胎動を感じる位置はどこ?下腹部だと逆子?妊娠時期別の感じ方・対処法も!

【医師監修】胎動を感じ始める時期や、〈妊娠初期〉〈妊娠中期〉〈妊娠後期〉別の位置・感じ方を紹介します。おなかの赤ちゃんの位置や胎動を感じることはママの励みにもなりますね。また、逆子の可能性や、胎動が激しい・少ない時の対処法も紹介します。

専門家監修 | 内科医 増田陽子
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。...
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。2018年4月までカリブ海の病院にて診療に当たっていましたが、現在は子育てに専念するためNYにて主婦をしています。自分が子供を産んだ経験も踏まえたアドバイスを心がけています。

目次

  1. 胎動を感じ始める時期は?
  2. 妊娠時期別の胎動を感じる位置・感じ方は?
  3. 胎動の種類
  4. 胎動を同じ位置からだけ感じる原因は?
  5. 胎動の位置が下腹部の場合は逆子の可能性も?
  6. 胎動の位置で性格がわかる?
  7. 胎動の位置が急に変化した場合は要注意
  8. 胎動での悩みは?〜みんなの体験談!
  9. 胎動が激しい・少ない時の対処法は?
  10. 胎動で胎児の状態を知ろう!
注目! もう赤ちゃんの名前は決めましたか? 命名に関する記事はこちら⤵︎
男の子の名前|自然をイメージさせる600選!季節やモチーフ別に!

胎動を感じ始める時期は?

初めて妊娠を経験したママにとっては、胎動がどんなものかわからないという人も多いでしょう。胎動を感じる時期は、いつからなのでしょうか?赤ちゃんによって多少の差はありますが、基本的には妊娠16~20週目くらいから胎動を感じることができると言われています(※1)。

しかし、ぴったり16週目になったら必ず胎動を感じるというわけではありません。胎動を感じるのが早かったり遅かったからといって気にしすぎるのはよくありませんよ。また、妊娠20週以降からはお腹を外側から触ることで、赤ちゃんの胎動を感じることもできるようになります。

ママ以外の人でも、赤ちゃんの存在を感じることができる時期ですね。

(胎動の動きについては以下の記事も参考にしてみてください)

胎動がポコポコ動いてかわいい!どんな感覚?お腹の中の赤ちゃんは何してるの?

妊娠時期別の胎動を感じる位置・感じ方は?

赤ちゃんの胎動を感じるといっても、赤ちゃんによって胎動を感じる位置は異なります。元気な子だと、毎回全く違うところから胎動を感じる場合もあるようです。また、妊娠初期や妊娠中期などの時期によって胎動を感じる位置が違います。妊娠時期ごとの胎動の感じ方なども参考にしてみてくださいね。

増田陽子

内科医

また、赤ちゃんの性格によっても胎動は違います。ですので、あまり当てはまらない事が多くても心配しすぎないでくださいね。

妊娠初期に胎動を感じる位置はどこ?

妊娠初期とは、妊娠2~4ヶ月頃を指します。妊娠初期に胎動を感じる位置は、恥骨のあたりやおへその下あたりが多いようです。妊娠初期は、妊娠中期や妊娠後期に比べるとまだまだ胎動を感じにくい時期となります。しかし、しっかりと集中すれば小さな胎動を感じ取ることができますよ。

この時期の赤ちゃんの胎動はまだまだ弱いので、ゆったりとした気持ちでお腹に手を当て集中してみましょう。小さな動きではありますが、お腹の中で赤ちゃんが動く感覚がわかるでしょう。家事や仕事で日中は忙しいという人は、寝る前の時間にリラックスした状態で行ってみてくださいね。

増田陽子

内科医

この時期は、お腹のぜん動と間違えてしまう妊婦さんも多いです。しかし、ママだからこそ感じる微かな胎動もあるので、微弱な胎動でも楽しんでみてくださいね。

妊娠中期に胎動を感じる位置はどこ?

妊娠中期とは、妊娠5~7ヶ月頃を指します。妊娠中期に胎動を感じる位置は、わき腹やお尻側が多くなるようです。妊娠中期に入ると、妊娠初期よりもより赤ちゃんの胎動を感じることができるようになります。妊娠中期は、お腹も少しずつ大きくなってくる時期ですよね。赤ちゃんが大きくなるにつれて、胎動もよりはっきりと感じることができます。

妊娠中期はだんだんとお腹が大きくなる時期でもありますよね。妊娠5ヶ月で感じられる胎動と妊娠7ヶ月で感じられる胎動にはかなり差があります。妊娠中期は、お腹の中で子供が成長していくのを一番感じられる時期かもしれませんね。

増田陽子

内科医

赤ちゃんの性格がかなり胎動に反映される時期です。元気な赤ちゃんはママを蹴ったり、アクビなどの時に腕を伸ばしたりとかなりお腹がでこぼこ動きます。しかしのんびり屋さんの赤ちゃんはたまにお腹をグーッと押したりするだけなど、個人差がかなりあります。

妊娠後期に胎動を感じる位置はどこ?

妊娠後期は、妊娠8~10ヶ月頃を指します。妊娠後期に胎動を感じる位置は、お腹の上やおへその下、膀胱付近が多いようです。妊娠後期に入るとママ以外の人でも、お腹に外側から手を当てて赤ちゃんの胎動を感じることができるようになる時期です。

妊娠中期では徐々に赤ちゃんの胎動が強くなることを感じることができる時期でしたね。妊娠後期の胎動は赤ちゃんがどんな動き方をしているのかがわかってくる時期です。「お腹を蹴ったのがわかる!」などとよく言いますが、そういった動きを感じられるようになるのは妊娠後期です。さまざまな位置から胎動を感じ取ることができるでしょう。

臨月の胎動の位置はどこ?

妊娠中期から妊娠後期に入ると、胎動を感じることに慣れてくる人も多くいます。普段の赤ちゃんの動きやいつもの癖などをそれとなく感じ取ることができるママもいるでしょう。しかし、臨月に入ると「いつもと違う位置から胎動を感じる」と感じる人もいます。これは、出産に向けて赤ちゃんが骨盤の方に少しずつ近づいているためです。

臨月に入ってから胎動の位置や場所が変わったと感じることはよくあることです。しかし、少しでも不安に感じるのであれば医師に相談してみるのがいいでしょう。

(臨月の胎動が激しい場合は以下の記事も参考にしてみてください)

関連する記事