磁石・マグネットの人気おもちゃ22選!子どもの知育におすすめ!

磁石・マグネットのおもちゃにはたくさんの知育玩具があり、子どもたちの好奇心やひらめき力、創造力が育まれると人気です。ここでは〈ブックタイプ〉〈組み立てタイプ〉〈お絵かきボード〉でタイプ別に磁石・マグネットのおもちゃのおすすめを紹介していきます。

目次

  1. 磁石・マグネットのおもちゃの知育効果は?
  2. 磁石・マグネットのおもちゃの選び方は?
  3. 磁石・マグネットのおもちゃ!【ブックタイプ】のおすすめ6選
  4. 磁石・マグネットのおもちゃ!【組み立てタイプ】のおすすめ5選
  5. 磁石・マグネットのおもちゃ!【お絵かきボード】のおすすめ4選
  6. 磁石・マグネットのおもちゃ!【その他】のおすすめ7選
  7. 磁石・マグネットのおもちゃを買ったママの口コミ・体験談
  8. 磁石・マグネットのおもちゃのレビュー評価ランキングもみてみよう!
  9. 磁石・マグネットで子どもと知育しながら遊ぼう!

磁石・マグネットのおもちゃの知育効果は?

磁石・マグネットのおもちゃはくっつけたり外したりすることで手先の発達を促し脳に刺激を与えてくれます。その他にも自分で考えてパーツを組み立てるブロックタイプなら、子どもの思考力や創造力、空間認識力などを育てるのに効果的です。磁石・マグネットのおもちゃは遊び方が自由なので、子供たちの発想で遊ばせてみましょう。

磁石・マグネットのおもちゃの選び方は?

磁石・マグネットのおもちゃにはさまざまな種類があります。ここではどんな種類があるかと、それぞれの選び方について紹介していきます。

ブックタイプ

磁石・マグネットのおもちゃには絵本のようになったブックタイプがあります。ブックタイプのマグネットおもちゃは、本にかかれた人物にマグネットの洋服を着せ替えをさせるなどして遊べます。知育玩具を探しているなら、ひらがなや数など文字を学べるタイプがおすすめです。ブックタイプは絵本のようにコンパクトなので、持ち運びに便利なのもポイントです。

組み立てタイプ

磁石・マグネットのおもちゃにはブロックなどのパーツを組み立てて遊ぶものもあります。マグネットなので作った作品が壊れにくく、くっつけたり外したりするのが簡単なのもポイントです。組み立てタイプのおもちゃは平面だけでなく、立体的な組み立てができるのも魅力の1つとなっています。

また図形を同時に教えたいなら、パーツ自体が四角や三角と図形の形をしているものを選ぶのがおすすめです。

お絵かきタイプ

お絵かきボードと呼ばれているおもちゃも磁石・マグネットが使われています。部屋を汚したくないというママには繰り返し遊べて汚れがでないお絵かきボードはおすすめです。最近では100円ショップでもお絵かきボードが販売されているので、安く手に入れたいなら100均もチェックしてみましょう。

またお絵かきボードには砂鉄タイプだと絵が描きづらいこともありますが、マイクロカプセルタイプだと塗りつぶしも綺麗にできます。本格的に絵を描かせたいならマイクロカプセル式を選ぶようにしましょう。他にもカラフルな色で遊ばせたいなら、一般的な黒のみのタイプでなくカラフルな色が描けるタイプを選ぶのがおすすめです。

磁石・マグネットのおもちゃ!【ブックタイプ】のおすすめ6選

ブックタイプのマグネットおもちゃは外出先に持っていけるコンパクトさが魅力です。ここではブックタイプのおすすめ商品を6選紹介します。

1. トミカマグネットBOOK 人気のトミカをはって遊ぼう!

トミカマグネットBOOK 人気のトミカをはって遊ぼう! [ 鶴田一浩 ]
1,188円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

男の子が大好きなトミカがマグネットブックになったおもちゃです。ダンプカーやパトカーなどの車がマグネットになっていて、タウンや工事現場、山と海辺の3種類の中から好きなシーンを選んで遊ぶことができるようになっています。マグネットのパーツは全部で101種類と豊富なので遊びがいも十分です。

口コミでは、普通の本は遊んでくれない子どもでも、遊びがプラスされたマグネットブックなら興味を持って楽しんでくれると人気です。

楽天レビュー

★★★★★

玩具が好きで、なかなか本に興味を持たない孫に、好きなジャンルの本から攻めてみました。
マグネットを張り付けて自分で話を作って遊んでくれたようです。
本を開くこと、本を楽しむことに慣れてほしくてプレゼントしたら、すぐに遊んで喜んでくれました。

素材:紙、マグネット
ページ数:6

(乗り物のおもちゃについては以下の記事も参考にしてみてください)

関連する記事