生後10ヶ月の赤ちゃん向けの遊び&おもちゃおすすめ20選!手作りアイデアも!

生後10ヶ月の赤ちゃんにおすすめの遊び&おもちゃを紹介します。家の中で赤ちゃんと2人きりで、どんな遊びをしたらいいか悩んでいるママも多いですよね。生後10ヶ月の赤ちゃんにおすすめの簡単手作りおもちゃの作り方や材料も解説していますよ。

目次

  1. 生後10ヶ月頃の赤ちゃんの発達の特徴
  2. 生後10ヶ月の赤ちゃんにおすすめの遊び5選!
  3. 生後10ヶ月の赤ちゃんにおすすめのおもちゃ15選!
  4. 生後10ヶ月の赤ちゃんにおすすめの手作りおもちゃ
  5. 生後10ヶ月の赤ちゃんと一緒に遊ぼう

生後10ヶ月頃の赤ちゃんの発達の特徴

生後10ヶ月頃になると、動きが活発で目が離せなくなりますよね。ハイハイが早くなり、目的地まですばやく移動できるようになります。また、つかまり立ちもおぼつかなかったのが、簡単にできるようになってくるでしょう。早い子だと伝い歩きも始まり、ますます目が離せなくなりますね。(※1)

しかし、ママが家事やトイレなどで少し離れると、後追いが始まる子もいます。男の子も女の子も情緒面での成長の発達が目立つようになります。よく発達面で、男の子より女の子の方が成長が早いと聞くこともありますが、全体的に見ると生後10ヶ月頃はそれほど男の子も女の子も差はないといえるでしょう。

大人の言っていることも理解し始めているので、大人のまねっこをしたり可愛さ倍増になりますね。できることが増え、運動量も多いため日中の刺激が強く、まだまだ夜泣きがひどくママもパパも大変かもしれません。しかし、赤ちゃんが成長している証拠なので気長に待ちましょう。

(生後10ヶ月の発育目安については以下の記事も参考にしてみてください)

【生後10ヶ月】赤ちゃんの特徴や発育目安は?育児のポイント・注意点も!

生後10ヶ月の赤ちゃんにおすすめの遊び5選!

生後10ヶ月になると、体も発達してできることが増えてくるので全身を使った運動遊びがおすすめです。ここでは赤ちゃんと触れ合いながらできる人気の遊びを紹介していきます。

(0歳児との遊び方については以下の記事も参考にしてみてください)

【動画で解説】0歳児との遊び方は?月齢別アイデア11選!体験談も

①ハイハイ追いかけっこ

10ヶ月ママ

30代前半

私がハイハイの体勢になって「〇〇くんまてまて~!」と動くと一瞬で笑顔になり、ハイハイで逃げて遊びを楽しんでいます。最近よく声を出すようになり、うきゃきゃきゃと声を出して笑っていたので親子共々いい運動になっています。

生後10ヶ月頃になるとハイハイがとても上手になります。ハイハイが早くなったらおすすめの遊び方です。ママも一緒にハイハイで赤ちゃんを追いかけて遊びましょう。赤ちゃんのハイハイの後ろ姿もたまらなく可愛いですよね。「待て待て~!」や「捕まえちゃうぞ~」と声を掛けながら追いかけるとキャッキャッと夢中で動きます。

②ふうせん追いかけゲーム

先輩ママ

30代後半

最初はふわふわした感触で不思議そうに触っていただけでしたが、触るたびにポーンっとはじけ飛ぶふうせんを見て、覚えたのか何度も何度も叩いて嬉しそうに追いかけていました。けれど、怖いもの知らずの娘はふうせんをガジガジ噛んで割れるのではないかと親がひやひやしていました。

膨らませたふうせんを用意します。赤ちゃんの前に置いて触らせると、ふうせんがポーンっと飛んでいくのでそれを追いかける遊びです。何個かふうせんを用意したり、カラフルな色のふうせんを用意して目で遊ぶのもいいですね。いつもと違うゴムの感触で赤ちゃんもきっと興味津々に遊ぶでしょう。

③おひざでリズム

二児のママ

20代後半

自宅でも遊びますが、よく病院の待ち時間の時になどに飽きないように小声で歌を歌いながらリズムをとって遊びます。私の口ずさんでいる口元をジィーっと見てニコニコ笑ってくれています。遊びにもなるし、そのリズムが気持ちよくなるのか、たまに寝てしまう時がありますね。

両手でしっかりと抱っこをして、ママやパパの膝の上に赤ちゃんを座らせます。童謡など赤ちゃんが好きな歌を歌いながら、所々膝をポンっと動かしてあげるとその振動で赤ちゃんは喜んでくれますよ。歌を聞かせてあげるというよりは、リズムで遊ぶのでどんな曲でもいいでしょう。ママやパパと触れ合いながら遊ぶので、赤ちゃんもきっと喜んでくれますよ。

関連する記事