産休のお祝いメッセージ例文集!上司や同僚など立場別の書き方やマナーを解説!

産休のお祝いメッセージを贈る際のマナーや【上司・先輩】【同僚】【後輩・部下】【取引先】【友達】の立場別に例文を紹介!産休のお祝いメッセージを英語で書く時の例文も参考にしてみてくださいね。さらに、産休に入る人へのおすすめメッセージカードや一緒に贈りたいお菓子・花束なども取り上げます。

目次

  1. 産休に入る人へ贈るお祝いメッセージのマナーは?
  2. 産休のお祝いメッセージ例文【上司・先輩】
  3. 産休のお祝いメッセージ例文【同僚】
  4. 産休のお祝いメッセージ例文【後輩・部下】
  5. 産休のお祝いメッセージ例文【取引先】
  6. 産休のお祝いメッセージ例文【友達】
  7. 産休のメッセージを英語で書きたい!例文4選
  8. 産休に入る人へ贈るおすすめメッセージカード!
  9. 産休のお祝いメッセージとともに贈りたいもの!〜お菓子・花束など
  10. 産休中のお祝いメッセージ…相手に寄り添って!

産休に入る人へ贈るお祝いメッセージのマナーは?

産休に入る人にメッセージを贈ることになったとき、何を書いたらいいか悩んでしまう人も多いでしょう。出産を前にした妊婦さんは、どんな人でもデリケートになっているものです。一言のメッセージだとしても、安心させてあげられるような言葉を選びたいですね。

まずはじめに、産休に入る人へメッセージを書くときの、注意しておきたいマナーを確認してみましょう。

(産休については以下の記事も参考にしてみてください)

産休・育休の期間はいつからいつまで?条件や申請手続き、手当や制度について解説

出産へのプレッシャーをかけないようにする

「必ず安産になります!」「絶対に元気な赤ちゃんを産めると思います!」というような強い表現はNGです。妊娠中や出産のときには、いつ何がどのように起こるか分かりません。赤ちゃんに障害がないか心配している妊婦さんの場合は精神的な負担が増えることが考えられますし、万が一のことがあった場合は自分を責めてしまうことになるかもしれないのです。

また、応援している気持ちを表現しようと思って「頑張って!」という言葉を使うのも避けた方が良いでしょう。これから産休に入る妊婦さんは、これまでもお腹の中の赤ちゃんのために頑張ってきているからです。出産を前にして繊細な精神状態になっていると「更に頑張るってどうすればいいの?」と悩んでしまう可能性があります。

励ましたい気持ちや応援したい気持ちそのものは、素晴らしいものです。「絶対」や「必ず」といった強い表現ではなく、柔らかい表現を使って、産休に入る妊婦さんに優しく伝えることを意識しましょう。

(妊娠後期の妊婦さんについては以下の記事も参考にしてみてください)

臨月に眠れない!原因は?妊娠後期の不眠や不安の解消法!

赤ちゃんの性別についての内容を書かない

「赤ちゃんの性別はどっちですか?」「男の子(女の子)が産まれると良いね」など、赤ちゃんの性別に触れるメッセージは避けましょう。赤ちゃんの性別への思いは人によって異なるからです。望んでいたのとは違う性別であることがわかって、落ち込んでいることも考えられます。家庭によっては、跡継ぎになり得る性別の赤ちゃんを求められ、辛い思いをしている可能性もゼロではありません。

また、出産まで性別をあえて聞かず、赤ちゃんと直接会ったときの楽しみにしている人もいます。特になかなか赤ちゃんができずに悩んでいた人の場合は、性別など関係なく、ただただ無事に生まれてくれることを案じていることも多いです。

このように、赤ちゃんの性別についてのメッセージをもらうことで、傷ついたり違和感を抱いたりする妊婦さんはいます。赤ちゃんの性別には触れない、別のポジティブなメッセージにしましょう。

縁起の悪い内容は避ける

心配しているからといって、「流産しませんように」「緊急帝王切開にならないといいですね」というように、縁起の悪い言葉を含んだ書き方はやめましょう。メッセージを書いている人にとっては「そんなことが起こらないように」と祈る気持ちかもしれませんが、そのメッセージを受け取った妊婦さんはどう感じるでしょうか?

妊婦さんはその縁起の悪いシーンを想像して、不安になってしまうかもしれません。ただでさえ、出産には不安を感じている妊婦さんが多いです。更に不安をあおることになってしまってはいけませんよね。マイナスな出来事を連想させてしまうような言葉は避けて、明るいメッセージを意識しましょう。

(出産に際しての不安については以下の記事も参考にしてみてください)

出産体験談まとめ!初産の不安、陣痛の辛さや分娩室での不思議体験などなど

産休に入ることに罪悪感を抱かせる内容を書かない

「〇〇さんの産休中は仕事が大変になりますが、職場の全員で頑張ります」というように、妊婦さんが産休に入ることで業務に影響が出ることについて触れるのはやめた方が良いでしょう。それがたとえ「産休に入る人が仕事のできる人だから、いつも頼りにしている」という褒める意味合いを含んでいたとしてもです。

産休に入る妊婦さんは、大なり小なり、仕事をお休みすることへの不安を抱えています。中でも、職場の人にかかる負担を案じている妊婦さんは多いです。そのような中で上記のようなメッセージを受け取ってしまうと、自分が産休に入ることで周囲に迷惑をかけてしまうと罪悪感を抱いてしまうでしょう。責められていると感じてしまうことも考えられます。

ゆっくり休んで出産に備えてもらえるように、メッセージ内容では産休中の業務に触れないでおくと良いでしょう。その人が産休に入ることで本当に業務に支障が出て困る場合は、妊婦さんではなく上司に相談する必要があります。

職場に不要な存在だと感じさせる表現をしない

産休に入ることに罪悪感を抱かせないようにしようとしても、「〇〇さんがいなくても問題ありません」というようなメッセージの書き方はやめましょう。これでは、産休に入る妊婦さんが職場に不要な存在だと言われていると感じてしまうおそれがあります。

また、「今まで本当にお疲れさまでした」「これまでお世話になりました」という、別れの挨拶のようなメッセージもよくありません。産休に入る妊婦さんには、産休後退職する人もいますが、職場復帰を希望している人もいます。職場復帰を希望している場合、別れの挨拶のようなメッセージは、戻る場所が無い不安を感じさせてしまう可能性があります。

「また一緒にお仕事できるのが楽しみです」というように、産休に入る人が職場にとって大切な存在だと伝えられるメッセージがおすすめです。戻ってくる場所がきちんとあることを感じさせる表現にしましょう。ただし、「絶対帰ってきてください!」というような強い表現はプレッシャーになるおそれがあるので、柔らかい表現を心がけると良いですね。

産休のお祝いメッセージ例文【上司・先輩】

産休に入る人へ贈るお祝いメッセージのマナーを見てきましたが、実際にはどう書いたら良いのか分からないですよね。ここからは、具体的なメッセージの例文を紹介していきます。

まずは、産休に入る人が、職場の上司や先輩といった目上の人の場合の書き方から見ていきましょう。

1.上司や先輩へのメッセージ例文

関連する記事