彼氏を依存させる方法20選!恋愛心理学で離れられない女になるテクニックを解説!

彼氏を依存させる方法で、離れられない女になれます!彼氏を依存させる方法を〈行動〉〈言動〉〈LINE・メール〉別に20選ご紹介。さらに、彼氏に依存されるメリット・デメリットやみんなの体験談、彼氏の依存度を確かめる5つのチェック項目も!

目次

  1. 彼氏に依存されたい?恋愛心理学で離れられない女になるテクニックとは?
  2. 彼氏を依存させる方法!【行動】7選!
  3. 彼氏を依存させる方法!【言動】7選!
  4. 彼氏を依存させる方法!【LINE・メール】6選!
  5. 彼女に依存しやすい男性の特徴は?
  6. 彼氏に依存される女性の特徴は?
  7. 彼氏に依存されるメリット・デメリットは?
  8. 依存させると恋愛は上手くいく?みんなの体験談!
  9. あなたは依存されてる?彼氏の依存度を5つのチェック項目で診断してみよう!
  10. 彼氏を依存させるテクニックをマスターしよう!

彼氏を依存させるには、時には甘えてみる言動も大切です。しばらく会えない時などに「○○が側にいないと不安」や「一緒じゃないと寂しい」と伝えましょう。彼女にたまに甘えられると、男性はぐっとくるはずですよ。

10. 彼氏を依存させる方法・言動編【人と会う約束がある】

彼氏を依存させるテクニックとして有効なのが、謎な部分をちらつかせ彼氏の頭を自分でいっぱいにすることです。例えば、デートの誘いを断る時などに「人と会う約束があるから会えない」と伝えるのもよいでしょう。

彼氏の心と頭は、「誰と会うの?」や「自分とのデートより優先させたい相手は誰?」と不安でいっぱいになります。不安や心配も、彼女に依存しやすくなる心理の1つです。

11. 彼氏を依存させる方法・言動編【たくさん褒める】

男性は自己顕示欲の強い生き物です。認められると嬉しくなり、相手にもっと褒めてほしいと思うようになります。そのため彼氏を依存させるテクニックとして、とにかく褒めるというのも有効手段といえるでしょう。特に、仕事面を褒めると男性は喜びます。彼女にもっと褒めてほしいという思いが、依存心へと繋がるのです。

12. 彼氏を依存させる方法・言動編【たくさん好きと言って徐々に減らす】

付き合い始めは「好き」とたくさん伝え、徐々に回数を減らすのも彼氏を依存させるテクニックとして有効です。男性は「最近好きって言わなくなったな」と不安な心理になり、彼女に依存しやすくなります。

大学生

10代

彼氏にいっぱい好きって言ってしばらくしてから言わなくしたら、見事に依存されたよ。男性心理的に、このテクニックは本当おすすめ。

13. 彼氏を依存させる方法・言動編【あなたにはガッカリ】

喧嘩の時などに、彼氏に「あなたにはガッカリした」と伝えてみましょう。幻滅されたことにショックを受け、なんとか彼女の気持ちを取り戻したいと彼氏は必死になるはずです。必死になればなるほど、彼女に対する依存心も強まります。ただし、喧嘩が大きすぎるとその一言が破局の原因にもなりかねません。喧嘩の雰囲気や状況をしっかり見極めて使いましょう。

14. 彼氏を依存させる方法・言動編【いつでも頼ってね】

頼りがいのある自立した女性に、男性は依存しやすい傾向にあります。頼りがいを態度で示すのが難しいのなら、言葉で伝えてみてもよいでしょう。「いつでも頼ってね」と伝えることで、どんな彼氏も受け入れてあげるという度量を感じさせることができます。

また、彼氏は「いつでも助けてもらえる」という安心感を持つことができ、彼女に依存するようになるでしょう。

彼氏を依存させる方法!【LINE・メール】6選!

LINEやメールでも、彼氏を依存させることは可能です。ここからは、彼氏を依存させるLINEやメールの方法について詳しく解説していきます。

(彼氏が喜ぶ言動や行動については以下の記事も参考にしてみてください)

彼氏が喜ぶこと15選!言葉や行動など愛される彼女になるための秘訣を紹介!

関連する記事