当て字の名前例の男女別一覧!禁止のルールなど後悔しない名付けのポイントも紹介!

可愛い我が子が一生使う名前。つける名前の響きや使いたい漢字によっては当て字となることもあるでしょう。当て字の名前一覧を「男の子」「女の子」に分けて紹介します。当て字の名前を付けるときのルールや注意点のほか、当て字の名前に関する体験談も参考にしてみてください。

目次

  1. 当て字ってなに?
  2. 当て字で名前を付けるときのルール・注意点は?
  3. 《男の子の》当て字の名前例一覧!
  4. 《女の子の》当て字の名前例一覧!
  5. 当て字を名付けた人・名付けられた人の体験談
  6. 当て字の名前は、人が読めるように配慮しよう

当て字ってなに?

日本では子供の名前につけることができる漢字は「常用漢字」と「人名漢字」にある3000文字弱と決まりがあります。しかし名前の読み方は、使える漢字であれば基本的にどのように読んでも問題ありません。

漢字が持つ意味とは関係ない読み方をしたり、響きから考えて漢字を当てはめることを「当て字」と言います。当て字を使った名前には個性的なものもあるので「キラキラネーム」と呼ばれることもあるでしょう。キラキラネームと言われるのを避けたい人がいる一方で、誰ともかぶらない名前にしたいというパパやママに当て字の名前は人気がありますよ。

当て字で名前を付けるときのルール・注意点は?

生まれた赤ちゃんに当て字で名前を付けるとき、ルールや注意することはあるのでしょうか。当て字で名付けする際のポイントや、気をつけるべき点も見ていきましょう。

当て字のつけ方のルール

名前には、ローマ字や記号などの特殊文字や使用不可とされる漢字さえ使わなければ、ひらがなやカタカナも使用できます。読み方は、その漢字の音読み訓読みに準じなくてはいけないという法律上の決まりはありません。

「SUN」という名前はつけられませんが「太陽」と書いて「サン」と読んでも「ひかり」「ひなた」でも、文字とは真逆の「つき」という読み方でも問題ないということです。

(名前に使えない漢字については以下の記事も参考にしてみてください)

名前に使えない漢字!人名の名付けのルール、役所で受理される基準を徹底解説!

漢字の読み方にこだわらない当て字

子供につけたい漢字が先に決まっているが、漢字本来の読み方を使いたくない場合は、描いているイメージの響きを当てて読ませる方法があります。

「星」という漢字を使いたいものの「ほし」や「せい」とは読ませたくないなら「星」が持つイメージで読み方を考えます。たとえば「輝星」で「キラリ」としたり「星屑」で「すたあ」とするなどがその一例です。

響きから漢字を当てはめる

好きな言葉や色などの響きを名前に使いたい場合は、響きに合う漢字を当てはめる方法もあります。音楽が好きなら「どれみ」と読ませたくて「七音」、外国でも通じる名前の「まいく」を「真依玖」と書くなどが一例です。

持っているイメージから、漢字の画数や文字数を考えて当て字にすると選択肢がたくさん出てきます。

読み方に困る当て字は避ける

子供はその名前を一生名乗っていくことになります。初めて会う相手に自己紹介するときにとりたてて説明が必要となるような名前や、相手が読み方に困る名前は避けた方が良いでしょう。

「赤斗」と書いて「れっど」など相手への説明が必要となるものや「山」と書いて「そら」と読む正反対の読み方の当て字が例としてあげられます。名前からいじめにつながることもあるので、子供の将来のためにも慎重に考えましょう。

マイナスイメージの当て字は避ける

関連する記事