産休の挨拶の基本!メールやスピーチの例文、社内に配るお菓子など紹介!

産休前の挨拶をするマナー・タイミングをはじめ、産休前の挨拶メール・スピーチの例文を【社内】【社外】に分けて紹介しましょう。産休前の挨拶で社内に配るお菓子の予算・選び方や、実際に喜ばれるおすすめの商品7選も参考にしてみてください。産休前の挨拶で気を付けたい事も解説します。

目次

  1. 産休前の挨拶は、誰に、どんな風にすればいいの?
  2. 産休前の挨拶をするマナーやタイミングは?
  3. 産休前の挨拶は社内〜社外のどこまでするべき?
  4. 産休前の挨拶メール・メッセージの例文を社内・社外別に紹介
  5. 産休前の挨拶のスピーチの例文
  6. 産休前の挨拶で配るお菓子の予算・選び方は?
  7. 産休前の挨拶で喜ばれるお菓子おすすめ7選!
  8. 産休前の挨拶で気を付けたい事は?
  9. 産休前の挨拶は雇用体系など状況別に異なる?
  10. 産休前の挨拶はどんな感じだった?〜体験談〜
  11. 産休前の挨拶で感謝の気持ちを伝えよう!

産休前の挨拶は、誰に、どんな風にすればいいの?

待望の赤ちゃんの出産予定日が近づくと、いよいよ働くママは産休に入ります。今まで一緒に働いていた同僚やクライアントには、けじめとして産休前の挨拶をすることがマナーでしょう。一言で産休前の挨拶と言っても、誰に、どのように挨拶をすれば良いのでしょうか。

上司への産休前の挨拶

職場の上司には、まず最初に挨拶をすることがマナーです。自分の仕事内容を産休中に同僚に指示するのは上司であり、すべて把握してもらう必要があります。今後、復帰の時期などを相談することもあり、上司にはメール等ではなく、直接顔を見て挨拶をすることが最も望ましい方法です。

(妊娠報告の例文については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠報告の例文!メール・ラインなどでの書き方は?上司・親・友達など相手別に紹介!

同僚や社内の人への産休前の挨拶

社内でも産休中に自分の仕事を引継ぐ人たちと、自分の仕事内容とは直接関係はないが関りのある人に分かれます。仕事に関連しお世話になる人には、一人一人口頭で挨拶をすることが好ましいと言えます。

社内の関りのある程度の人や遠方にいる人にも、できる限り産休前の挨拶は欠かさないことがマナーです。電話やメールでメッセージを送るほか、朝礼など社員が集まる機会があれば、その場を借りて挨拶のスピーチをすることも方法の一つです。

社外の人への産休前の挨拶

取引先やクライアントなど社外の人への挨拶は、自分が産休に入ることで迷惑をかける度合いや距離感にもよります。後任に引継ぐ場合は、前もってアポイントをとり後任と共に挨拶に行くことが望ましいでしょう。

相手の都合や状況で直接の挨拶が難しい場合は、電話やメールでの挨拶でもかまいません。電話での挨拶は相手を拘束することになるので、時間帯や相手の状況の配慮が必要です。訪問や電話での挨拶ではなく、メールでの挨拶が好ましい場合もあります。訪問・電話・メールのうち、どのような挨拶にするかは事前に上司に相談しても良いですね。

産休前の挨拶をするマナーやタイミングは?

産休の取得は、働くママなら誰もが持っている権利です。必要以上に自分の立場をへりくだらなくてもかまいません。そうは言っても、社内の仲間の協力や社外の人の理解がないと安心して産休に入れないことも事実です。産休中にお世話になる人への挨拶のマナーや、理想のタイミングについて見ていきましょう。

社内の人へ産休前の挨拶をするマナー

一緒に仕事をしてきた社内の人へは、妊娠中に理解を示してくれたお礼、産休中に協力をしてくれる感謝の気持ちを素直に伝えることが最も大切なことです。挨拶では感謝の気持ちを述べると共に、産休に入る時期、復帰の意思があるなら復職への意気込みを伝えることもマナーの一つでしょう。

社内の人へ産休前の挨拶をするタイミング

関連する記事