妊娠中に退職するタイミングは?保険の手当など、もらえるお金の手続きについても!

妊娠中の退職はどうする?妊娠で退職をするベストなタイミングや、妊娠での退職でもらえるお金は何があるのか、その申請の仕方について解説します。退職する際の注意点や、退職した後の過ごし方も紹介するので、参考にしてみてください。

目次

  1. 妊娠したら仕事はやめるべき?
  2. 妊娠して退職する理由は?
  3. 妊娠中の退職でベストなタイミングは?
  4. 失業保険など妊娠での退職でもらえるお金は何がある?
  5. 妊娠中に退職したら保険証はどうなる?扶養に入れるの?
  6. 妊娠での退職の場合の住民税・年末調整・確定申告は?
  7. 妊娠して退職した場合「国民保険」の手続きもしなくてはいけない?
  8. 妊娠中に退職する際の注意点!
  9. 妊娠をして退職する際の挨拶・スピーチは?
  10. 妊娠をして退職した後の過ごし方!
  11. 妊娠での退職をする前に正しい知識をつけておこう!

妊娠したら仕事はやめるべき?

妊娠をすると、今後仕事を続けていくかどうか悩みますよね。妊娠してからも仕事を続ける人もいれば、職場環境や体調の問題など、さまざまな理由から退職を決断する人もいます。また、できれば仕事を辞めたいけれど、経済的な理由で働き続ける決断をする人もいますよね。

妊娠後も仕事を続けていくかどうかは、慎重な判断が必要になります。今回は、仕事を辞める理由や、退社後のお金の問題について紹介していきます。

妊娠して退職する理由は?

ひと昔前にくらべると、妊娠・出産後も仕事を続ける女性は増加傾向にあります。しかし、仕事を辞める女性も少なくはありません。妊娠後に退職する理由についてご紹介します。

妊娠して退職する理由【育児に専念したい】

育児に専念したいという理由は、退職理由としても多いです。育児に専念したいと考えている妊婦さんは、仕事の環境や自分の体調に左右されず、妊娠前から退職を考えているケースもあります。

また、仕事よりも家事が好きで、家事に全力を注ぎたいという考え方の人も多いですね。そして、パートナーが仕事の都合上あまり育児の時間がとれない、という家庭の場合もあるでしょう。

妊娠して退職する理由【体調不良】

看護師

30代前半

私は産休を取れる時期まで働きたかったけど、切迫早産になって急遽会社やめた。職場の人はいい人ばかりで、あたたかい言葉をかけてもらったんだけど、私がいなければ次の人雇うこともできると思ってやめることにした。もっと続けたかったな。

退社する予定はなかったものの、妊娠による体調不良で急遽退職することもあります。特に、妊娠初期はつわりに悩まされる妊婦さんも多いです。つわりがひどいと通勤も大変ですし、仕事中もつらいですよね。

産休が取得できる時期まで仕事を続けようと思っていても、続けられないこともあります。妊娠後の体の変化は自分ではコントロールできないので、仕事を続けたいけれどやめることになったという妊婦さんの声はとても多いです。

妊娠して退職する理由【勤務内容】

女性

20代後半

出産後も仕事を続けたいという気持ちはあったけど、力仕事だったから不安でやめた。勤務時間が不規則なのもあって、出産後に子育てしながら仕事するのもなんとなく無理だと前々から思ってた。また就活するのが億劫。

勤務内容や勤務体制を考えた結果、退職を選択する人もいます。妊娠中に不安になるのは、何よりも体調面ですよね。重労働が多い職場では、やはり仕事を続けるのが難しいと感じる人が多いです。

また、勤務時間にばらつきがある職場も妊娠を機に退職する妊婦さんが多くなります。体調が良ければ妊娠中は大丈夫でも、出産後の継続が難しいと感じてしまいますよね。出産後に続けられないのであればと、妊娠中に退社を決断するケースは多いでしょう。

妊娠して退職する理由【職場の雰囲気】

専門職

20代後半

もともと子育てしながら働くのは難しい職場だと思ってたけど、妊娠報告した段階でため息つかれたよ。迷惑かけるかもしれないけど、そんな会社で今後も働きたいと思わなかった。これ以上頑張れないと思ったし、ストレスたまりそうだったからやめた。

職場の雰囲気が悪く、妊娠後働きづらくなって仕事をやめるケースは少なくありません。産休や育休制度が整ってきているとはいえ、その制度がきちんと機能していなかったり、周囲の理解がないと、妊娠後に仕事を続けるのは大変です。

妊娠を伝えると嫌味を言われてしまったり、体調不良に対して嫌な顔をされてしまうというケースもあります。どんなに制度があるといっても、職場の雰囲気が悪ければ退社を選んでしまいますよね。

妊娠中の退職でベストなタイミングは?

退職理由はさまざまありますが、どのタイミングで退職するのがベストなのでしょうか。体調面や、職場との関係性を考慮したうえで、ベストな退社のタイミングを選びましょう。

関連する記事