないか心配という人も多いでしょう。一体どんなことに気を付ければ、石鹸を溶かすことなく長く使い続けることができるのでしょうか?最近は石鹸の手作りなども流行っており、気に入っている石鹸ならなおのこと長持ちしてほしいものですよね。

①石鹸が溶けないポイント*水が直接かかるところにおかない

石鹸が溶けてしまう多くの原因は水やお湯がかかることによるものですね。気づいたら、石鹸置きの下がベタベタになっていたという経験ありませんか?溶けないように工夫するのであれば、水が直接かかるところは避けましょう。

②石鹸が溶けないポイント*洗面台やお風呂場から浮くように設置する

洗面台やお風呂場に設置する時は、吸盤やマグネットなどを使って石鹸置きが浮くように設置するのも良いですよ。水をしっかり切ることができるという点がポイントですね。吸盤は掃除や取り外しが楽ですがマグネットは見た目がスタイリッシュですね。ただし、残念ながらマグネット式の石鹸置きは今のところ100均では販売されていないようです。

関連する記事