出産・陣痛を促すバルーンとは?子宮口を開く痛みは?費用・効果についても紹介!

【医師監修】出産や陣痛を促すバルーンは誘発分娩の1つです。この記事では、出産・陣痛を促すバルーンの方法・効果や、子宮口を開く際の痛みについて紹介します。また、バルーンの費用や、バルーンを使うリスク、実際に使用した先輩ママの体験談も紹介します。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 出産・陣痛を促すバルーンとは?誘発分娩の1つ?
  2. 出産・陣痛を促すバルーンの方法や効果は?
  3. バルーンで子宮口を開く際の痛みは?
  4. 出産・陣痛を促すバルーンの費用は?
  5. 出産・陣痛を促すバルーンのリスク
  6. 出産・陣痛を促すバルーンの効果はあった?~先輩ママの体験談~
  7. バルーンで出産・陣痛を促す場合もある!

出産・陣痛を促すバルーンとは?誘発分娩の1つ?

お産が進まないと、医師から「バルーンを入れて陣痛を促しましょう」と言われることがあります。膣の中にバルーンを入れて陣痛を促すと聞くと、未知のことに不安に思う妊婦さんもいるでしょう。

出産や陣痛を促すバルーンは、自然に陣痛が開始しない場合に陣痛を開始させる誘発分娩の1つです。出産や陣痛を促すバルーンについて、これから詳しく紹介していきます。

(誘発分娩で出産するときの流れについては以下の記事も参考にしてみてください)

出産予定日を超過しても陣痛が来ない!誘発分娩で出産する時の流れは?

子宮頸管を広げて陣痛を誘発させる

バルーンは、子宮口が開かないときに膣に挿入し、陣痛を誘発するために用いられます(※1)。正式には「メトロイリンテル」という器具のことをいいます。水風船のような形状からバルーンと呼ばれるのが一般的です。膣からバルーンを挿入することで、子宮頸管(しきゅうけいかん)を広げ、子宮の収縮を促します。

陣痛が起こらない・弱い場合や逆子の場合に用いる

医師がバルーンを使って陣痛を促す判断基準として、次のようなものがあります。子宮口が開いているのに、なかなか陣痛が起こらないときや、陣痛が弱くお産が進まないときなどです。

また、逆子のときにもバルーンを使うことがあります。子宮口が十分に開いていないとへその緒が圧迫され、赤ちゃんが酸欠になる恐れがあります。そのため、バルーンで子宮口をしっかりと開く必要があるのです。

カズヤ先生

産婦人科医

陣痛は、まず子宮頸管の熟化が起こってから、それに連動して強くなります。 ですので、バルーンを挿入することで子宮頸管の熟化作用を促す目的があります。 また、現代産婦人科においては骨盤位(逆子)は概ね帝王切開で出産することがスタンダードで経膣分娩はあまり行いません。

(陣痛から出産までの平均時間については以下の記事も参考にしてみてください)

陣痛から出産までの流れ・平均時間は?初産と経産婦とでは違う?体験談も

無痛分娩のときにもバルーンを使う

お産の痛みを麻酔で緩和させる無痛分娩のときにも、バルーンが用いられます。無痛分娩は事前に分娩日を決めて出産する計画分娩になります。子宮口がある程度開いてきた状態で麻酔を行うため、出産当日までにバルーンで子宮口を開く必要があるのです。

誘発分娩はバルーンの他にどんな方法があるの?

バルーンを入れて陣痛を促す方法は、陣痛を開始させる誘発分娩の1つであると先ほど紹介しました。誘発分娩はバルーンの以下のような方法があります。

●卵膜剥離(らんまくはくり):赤ちゃんを包んでいる卵膜を子宮壁から少し剥がす方法(※2)
●ラミナリア:乾燥した海藻でできた棒状の器具を入れて陣痛を誘発させる方法(※1)
●陣痛促進剤を投与して陣痛を誘発する方法(※1)

カズヤ先生

産婦人科医

分娩誘発の組み方は、病院や、それぞれの産婦人科医師によって異なります。多くは、子宮口がまだ硬く開いていない場合、まず始めにバルーンを挿入し、子宮頸管が多少開いて熟化してきた段階でオキシトシンやプロスタルモンといった陣痛誘発剤を投与していきます。

(卵膜剥離については以下の記事も参考にしてみてください)

関連する記事