生後4ヶ月の赤ちゃんの服装!サイズの目安や季節別の選び方・着せ方を解説!

生後4ヶ月の赤ちゃんの体格の特徴や服のサイズの目安をはじめ、《春夏秋冬》の季節別に服装・肌着の選び方や着せ方を紹介します。セパレートはいつから着れるのかという疑問についてや、生後4ヶ月の赤ちゃんに関する【体験談】も載せていますので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 生後4ヶ月の赤ちゃんの体格の特徴や服のサイズの目安は?
  2. 生後4ヶ月の【春】服の選び方・着せ方は?
  3. 生後4ヶ月の【夏】服の選び方・着せ方は?
  4. 生後4ヶ月の【秋】服の選び方・着せ方は?
  5. 生後4ヶ月の【冬】服の選び方・着せ方は?
  6. 生後4ヶ月でセパレートは早い?いつから?
  7. 生後4ヶ月の赤ちゃんの服に関する体験談
  8. 生後4ヶ月の赤ちゃんに合った服を選ぼう

生後4ヶ月の赤ちゃんの体格の特徴や服のサイズの目安は?

赤ちゃんの服を購入する場合やプレゼントする場合はサイズをどうすればよいか悩みますよね。ここでは生後4ヶ月の赤ちゃんの服のサイズについて紹介します。体格の特徴なども紹介するので参考にしてみてくださいね。

生後4ヶ月の赤ちゃんの体格

生後4ヶ月の赤ちゃんのおおよその体格は以下の通りです(※1)。なお、赤ちゃんの体格には個人差があります。またメーカーによって服のサイズ感も多少異なりますので事前に測っておくと安心ですよ。

【男の子】身長60.6cm~69.5cm、体重5.85kg~9.04kg
【女の子】身長59.1cm~68.2cm、体重5.53kg~8.29kg

男の子も女の子も服のサイズとしては60cmくらいがちょうどよい大きさとなります。ただし、赤ちゃんの成長は早いので、ぴったりの服だとすぐにサイズアウトしてしまう場合もあります。またアウターなど服の上に羽織るものなどはワンサイズ上にするとよいでしょう。

生後4ヶ月の赤ちゃんの帽子と靴下のサイズ

赤ちゃんは体温調節が苦手です。肌寒い時期は帽子や靴下が寒さから赤ちゃんを守ってくれますよ。また夏場に紫外線から肌を守るためにも外出時は帽子や靴下を履かせましょう。

男の子の頭囲の平均サイズ42.3cmで、女の子の頭囲の平均サイズ41.2cmとなっています(※1)。帽子のサイズとしては頭位の平均サイズを目安にすると42cmか44cmくらいがちょうどよいサイズとなります。

また靴下のサイズは男の子も女の子も生後4ヶ月だと8~11cmくらいです。なお、赤ちゃんは足先で体温調節するため暑い時期や室内では基本的に靴下を履かせる必要はありません。春~夏の間に靴下を用意しても、履かないままサイズアウトしてしまう場合もあるため注意が必要です。

生後4ヶ月の赤ちゃんの体格の特徴

生後4ヶ月だと赤ちゃんは首がしっかりすわり、成長が早い赤ちゃんだと寝返りし始める場合もあります。またハイハイの準備段階として手足をよく動かすようになりますよ。(※2)そのため足が動かしにくいドレスオールは避けた方がよいでしょう。ロンパースやカバーオールなどが適しているといえますね。

なお首がすわっていればかぶるタイプの服も着せることはできますが、支えながら着替えさせる必要があるため少々大変です。生後4ヶ月であれば前開きタイプの服のほうがおすすめですよ。

(生後4ヶ月の赤ちゃんについては以下の記事も参考にしてみてください)

生後4ヶ月頃の授乳回数・間隔は?母乳量が多い・少ないなど【体験談】をもとに悩みを解決!

生後4ヶ月の【春】服の選び方・着せ方は?

ここからは季節ごとの服の選び方や着せ方について紹介していきます。春は寒暖差の多い時期で調節が難しいこともありますよね。服装の選び方や肌着の選び方などこれから紹介する着せ方を参考にしてみてくださいね。

春の服装の選び方は?

前述のとおり、春は季節の変わり目なので日によって暖かい日と肌寒い日があります。また日中は暖かくても朝晩は冷え込み寒暖差が大きい場合もありますよね。そのため調節しやすい服装を心がけるとよいでしょう。カーディガンやベストなどがあれば羽織るだけで体温調節ができるので1枚あると役に立ちますよ。

素材としては綿がおすすめですが、中でも春は通気性や吸湿性に優れたガーゼやフライス、パイル素材のものが適しているといえます。

春の肌着の選び方は?

春に着る肌着としては半袖のボディ肌着がおすすめです。肌着の素材も前述のとおり、肌に優しい綿のガーゼやフライスのものが春の時期にぴったりです。

生後4ヶ月であれば寝かせたまま着替えさせるため、前開きのものを選びましょう。肌着もかぶせるタイプのものがありますが、この時期はかぶせるタイプはまだ着替えさせにくいため前開きの肌着がよいでしょう。

春の服装の着せ方は?

室内の場合は半袖のボディ肌着に長袖長ズボンのボディオールを着せるとよいでしょう。肌寒い時期であればベストをプラスすれば調節ができますね。

屋外の場合は室内の服装にカーディガンや靴下、帽子を着せてあげましょう。春は時間帯によっても寒暖差が大きいため、外出する場合は気温に注意して服装を調整してくださいね。

(赤ちゃんの服装については以下の記事も参考にしてみてください)

生後5ヶ月の赤ちゃんの服装!男の子・女の子へのおすすめを春夏秋冬の季節別に紹介!

関連する記事