苗字に合う名前を名付けるコツ!響き・画数のバランスなど組み合わせるポイントを紹介!

この記事では、苗字に合う名前を付けるときのコツを【苗字の特徴別】【響きや画数】に分けて紹介していきます。また、苗字に合う名前を付けたママの体験談も併せて紹介していきますので、苗字に合う名前を赤ちゃんに名付けようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 苗字に合う名前ってどんな名前?
  2. 苗字に合う名前を付ける際の苗字の特徴別のポイント
  3. 響きや画数など、苗字に合う名前を付けるコツは?
  4. 苗字に合う名前をつけたママの体験談を紹介
  5. 苗字に合う名前を付けよう!

苗字に合う名前ってどんな名前?

可愛い赤ちゃんには素敵な名前を名付けてあげたいというのが親の心情です。しかし、いざ名付けようと思ってもそう簡単に決まるものではありません。名前を名付けるにはいくつかの注意点があり、特に名前と苗字が合っていないと全体のバランスも悪くなってしまいます。

苗字に合う名前というのは、響きや字画数など、苗字と組み合わせても違和感のない名前です。かっこいいから・かわいいから、人気の名前だからといった理由だけで赤ちゃんに名付けてしまうと、苗字と名前のバランスが悪くなってせっかくの素敵な名前も何だかおかしく感じてしまうことがあるでしょう。

この記事では、苗字に合う名前を名付ける際のポイントやコツ、実際に苗字に合う名前を名付けたパパママの体験談を紹介していきます。

(赤ちゃんの名前については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの名前に使いたいおすすめ漢字&意味20選!男女別に紹介!

苗字に合う名前を付ける際の苗字の特徴別のポイント

いざ苗字に合う名前を赤ちゃんに名付けようと意気込んでも、しっかりとポイントを押さえておかないとうまくいかない可能性が高いです。ここでは、苗字に合う名前を名付ける際のポイントを、苗字の特徴別に紹介していきます。

よくある苗字

よくある苗字と組み合わせる場合は注意が必要です。例えば、よくある苗字としてあげられるのが「佐藤」「山田」「鈴木」などの苗字があります。その苗字に、近年人気の高い名前の「蓮」「悠」「結衣」などを組み合わせてしまうと、ほかの子供とフルネームが被ってしまう可能性が非常に高いです。

もちろん、名前の被りは気にしないという方なら問題ありませんが、周りの子供との被りを気にする方や名前にも個性を持たせたいと考えている方は、人気だからといって安易に名前を名付けてしまうと失敗するかもしれませんので注意しましょう。

珍しい苗字

よくある苗字の反対で、あなたが珍しい苗字の場合は覚えやすい名前がいいかもしれません。珍しい苗字だと苗字のほうに強い印象が残りますので、肝心の名前がパッと思い浮かばなくて忘れられてしまうこともあります。名前がシンプルなものだとすぐに覚えてもらえますし、苗字が珍しい分、ほかの子と名前被りすることがないので安心です。

名前のような苗字

名前のような苗字を持つ人もいるでしょう。例えば「佐倉(さくら)」「和泉(いずみ)」「三崎(みさき)」などがあげられます。苗字が「佐倉」なのに名前も「桜」と名付けてしまっては、「佐倉桜(さくらさくら)」になってしまうので注意が必要です。

響きや画数など、苗字に合う名前を付けるコツは?

苗字に合う名前を赤ちゃんに名付ける時は、響きや字画数、意味やイメージなど、さまざまな点に注意して名付ける必要があります。ここでは、そんな苗字に合う名前を名付けるコツを10個紹介していきますので、赤ちゃんの名付けに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

苗字と名前のバランスが大事

関連する記事