エコー写真の見方を妊娠時期別に解説!保存方法や性別・ダウン症を判断できる方法も

エコー写真の見方を、2D・3D・4Dなどエコー写真の種類や、妊娠2ヶ月〜10ヶ月の妊娠時期別のエコー写真の見方など詳しく紹介します。また、エコー写真から性別・ダウン症・流産・子宮や卵巣の病気・卵巣を確認する方法や、エコー写真のおすすめの保存方法も紹介します。

目次

  1. エコー写真とは?
  2. エコー写真の種類
  3. 妊娠時期別のエコー写真の見方
  4. エコー写真での胎児の性別の見分け方は?
  5. エコー写真でダウン症かどうか判断できる?
  6. エコー写真で流産や子宮・卵巣の病気・排卵まで見えるって本当?
  7. エコー写真のおすすめの保存方法
  8. エコー写真の見方をマスターしよう!

エコー写真とは?

みなさんはエコー写真がどんなものか知っていますか?妊娠がわかると定期的に妊婦健診を行いますが、そのときに行う超音波検査をエコーと呼びます。そのエコーで映し出された結果を写真にしたものが、エコー写真です。最初はエコー検査に慣れないかもしれませんが、お腹の中で成長していく胎児が見られるため、次第に楽しみになっていく人も多くいます。

エコー写真は、生まれる前とはいえママにとっては大事な赤ちゃんの写真です。妊婦健診でエコー写真をもらうたびに、大事に保存しているママは多いでしょう。また、ただ赤ちゃんの様子を観察するものではなく、順調に赤ちゃんが育っているかどうかをチェックする大事な検査でもあります。

医師はエコー検査で、赤ちゃんの臓器の発達が順調に進んでいるかや、胎盤にトラブルがないかなどを確認しています。

エコー写真の種類

エコー写真には種類があることを知っていますか?妊婦検査や、その他の病気を調べるために一般的に使われているのは2Dエコーです。続いて、立体的に捉えることができる3Dエコー、そして立体的かつ動画として見ることができる4Dエコーがあります。

お腹の中の赤ちゃんを立体的な動画で見られるなんて、ママやパパにとっては励みになりますよね。

2Dのエコー写真

現在でもエコー検査といえば、2Dエコーが一般的ですね。2Dエコーの特徴は、平面であることです。そのため、立体的な表現はされません。2Dエコーでの赤ちゃんの見方は、白い部分が骨、グレーの部分は内臓や脂肪・筋肉、黒い部分は羊水や血液です。

2Dのエコー検査は、妊娠初期には経膣法で行われます。経膣法は、検査器具を膣の中にいれて検査する方法です。リラックスしていれば、ほぼ痛みはありません。妊娠中期になると、経腹法といって、お腹の外からエコーを当てて検査するようになります。

3Dのエコー写真

2Dのエコー写真は平面であることが特徴でしたが、3Dエコーでは胎児が立体的に見えます。3Dエコーの場合は、経腹法で検査を行います。胎児の様子が立体的に表現されるため、胎児の向きによっては表情がわかることもありますよ。また、どちらを向いていても、どんな格好で寝ているかなどの仕草がわかるのも嬉しいですよね。

お腹の中の赤ちゃんをより身近に感じられるのではないでしょうか。

1児のママ

30代前半

妊娠中期を過ぎてからはじめて3Dのエコー検査を受けました。近所の産婦人科にはおいてなかったので、わざわざおいてある病院にいってエコー検査をやってもらいました。旦那にはそこまでしなくてもって言われましたが、行ってみて良かったです。感動しました。

3Dエコーは検査器具がおいてある病院と、そうでない病院があります。最初から、3Dエコーでのエコー写真を希望するのであれば、病院を選ぶときに確認するといいでしょう。エコー写真を思い出に残したい人にとっては、2Dと3Dでは大きな差がありますよね。のちほど、エコー写真の保存の仕方についても紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

妊娠6ヶ月

20代後半

先日、はじめて3Dエコーをやってもらいました。赤ちゃんの姿が立体的に見えるっていうのは聞いていたんですが、想像以上に顔がしっかりと見えてとても感動です。鼻のかたちがパパにそっくりで、我が家ではその話題でもちきりです。早く生まれてきてほしいなぁ。

3Dエコーでは、赤ちゃんの顔や身体をより鮮明に見ることができます。エコー検査をしたときの、体勢や向きによっては、目元や口元などの特徴もしっかりと見えますよ。妊娠・出産を不安に感じるママは多いですが、より鮮明な赤ちゃんの姿を見て励みになったという人もたくさんいます。

4Dのエコー写真

立体的な3Dエコーが動画として見ることが出来るものが、4Dエコーです。4Dエコーは、経腹法で検査を行います。赤ちゃんが今どのように過ごしているかなどを、リアルタイムで見ることができます。4Dエコーは、病院によっては導入していないこともありますので、かかりつけの病院に確認してみましょう。

また、4Dエコーで赤ちゃんの様子を見ることができるのは、妊娠10週くらいが目安といわれています。こちらも、病院によって検査できる時期が違うことがありますので、病院や担当医師に相談するといいですね。

妊娠時期別のエコー写真の見方

妊娠がわかってからのエコー検査は、日々赤ちゃんの成長が確認できるため、楽しみにしているママやパパも多いでしょう。しかし、エコー写真は白黒で見づらいうえに、写真の隅に記載されている内容もアルファベットばかりです。せっかく赤ちゃんのエコー写真をもらったのに、見方がわからないのはもったいないですね。

こちらでは、妊娠時期別のエコー写真の見方について、紹介します。

妊娠2ヶ月

hikaru052144さんの投稿
61880385 176088453412297 4905892976068096875 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

妊娠2ヶ月のときの赤ちゃんは、エコー写真で見てもまだよくわかりません。全体的に白くモヤっとしている印象ですが、その中に黒い袋のようなものが見えるはずです。これは、赤ちゃんが入っている胎嚢と呼ばれる袋です。このとき、赤ちゃんは胎芽といわれる二頭身の状態にあります。妊娠2ヶ月後期になると、心拍の確認ができることもありますよ。

(妊娠初期のエコー検査については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期のエコー検査(超音波検査)は重要!流れや目的は?体験談多数!

妊娠3ヶ月

妊娠2ヶ月のときに見えた胎嚢のなかに、小さいですが白く胎児の形をした赤ちゃんが、見えるようになります。ただこの段階では、まだ頭や身体の区別はつきません。妊娠3ヶ月になると、胎児と呼ばれるようになります。さらに妊娠10週を過ぎると、赤ちゃんが手足を動かしているところを見ることもできますよ。

(妊娠10週のつわりやエコー写真については以下の記事も参考にしてみてください)

【医師監修】妊娠10週はつわりが軽くなる?エコー写真は?10週の壁はある?

妊娠4ヶ月

___koo3.8さんの投稿
61547679 111883013255716 2303629006497840359 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

妊娠4ヶ月では、ようやく頭と身体の区別がつくようになります。エコー写真で見る妊娠4ヶ月の赤ちゃんはまだ小さいですが、実は内臓の形成はほぼ完成しています(※1)。タイミングがいいと、エコー検査のときに手足を動かす姿や、おしっこをしている姿を見ることもできますよ。

また、赤ちゃんが大きくなるとエコー検査をしても、一部しか見ることができません。身体全体が映る妊娠4ヶ月頃のエコー写真は貴重といわれています。また、3Dや4Dのエコー写真では、よりくっきりと赤ちゃんの様子が映し出されます。赤ちゃんの体勢によっては、へその緒が見えることもありますよ。

妊娠5ヶ月

妊娠5ヶ月頃のエコー写真では、男の子か女の子なのか区別がつく時期でもあります。男の子か女の子か性別を判断する際は、股を見ますが、赤ちゃんの体勢や向きによってはよく見えないことも多くあります。そして、妊娠5ヶ月のエコー写真では、黒く映っていた胎嚢よりも赤ちゃんの方が目立ってくるでしょう。ママやパパにとって、エコー写真を見るのが楽しい時期ですね。

妊娠6ヶ月

y.r_0605さんの投稿
62017457 385636885379572 9100054252402195959 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

妊娠6ヶ月のエコー写真では、頭蓋骨や肋骨など身体の骨が、成長していく様子がわかります。エコー写真での骨は白く映るため、赤ちゃんの背骨はママやパパが見ても判断しやすいでしょう。また、妊娠6ヶ月になると赤ちゃんも大きくなってきます。赤ちゃんの身体全体が映るのは妊娠4~5ヶ月頃までが一般的です。

この時期からは、エコー写真の中に赤ちゃんの身体がすべて収まらない大きさになってきます。また、3Dや4Dエコーで見る赤ちゃんはかなり立体的で、場合によってはママとパパのどちらに似ているかなど、顔の特徴までよく見えるようになってきます。

妊娠22週目

20代後半

妊娠6ヶ月の時期になると流産から早産になります。流産してしまうのと、早産でもいいから生まれてくるチャンスがあることは、わたしの中では大きな違いです。ママもがんばるからもっともっと大きく育ってほしい。妊娠って奇跡なんだなってつくづく思います。

妊娠5ヶ月の時点で、赤ちゃんの臓器はほぼ完成しています。6ヶ月になると骨が形成されてくるのが、エコー写真を見てもわかります。また、流産の兆候については、エコー検査でわかることもありますので、妊婦検診は必ず受診しましょう。

(胎児の状態については以下の記事も参考にしてみてください)

【医師監修】妊娠21週の妊婦・胎児の状態は?症状と注意点!エコーの様子は?

妊娠7ヶ月

妊娠7ヶ月のエコー写真では、かなり大きくなった赤ちゃんを確認することができます。エコーで見てもしっかりと、顔の表情や形、まぶたなどがわかります。また、妊娠7ヶ月になると、大脳が発達してきます。そのため、赤ちゃんが自分の意思で手足を動かすようになる時期です(※1)。4Dエコーを使うと、赤ちゃんが動いている姿を見ることができるでしょう。

(妊娠23週のエコー写真や胎児の様子については以下の記事も参考にしてみてください)

【医師監修】妊娠23週の妊婦・胎児の状態は?症状と注意点!エコー写真の画像も!

妊娠8ヶ月

さて、いよいよ妊娠8ヶ月になると、赤ちゃんもかなり大きくなってくる頃ですね。この頃の赤ちゃんのエコー写真は、赤ちゃんの表情や顔の特徴など細かい部分まで見ることができますよ。特に3Dや4Dエコーでは、両親に似ているパーツなどを見つけることもできます。

ただ、妊娠8ヶ月は赤ちゃんの大きさが40cm以上になってくるため、身体全体が映らないことが多くなります。

妊娠9ヶ月

残念ながら妊娠9ヶ月のエコー写真では、赤ちゃんの身体全体を確認することはできなくなってしまいます。大きくなった赤ちゃんにとってママの子宮が狭くなってくる頃で、赤ちゃんも自由に身動きが出来なくなってきます。

この時期の3Dや4Dのエコー写真では、赤ちゃんの表情や顔の形、寝顔などはっきりと見ることができます。

妊娠10ヶ月

kiyomin28さんの投稿
61758093 2239815019405013 3514879871831970133 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

妊娠10ヶ月のエコー写真では、頭が骨盤の方に向いた状態で赤ちゃんの顔を見ることになります。そろそろ出産に近づく時期のため、頭が自然と骨盤側に固定されてくるからです。3Dや4Dのエコー写真では、生まれるときの顔にかなり近づいてきます。生まれたあとに、エコー写真と比較してみるのもいいですね。

エコー写真での胎児の性別の見分け方は?

エコー写真で赤ちゃんが男のか女の子なのか、見分けはつくのでしょうか。お腹の赤ちゃんが男の子か女の子か早く知りたいと、楽しみにしているママやパパは多いですね。男の子と女の子では、出産後に用意するものも違ってきますし、男の子か女の子で名前も変わってくるでしょう。こちらでは、エコー写真で見る赤ちゃんの性別の見方について紹介します。

女の子の場合

papa_mesenさんの投稿
47582689 216080279338948 4895504387072790236 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

お腹の中の赤ちゃんが女の子だと、エコー写真で見たときに、股に割れ目が見えることがあります。しかし、ママがエコー検査をするときに都合よく足を開いていてくれるかは、わかりません。また、割れ目だと思っていたら、へその緒が絡んでいただけだったということもあります。

女の子か男の子かを判断するのは、1回のエコー検査では難しいでしょう。

妊娠21週

30代前半

そろそろエコー写真みたら性別がわかるかなーって思って検診にいったけど、残念ながらまだわからなかった。エコー写真見せてもらったけど、なぜかきれいに正座したような体勢で足を曲げてて思わず笑っちゃった。性別まだわかんないけど楽しみが先に延びたって思うことにした。

性別がわかるタイミングは人によって違います。焦らずにゆっくりと待ちましょう。

男の子の場合

r10.8ma10さんの投稿
22071257 1898372657094875 4388318315689279488 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

男の子の赤ちゃんだった場合は、股の間に男性器が見えることで判断がつきます。しかし、エコー検査のときに股が見えるわかりやすい恰好でいるかどうかはわかりませんので、やはり何回かエコー検査をしてからの判断となるでしょう。また、男の子とはいえ赤ちゃんの男性器はまだ小さく、股の間に入って隠れてしまうこともあります。

ずっと女の子だといわれていたのに、妊娠後期になってから男の子だったと発覚することもあります。

妊娠24週目

30代前半

先日の妊婦検診で、赤ちゃんの性別が男の子だってわかりました。よく男の子を妊娠してるとママの顔つきがキツくなるとかいろいろことを言われてるけど、私の予想は男の子で見事的中!旦那は女の子がよかったみたいだから、ちょっと落ち込んでた。

赤ちゃんの性別がわかると、生まれてから必要なものなど用意しやすくなりますね。性別に限らず、元気に産まれてきてくれることがなによりですね。

(胎児の性別の判断については以下の記事も参考にしてみてください)

胎児の性別の判断はいつからつく?間違いもある?エコー写真で見分け

エコー写真でダウン症かどうか判断できる?

現代では、医療が発展してきましたよね。エコー写真も、最初は2Dエコーだったのが、今では3Dや4Dエコーを導入する病院が増えています。では、エコー写真から赤ちゃんがダウン症かどうかを判断することはできるのでしょうか。

ダウン症の特徴があるかの確認は可能

赤ちゃんがダウン症の場合は、鼻が低い、首の後ろ側がむくんでいるなどの特徴があります。これらの特徴をエコー写真で確認することは可能です。しかし、エコー写真でダウン症の特徴が確認できたからといって、それだけでダウン症と診断されることはありません。

ダウン症の診断はエコー写真のみでは不可能

エコー写真でダウン症の特徴があると確認された場合は、赤ちゃんがダウン症かどうか詳細に検査をして調べる必要があります。その後、定期的な検診を受け、観察を継続したうえで、医師からダウン症かどうかの診断がされます。赤ちゃんのことで不安なことがあれば、早めに医師に相談しましょう。

(エコー写真から見るダウン症の特徴については以下の記事も参考にしてみてください)

【医師監修】ダウン症はエコー写真でいつからわかる?特徴は?画像や体験談も!

エコー写真で流産や子宮・卵巣の病気・排卵まで見えるって本当?

ダウン症については、エコー写真のみで判断することはできませんでしたが、流産や子宮・卵巣の病気などについてはどうなのでしょうか。こちらでは、エコー検査で見える流産や子宮・卵巣の病気などについて詳しく紹介します。

排卵

排卵の有無をエコー写真でチェックすることができます。排卵前になると卵巣が大きくなり、排卵後には卵巣が小さくなります。この卵巣の大きさをエコーで経過観察することによって、排卵の時期を予測することができるのです。エコー写真で排卵のチェックをする場合は、経膣法で検査を行います。

子宮や卵巣の病気

普段から、定期的に婦人科で検診を行っている人は、少ないですよね。妊娠してからはじめてエコー検査を受けたときに、卵巣腫瘍や子宮筋腫など婦人科系の病気が見つかることもあります。妊娠初期のエコー検査では、経膣法といって膣の中に器具いれて検査をする方法で行います。

妊婦検査でエコー写真を確認するつもりが、思わぬ婦人科系の病気が見つかることもあるのです。

流産

では、流産に関しては、エコー写真を見ればわかるのでしょうか。もしも、流産になってしまう場合は、お腹の痛みが強かったり出血があったりという症状があります。エコー検査では、胎児の心拍確認ができない、胎嚢が見えないなど流産への兆候を確認することが可能です。

しかし、エコー写真だけでママやパパが勝手に判断するのはとても危険です。わからないことや不安なことは医師に確認しましょう。

妊娠11週

20代前半

妊婦検診で最初心拍確認ができなくて、まさか流産かと思って一瞬凍り付いた。そのすぐあとに、先生が「しっかり動いてますよ」って言ってくれて、ほんとよかった。変な間をあけて眉間にしわを寄せられると、不安になっちゃうよね。

妊婦検診でエコー写真をもらえることは、ママやパパにとって嬉しいことですし、楽しみでもありますよね。しかし、自分たちで勝手に判断してしまうのは危険です。医師の意見をしっかりと聞くようにしましょう。

エコー写真のおすすめの保存方法

エコー写真は妊娠中のママにとっては、とても励みになるものですよね。また、赤ちゃんが無事に生まれたとしても、ずっとエコー写真を大事に保存しておきたいと考える人は多いのではないでしょうか。しかし、エコー写真は時間の経過とともに消えてしまいます。なぜなら、エコー写真は感熱紙でできているからです。

感熱紙は熱によって色が変化する紙で、長期保存には不向きです。また、熱に反応するため温かい場所に置いておくと、黒くなってしまう可能性もあります。ラミネート加工なども、加工する際に熱を必要とするので、肝心のエコー写真が消えてしまう場合があります。強くこすったりするのも、保存にはよくありません。

こちらでは、そんなエコー写真のおすすめの保存方法について紹介します。

スマホでエコー写真を再撮影

エコー写真は、時間の経過により色あせてしまいます。対策として、色あせる前に妊婦検査でもらったエコー写真を撮影することをおすすめします。

最近は、スマホのカメラも性能がよいため、保存するにはスマホのカメラでも充分でしょう。もちろん、デジカメで撮影しても大丈夫ですよ。さらに、大事に保存しておきたいのであれば、別にメモリーカードなどを用意してその中に入れておくと間違えて消去してしまうこともないですね。

自宅のスキャナーで取り込む

エコー写真の保存には、自宅のスキャナーを使って取り込む方法もあります。自宅にスキャナーがある人は、まだエコー写真がきれいなうちに、自宅のスキャナーに取り込んでデータ化してしまいましょう。プリンターがあれば、自宅で写真プリントすることもできますね。

お店に持っていき画像データ化する

自分でスマホカメラやスキャナーを使って保存するのができそうにないという人は、エコー写真を写真屋などのお店に持っていきデータ化してもらいましょう。データ化してしまえば、お店で写真プリントしてもらい、家に飾っておくこともできますし、データも別に保存することができます。自分にあった保存方法を探してみて下さいね。

(エコー写真を綺麗に残すには以下の記事も参考にしてみてください)

エコー写真を綺麗に残そう!ママ達おすすめアルバム15選!口コミ多数

エコー写真の見方をマスターしよう!

エコー写真は、お腹の中で成長していく赤ちゃんの様子を写した素敵な写真です。日々成長していく赤ちゃんを身近に感じたり、出産に向けての励みになったという人も多くいます。ぜひ、エコー写真の見方をマスターして、大事に保存してみてくださいね。

関連する記事