妊婦は生魚を食べちゃダメ?刺身や寿司を食べたいけど影響はある?

【医師監修】妊婦は生魚を食べないほうが良いとされています。でもたまにはお寿司やお刺身を食べたくなるときもあるでしょう。絶対に食べてはいけないのか知りたい方もいるはずです。今回は妊婦がお寿司やお刺身などの生魚を食べたときの胎児への影響や、気をつけるべき点などをご紹介します。

専門家監修 | 産婦人科医 島袋史
ゆいクリニック(沖縄市)院長。琉球大学医学部卒業。「生まれてからもずっと結ばれていたい」という母と子の想いに応えることが出来るような、祝福に満ちた場を創りたいという想いの下、...
ゆいクリニック(沖縄市)院長。琉球大学医学部卒業。「生まれてからもずっと結ばれていたい」という母と子の想いに応えることが出来るような、祝福に満ちた場を創りたいという想いの下、 ゆいクリニック院長として勤めています。

病院HPはこちら

目次

  1. 妊婦は生魚を食べてはいけないって本当?
  2. 妊婦がお寿司やお刺身を食べた時に心配される影響は?
  3. 生魚に含まれている水銀とは?
  4. 一番懸念されている水銀による影響は?
  5. お寿司やお刺身などの生魚を食べたいときはどうすればいいの?
  6. 妊婦が生魚を食べる際に気をつけること
  7. 魚を食べることで得られる良いこともある
  8. 適度に取り入れ、健康的な生活を!
NEW ! もう赤ちゃんの名前は決めましたか? 命名に関する記事はこちら⤵︎
呼びやすい&覚えやすい名前一覧!発音しやすくて親しみを持ってもらえる!

妊婦は生魚を食べてはいけないって本当?

妊婦の食事において、お寿司やお刺身などの生魚を食べてはいけない理由や、食べた時の影響について知っていますか?感染症や胎児への影響など様々なことがいわれていますが、その真意を探っていきましょう。

妊婦は生魚を食べてはいけないって本当?【生魚を食べてはいけない理由とは】

妊婦がお寿司やお刺し身などの生魚を食べてはいけないといわれている理由は三つあります。まず一つ目は、魚に水銀が多く含まれているからです。二つ目は食べたことによって、魚に付着しているトキソプラズマ菌に感染する恐れがあるといわれています。そして三つ目は食中毒を引き起こす可能性があるからです。

昔からのいい伝えでは、妊婦が生ものを食べると体を冷やし、流産になりやすいからなど所説あります。これらのことから、妊婦はお寿司やお刺し身などの生魚を食べてはいけないといわれるようになったのです。

妊婦は生魚を食べてはいけないって本当?【お寿司やお刺身などの生魚が与える妊婦への影響とは】

しかし普段の食事の中で知らずに食べてしまったり、どうしても食べたくなる時もありますよね。結論からいうと、妊婦がお寿司やお刺し身を食べたからといって、必ず重い病気にかかるということはありません。

「水銀」や「食中毒」「トキソプラズマ菌」など懸念される事柄もあるので、心配であれば控えるに越したことはありません。しかし知らずに食べてしまったとしても、体調に変化がなければ心配する必要はないのです。

妊婦は生魚を食べてはいけないって本当?【妊娠初期に食べないほうがいいお寿司やお刺身とは】

妊娠初期は流産するリスクが高い時期なので、食事の内容にも気を遣う方が多いでしょう。普段のようにお寿司やお刺し身を食べたことによって「流産してしまうのではないか」と不安に感じてしまう方もいるはずです。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/22447698127499378/

妊娠の初期に起こりうる流産の主な理由として最も多いのは、染色体の異常によるものです。お寿司やお刺し身を食べてたとしても、必ずしも流産につながるとはいえません。ただし体調の変化が激しい時期でもあります。影響が心配なのであれば、食べることは控えたほうが良いでしょう。

(そのほか生卵については以下の記事も参考にしてみてください)

妊婦は生卵を食べちゃダメ?影響と注意点!食中毒などの実体験も

妊婦は生魚を食べてはいけないって本当?【摂取を控えたほうが良いとされるお寿司やお刺身とは】

お寿司やお刺し身にして食べる魚の中には、水銀が多く含まれているものがあります。そのため妊婦は控えたほうが良いとされているのです。また貝類の水銀量はそれほど多くありませんが、食中毒の恐れが高いといえます。できれば控えたほうが良いでしょう。

●バンドウイルカ
●クジラ
●サメ(筋肉)
●メバチマグロ
●本マグロ
●ミナミマグロ(インドマグロ)
●金目鯛
●キダイ
●メカジキ
●マカジキ

(「明太子」や「生たらこ」については以下の記事も参考にしてみてください)

関連する記事