双子の出産費用は?帝王切開・自然分娩別に!保険・補助制度の給付額も調査!

双子を出産した先輩ママの体験談をはじめ、帝王切開・自然分娩別にかかる費用、保険・補助制度など双子を出産する前に知っておくべきことを紹介しています。双子の出産費用を抑えるコツも紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

目次

  1. 双子の出産はどんな感じだった?〜先輩ママの体験談〜
  2. 双子の出産でかかる費用は?帝王切開・自然分娩別に!
  3. 保険・補助制度など双子の出産前に知っておくべきこと
  4. 双子の出産費用を抑えるコツ
  5. 双子を出産する前に正しい知識をつけておこう!

双子の出産はどんな感じだった?〜先輩ママの体験談〜

双子の出産はどのようなものだったのか、双子を出産したママの声を紹介します。帝王切開で双子を出産したママと、自然分娩で双子を出産したママの体験談を紹介しましょう。

先輩ママの体験談【帝王切開で小さな双子を出産】

産後1ヶ月ママ

20代

妊娠8ヶ月の後半に帝王切開で双子を出産しました。どちらも小さな赤ちゃんで1ヶ月入院してやっと退院できまるのでほっと一安心。小さいながら元気に育ってくれていることに感謝です。

双子を妊娠した場合は、赤ちゃんはどちらも低体重で生まれることが多くなります。経産婦さんの場合はお腹の中の双子の赤ちゃんは小さいことが多いので、自然分娩で産む時に楽に産めるケースもあります。しかし、ほとんどの場合はハイリスクな自然分娩は行わず、帝王切開で双子を出産することになるでしょう。

先輩ママの体験談【開腹手術に緊張した】

双子の女の子のママ

30代

双子の赤ちゃんはどちらも2000g未満で、とても小さくて驚いたけどNICUに入って元気に過ごしてるみたい!開腹手術でドキドキだったけど、赤ちゃんに会えたら痛みとか忘れるほどの可愛さだった!

小さく生まれた赤ちゃんは、元気になるまでNICUで(新生児特定治療室)で適切な処置が行われます。赤ちゃんの回復が遅かったり思うように体重が増えない場合は、入院が延びるのでその分費用も加算されることになるでしょう。

先輩ママの体験談【出産費用が気がかりに】

3児のママ

20代

双子妊娠した時に1番気がかりだったのは、出産費用がかかることだった。帝王切開で出産して費用は平均よりも高かったけど、医療保険に入っていたから給付金もあって実費はかからなかったのは本当に助かった!

双子は妊娠し出産に至るまで何があるかわかりません。双子は出産の費用が高くかかることがありますが、民間の医療保険で給付金が出たり補助制度を使って安く済んだというママも多くいます。

先輩ママの体験談【双子を自然分娩で出産】

男女の双子ママ

20代

最近は双子の自然分娩は少ないって聞いたけど、赤ちゃんがどちらも頭が下になってるってことで自然分娩で出産!赤ちゃんはすごく可愛いけど、本当に疲れて陣痛中に一瞬寝て寝言まで言ってしまったよ…。

双子を自然分娩で産む方法はハイリスクのため、帝王切開で出産するケースが多くなります。しかし、赤ちゃんもママも元気で最低限のリスクが回避されている場合は、病院によっては自然分娩で産めるところもあります。

先輩ママの体験談【帝王切開で体の回復に時間がかかった】

主婦

40代

今は3人の子供の育児中で、下の子は双子です。上の子は自然分娩、下の双子はリスクを考えて帝王切開で出産。帝王切開は体の回復が遅くて、産後1ヶ月が大変だった思い出があります。

リスクを考えて双子を帝王切開で出産するママは多いですが、そのあとの体の回復が遅く体調管理に苦労する人もいます。しかしそれも人それぞれなので、双子の場合は特にママと赤ちゃんが安全な方法で出産するのが望ましいですね。

(産後1ヶ月までの過ごし方については以下の記事も参考にしてみてください)

産後1ヶ月の『床上げ』までの過ごし方は?家事・外出などの注意点を解説!

双子の出産でかかる費用は?帝王切開・自然分娩別に!

単胎で出産にかかる費用は自然分娩で平均50万円前後、帝王切開では平均で55万円前後かかると言われていますが、双子の場合はどのくらいの費用がかかるのでしょうか。ここからは帝王切開と自然分娩で出産した場合に分けて、平均的な費用も紹介します。

(出産費用については以下の記事も参考にしてみてください)

出産費用の平均は50万円前後!?費用の内訳や補助金は?

双子の出産でかかる費用【帝王切開】

双子を帝王切開で出産した時の費用は平均で60~80万円くらいです。双子の場合では早産になる可能性が高く、出産前から入院するケースや産後の入院が延びた場合は、その分入院費が高くなります。また、双子の場合はどちらの赤ちゃんも小さめに生まれてくることが多く、その場合は生まれてすぐにNICUでの処置が必要になるでしょう。

NICUでの処置は双子なので2人分になりますし、そのほか赤ちゃんやママにかかる処置が多ければ総合的に帝王切開での出産費用は高くなります。しかし、出産一時金の制度を使えば、赤ちゃん一人当たりにつき42万円の給付金を受け取ることができるのです。

双子だと給付金は84万円になるので、出産一時金の給付金で出産費用をカバーできてしまう場合が多いでしょう。

(帝王切開については以下の記事も参考にしてみてください)

帝王切開後の悪露は少量で長引く?いつまで鮮血が出る?自然分娩との違いも!

双子の出産でかかる費用【自然分娩】

双子を自然分娩で出産するのはハイリスクと言われていますが、自然分娩で出産した時の費用は平均50~65万円くらいになります。自然分娩での出産は入院日数が短くて済んだり、麻酔代や投薬代が帝王切開よりもかからないことも安く済む理由です。しかし新生児介補料は2人分かかりますので、単胎を出産した場合よりも平均費用は高くなっています。

保険・補助制度など双子の出産前に知っておくべきこと

双子の出産は単胎と比べて費用がかかると思われていますが、民間の生命保険会社や補助制度を活用すれば、費用についてそれほど心配しなくて済みます。ここからは、保険や補助制度について紹介しましょう。

出産一時金

健康保険に加入しているか健康保険の被扶養者であれば、出産一時金として1人の子供に対して42万円の給付金が支払われる制度です。双子になると2人分なので、84万円の給付金が支払われることになります。

健康保険・民間の医療保険

帝王切開で出産の場合は、自然分娩とは違って手術となるので健康保険が適用されて、3割負担で済みます。また、民間の医療保険では帝王切開が保険金の給付の対象となるので、妊娠前に医療保険に加入しておくといいでしょう。その場合は給付額がいくらになるのか、事前に調べておくと手続きも滞りなく進めることができます。

妊娠がわかった後では医療保険に加入できなかったり、加入できても帝王切開が給付の対象にならない場合があるので注意が必要です。

高度療養費制度

高度療養費制度とは、帝王切開や入院が長引いて医療費が高くなってしまった場合に、自己負担限度額を超えた金額が払い戻される制度です。自己負担限度額は月給に基づいて計算されるのでそれぞれ金額は違いますが、高額な医療費を支払わなくて済むので安心ですね。

直接支払制度

妊婦さんや夫が入っている健康保険組合に、直接病院側が出産一時金の費用を請求する直接支払制度という制度があります。出産費用が60万円で出産一時金の給付金が84万円なら、出産費用の60万円を健康保険組合に病院がそのまま請求するので、妊婦さんは病院の窓口で費用を支払わずにすむのです。

かかった費用が85万円だった場合は、給付金の84万円を引いた差額の1万円を窓口で支払うことになります。給付金より出産費用が少なかった場合は申請をしてその差額が給付されますので、出産費用などくわしくは出産する病院に聞いてみてくださいね。

双子の出産費用を抑えるコツ

双子の出産費用はできるだけかからないようにしたいですが、出産費用を抑える方法にはどのようなものがあるのでしょうか。ここからは、双子の出産費用を抑える方法について紹介します。

双子の出産費用を抑える方法【費用の安い病院を選ぶ】

費用の安く済む病院を選ぶのも、出産費用を抑える方法の1つです。個人病院で双子を出産できる病院もありますが、産後にエステができたりカフェが併設しているなど豪華な設備がついていて費用が高くつく場合があります。また、個人病院だと個室の場合が多いので入院費も高くなることが多くなります。

一方で総合病院は大部屋だったり個人病院よりも費用がかからないことが多いので、総合病院のような費用のかからない病院を選ぶと良いでしょう。

双子の出産費用を抑える方法【事前に医療保険に加入しておく】

双子の場合はハイリスクな自然分娩よりも、リスクの少ない帝王切開で出産する場合が多いでしょう。赤ちゃんやママの状態によっては帝王切開の費用が高くかかってしまうかもしれません。しかし、妊娠がわかる前に民間の医療保険に加入していれば、帝王切開で給付金が支払われますので安心できますね。

妊娠してからでは医療保険に加入するのが難しくなりますが、保険会社によっては妊娠初期なら加入できるところもあるので、医療保険の加入を考えておくことをおすすめします。

双子の出産費用を抑える方法【医療費控除】

1年間でかかった医療費が10万円を上回る場合に、規定の手続きをすると税金が安くなる医療費控除という制度があります。出産費用も医療費控除の申告ができるので、出産したらその年は確定申告を行うようにすると良いでしょう。

(医療費控除については以下の記事も参考にしてみてください)

出産費用を医療費控除(確定申告)で節約!対象者や注意点など!

双子を出産する前に正しい知識をつけておこう!

双子を出産した体験談や双子を出産する時の平均費用、双子を出産する前に知っておく保険や補助制度、双子を妊娠した時の出産費用を抑える方法を紹介しました。双子の出産費用が高くついても、保険や補助制度をうまく使うことで出産費用は抑えられます。保険や補助制度をあらかじめ知っておくと安心ですね。

関連する記事