妊娠報告の例文!メール・ラインなどでの書き方は?上司・親・友達など相手別に紹介!

妊娠がわかった場合には妊娠報告を上司や親、友達に報告する必要があります。妊娠報告の書き方・例文を〈会社の上司・同僚〉〈友達〉〈両親・親戚〉など相手別に紹介しています。また配慮が必要な場合についても紹介していますので、書き方や例文をチェックしてみてください。

目次

  1. 妊娠報告するタイミングはいつがいい?
  2. 《会社の上司・同僚》への妊娠報告の書き方&例文!
  3. 《友達》への妊娠報告の書き方&例文!
  4. 《両親・親戚》への妊娠報告の書き方&例文!
  5. 結婚報告と妊娠報告をする場合の書き方&例文!
  6. 妊娠報告は配慮が必要な場合も?
  7. 妊娠報告の例文を参考にしよう!

妊娠報告するタイミングはいつがいい?

妊娠がわかったら両親や友人にはもちろん、働いている場合は職場の上司や同僚への妊娠報告が必要になります。その妊娠報告をどのタイミングでするべきなのか、迷うのではないでしょうか。妊娠報告するタイミングについて、会社・友達・両親のそれぞれについて紹介します。

(妊娠中のマタニティーアートについては以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠中のマタニティアートはいつから?値段やセルフでのやり方、デザイン集も!

会社に妊娠を報告するタイミング

会社への妊娠報告は、妊娠がわかってからすぐに上司に報告をする人が多い傾向です。つわりがひどく急な休みを必要としたり、妊娠中に問題が起きて通院が必要になることがあるかもしれません。そのような場合に備えてすぐに対応できるように、会社には早めに連絡をしておくといいでしょう。

会社に妊娠報告をする場合はまずは直属の上司に伝えましょう。そのあと同僚へと伝える流れとするのがいいですよ。上司に伝える時には出産後も仕事を続けるのかどうかなど、自分の予定をはっきりさせておくことも重要です。

友達に妊娠を報告するタイミング

友達への妊娠報告は、安定期といわれる妊娠5ヶ月頃が報告しやすい時期となります。妊娠5ヶ月になる頃であれば赤ちゃんも安定しており、友達に落ち着いて良い報告ができる時期といえるでしょう。特に仲の良い友達にはそれより前に妊娠報告をしても一緒に喜んでくれるかもしれませんので、早めに報告をするのも良いですね。

両親に妊娠を報告するタイミング

両親への妊娠報告は妊娠2ヶ月や安定期に入る妊娠5ヶ月のタイミングで報告するといいでしょう。親が近くに住んでいる場合は、つわりのひどい時期には実家にお世話になる妊婦さんもいるので、早めのタイミングがおすすめです。遠方に住んでいる場合は、安定期のタイミングで妊娠報告をしてもいいでしょう。

両親に心配をかけたくないという理由で不安定な時期を避け、安定期に入ってから妊娠報告をする人も多いですよ。2人にとって良いタイミングを見極めて妊娠報告をしてくださいね。

《会社の上司・同僚》への妊娠報告の書き方&例文!

会社の上司や同僚に妊娠報告をする際には直接妊娠報告をする前に、事前にメールで大筋の内容を伝える必要がある場合なども多いですよね。状況はさまざまですが、ここからはメールで妊娠報告をする際の書き方のポイントとマナーを紹介しましょう。どのような書き方が望ましいのか例文も紹介していますで、参考にしてみてくださいね。

(育休復帰については以下の記事も参考にしてみてください)

育休復帰!育児と仕事の両立を行うための準備と心構え!

書き方のポイント・マナー

メールの書き方のポイントとしては、現在妊娠何ヶ月でどのような健康状態であるのか、出産予定はいつ頃なのかについて妊娠報告をするといいでしょう。産後に仕事復帰したい場合は、その相談もしたいということを上司に伝えておくのもポイントです。

妊娠中は何が起きるかわかりませんし、長時間の勤務が難しくなることも考えられます。上司に報告する際には会社の勤務時間や仕事内容の変更、仕事量などについても調節してもらえるように相談しましょう。その時には必ず、周りに迷惑をかけて申し訳ないという気持ちを忘れずに伝えることがマナーです。

妊娠中に急な体調の変化で休みを取ったり、今までの仕事をこなせなくなるのは仕方がありません。しかし、周りに配慮し横柄にならないことで妊娠中も働きやすい環境が保たれるでしょう。周りの人に協力してもらいながら、妊娠中も快適に仕事ができるといいですね。

(つわりについては以下の記事も参考にしてみてください)

つわりには波がある?時間帯・妊娠時期による変化を先輩ママの体験談をもとに解説

上司への妊娠報告の例文【産後も続けたい場合】

私事ですが、この度妊娠していることがわかりました。現在妊娠〇ヶ月で健康状態は落ち着いており、出産予定は〇月〇日頃です。産休と育休の取得を考えております。産休までの間や休み中はご迷惑をおかけすると思いますが、よろしくお願いいたします。

上司への妊娠報告の例文【出産と同時に退職する場合】

関連する記事