出産・陣痛を促すバルーンとは?子宮口を開く痛みは?費用・効果についても紹介!

出産や陣痛を促すバルーンは誘発分娩の1つです。この記事では、出産・陣痛を促すバルーンの方法・効果や、子宮口を開く際の痛みについて解説します。また、バルーンの費用や、バルーンを使うリスク、実際に使用した先輩ママの体験談もご紹介します。

目次

  1. 出産・陣痛を促すバルーンとは?誘発分娩の1つ?
  2. 出産・陣痛を促すバルーンの方法や効果は?
  3. バルーンで子宮口を開く際の痛みは?
  4. 出産・陣痛を促すバルーンの費用は?
  5. 出産・陣痛を促すバルーンのリスク
  6. 出産・陣痛を促すバルーンの効果はあった?~先輩ママの体験談~
  7. バルーンで出産・陣痛を促す場合もある!

出産・陣痛を促すバルーンとは?誘発分娩の1つ?

お産が進まないと、医師から「バルーンを入れて陣痛を促しましょう」と言われることもあります。膣の中にバルーンを入れて陣痛を促すと聞くと「これからどうなってしまうの?」「もしかして痛いのかな…」と妊婦さんは不安に思うこともあるでしょう。

出産や陣痛を促すバルーンは、自然に陣痛が開始しない場合に陣痛を開始させる誘発分娩の1つです。出産や陣痛を促すバルーンについて、これから詳しく紹介していきます。

(誘発分娩で出産するときの流れについては以下の記事も参考にしてみてください)

出産予定日を超過しても陣痛が来ない!誘発分娩で出産する時の流れは?

子宮頸管を広げて陣痛を誘発させる

バルーンは、子宮口が開かないときに膣に挿入し、陣痛を誘発するために用いられます(※1)。正式には「メトロイリンテル」という器具のことをいいますが、水風船のような形状からバルーンと呼ばれることが多いのです。膣からバルーンを挿入することで、子宮頸管(しきゅうけいかん)を広げ、子宮の収縮を促します。

陣痛が起こらない・弱い場合や逆子の場合に用いる

医師がバルーンを使って陣痛を促す判断基準として、子宮口が開いているのに、なかなか陣痛が起こらないときや、陣痛が弱くお産が進まないときが挙げられるでしょう。

また、逆子のときにもバルーンを使うことがあります。子宮口が十分に開いていないとへその緒が圧迫され、赤ちゃんが酸欠になる恐れがあります。そのため、バルーンで子宮口をしっかりと開く必要があるのです。

(陣痛から出産までの平均時間については以下の記事も参考にしてみてください)

陣痛から出産までの流れ・平均時間は?初産と経産婦とでは違う?体験談も

無痛分娩のときにもバルーンを使う

お産の痛みを麻酔で緩和させる無痛分娩のときにも、バルーンが用いられます。無痛分娩は事前に分娩日を決めて出産する計画分娩になります。子宮口がある程度開いてきた状態で麻酔を行うため、出産当日までにバルーンで子宮口を開く必要があるのです。

誘発分娩はバルーンの他にどんな方法があるの?

バルーンを入れて陣痛を促す方法は、自然に陣痛が開始しない場合に陣痛を開始させる誘発分娩の1つであると先ほど説明をしました。

誘発分娩はバルーンの他にどのような方法があるのかというと卵膜剥離(らんまくはくり)という、赤ちゃんを包んでいる卵膜を子宮壁から少し剥がす方法や(※2)、ラミナリアと呼ばれる乾燥した海藻でできた棒状の器具を入れて陣痛を誘発させる方法、陣痛促進剤を投与して陣痛を誘発する方法があります(※1)。

(卵膜剥離については以下の記事も参考にしてみてください)

卵膜剥離には陣痛促進の効果がある?痛い?出血とおしるしの見分け方も!

出産・陣痛を促すバルーンの方法や効果は?

バルーンは出産や陣痛を促すということが理解できましたが、バルーンにはどのような方法や効果があるのでしょうか?

バルーンの方法

バルーンは子宮の入り口に入れた風船が膨らむことによって、子宮口が広がる仕組みになります。バルーンを使用する方法として、まずは膣内を消毒し、バルーンの先端部分から子宮内に挿入します。次に、空気を送り込まないように注意しながら、殺菌された生理食塩水を注入し、バルーンを膨らませます。

バルーンを使用することで子宮が刺激され、次第に子宮口が広がり、柔らかくなるでしょう。挿入したバルーンは子宮内に残しますが、子宮口が開くことで自然に抜け落ちていきます。その頃にはすでに陣痛が始まっていることが多いので、そのまま分娩に進みます。

陣痛を起こす効果

予定日が過ぎても陣痛が来ないなど、医学的な介入が必要と判断された場合にバルーンを用いて陣痛を引き起こすこともあります。また、あらかじめお産の日が決められている計画分娩の場合にもバルーンを使って陣痛を起こす場合がありますよ。バルーンを使うと陣痛を促す効果は高いのですが、子宮収縮薬と併用することで、さらに分娩の時間が短縮できます。

子宮口は開いているけれど陣痛が弱い場合にも

子宮口は2~3cm程度開いているけれど、お産がなかなか進まないときは、陣痛が弱いことが考えられるでしょう。このような場合にも、陣痛を促すためにバルーンが使われます。バルーンを使用することによって、子宮が刺激を受け、子宮口を柔らかく広げる効果があるでしょう。

お産が進まないと、母子ともに危険な状態になる場合があります。バルーンを使用することで、妊婦さんと赤ちゃんの安全を守ることができるのです。

バルーンで子宮口を開く際の痛みは?

「子宮口にバルーンを入れますよ」と医師から言われると、痛みはあるのか心配になってしまいますよね。ここではバルーンで子宮口を開く際の痛みについて解説します。

バルーンを入れるときは内診のような痛み

バルーンを体験した先輩ママ達のあいだでは、バルーンを子宮の入り口に入れるときの痛みは、内診の痛みに似ていると言われています。しかし、痛みには個人差があるので、人によっては強く痛みを感じることもあるでしょう。また、子宮口の開き具合を確かめるための触診が痛かったという声もあります。

恐怖心や不安から挿入時に力が入ってしまうことで、とくに痛みが生じやすくなりますので注意しましょう。バルーンを入れるときは、なるべくリラックスして臨むことが大事ですね。

バルーン挿入後の痛みはあまりない

バルーン挿入後の痛みが気になる妊婦さんもいますよね。子宮口に入れたバルーンが適正な大きさまで膨らむと、多少の違和感はあるくらいで、あまり痛みは感じません。多少痛みがあったとしても、その後の陣痛や出産に比べれば、まだ我慢できる程度の痛みです。

出産・陣痛を促すバルーンの費用は?

バルーンを用いて出産や陣痛を促す場合、費用の面も気になりますよね。バルーンの費用について詳しく解説します。

自然分娩プラス3~20万の追加費用がかかる

バルーンを使うと、自然分娩にプラスして3~20万の追加費用がかかります。バルーンは基本的に入院してから使用するので、通常よりも入院日数が1日増えます。また、個室や少人数の部屋を希望する際に発生する差額ベッド代の入院費が加算される場合など、バルーンの費用は人によってそれぞれ違いがあるでしょう。

病院によっても費用に差がありますので、事前に確認しておくと安心ですね。

バルーンは健康保険が適用されない

バルーンを使った誘発分娩の場合、自然分娩の範囲内であるため、健康保険は適用されません。しかし、民間の医療保険に入っている場合、誘発分娩の処置の内容によっては、一部保証される場合もあります。

医師が病気と判断して治療すれば、医療保険の給付金対象となることがあります。保険に入っている妊婦さんは、バルーンでの誘発分娩にかかった費用がカバーされるかどうかを、保険会社に1度確認しておくと良いですね。

出産・陣痛を促すバルーンのリスク

出産や陣痛を促すために行うバルーンですが、リスクもあるようです。ここではバルーンを使用することでのリスクを説明していきます。

赤ちゃんの位置や体勢が変わる

バルーンが膨らむことで、赤ちゃんの頭を押し上げ、体勢や位置が変わることもあります。そのため、お産が困難になる場合もあるでしょう。また、出産時に臍帯(へその緒)が先に出てしまい、赤ちゃんが酸欠状態になる恐れもあります。

子宮破裂や頸管裂傷のリスクも

バルーンを使うことで、子宮破裂や頸管裂傷(けいかんれっしょう)のリスクが高まります。バルーンを入れると体内が傷ついてしまったり、子宮の内圧が急に上がったりすることが原因としてあるでしょう。

細菌に感染する・長時間痛みが生じるリスク

バルーン挿入時は細菌に感染する可能性もあるでしょう。また、産道が開く準備ができていない早い段階でバルーンを使用することにより、分娩まで長時間痛みを我慢しなければならないリスクもあります。

出産・陣痛を促すバルーンの効果はあった?~先輩ママの体験談~

出産や陣痛を促すバルーンの効果は果たしてあったのでしょうか?先輩ママの体験談をご紹介します。

産後1ヶ月ママ

28歳

予定日が超過して4日目に陣痛が10分間隔になりましたが、産院についたとたん、陣痛が遠のいて…「お産を進めるためにバルーンを入れましょう」とお医者さんから言われました。バルーンを入れると陣痛が戻ってきたので、その後にバルーンを抜いてもらい、無事に出産できました!

産後2ヶ月ママ

32歳

バルーンが抜けたら子宮口が開いた証だから、すぐに呼んでねと言われました。バルーンを入れた後も抜ける様子はなく、下腹部がすごく痛かったので内診することに。バルーンは中で引っかかっていました。後からわかりましたが、バルーンを入れた瞬間から本陣痛が始まっていたようです。

男の子のママ

29歳

朝からバルーンの処置を受け、その後にかなり強い陣痛が襲ってきました。しばらく陣痛と戦いながら過ごしていましたが、夕方にトイレに行きたくなったのでトイレを済ませたら、陣痛が急になくなりました。内診台に行くとバルーンが抜けていて、子宮口が4~5cm開いていました。

初妊婦

25歳

40w4dのときに、陣痛を促すためのバルーンを入れました。器具で広げられ、バルーン入れて膨らませていくのは痛かったけれど、思ったよりも我慢できました!夕方には子宮口が7cmまで開きましたが、そこからなかなか進みませんでした。次の日に陣痛促進剤を投与し、無事出産しました!

2児のママ

36歳

バルーンの処置自体はとくに痛みを感じませんでした。使うとみるみる子宮口が開いていきましたが、急に進んだ陣痛のほうがすごく痛かったです。大変だったけど痛みは赤ちゃんを産んでしまえば終わりです。可愛い我が子に出会えたら痛みもすぐに吹き飛びましたよ!

体験談を見ると、バルーンを入れて陣痛を引き起こす効果がある事が分かりますね。また、バルーンの処置だけではお産につながらず、その後に陣痛促進剤を使って陣痛を誘発させた妊婦さんもいます。

バルーンの処置よりも急に進んだ陣痛のほうが痛かったというエピソードもありますね。陣痛や出産の痛みは赤ちゃんを産んでしまえば楽になります。苦労を乗り越え、やっと赤ちゃんに出会えた喜びで、痛みもすぐに吹き飛ぶでしょう。

(10分間隔の陣痛については以下の記事も参考にしてみてください)

陣痛が10分間隔でくる!痛くない?病院に行く目安や出産までの時間など詳しく解説!

バルーンで出産・陣痛を促す場合もある!

お産が進まないときは、バルーンで出産や陣痛を促す場合もあります。陣痛を促すバルーンの使用は、妊婦さんと赤ちゃんを守るために必要な処置です。バルーンを使うことになった際は、医師の説明を聞き、不安なことは前もって解消しておきましょう。赤ちゃんにもうすぐ会えると信じて、お産のときはリラックスすることを心掛けてくださいね。

関連する記事