コストコで自転車が買える!大人・子供向け別に紹介!値段やメリット・デメリットも解説

コストコでは自転車も販売されています。大人用や子供用はもちろん電動、折りたたみ、6段変則ギアといった豊富な種類があるのも魅力です。そこで今回は、コストコで自転車を購入するメリットやデメリットを踏まえて、ママチャリや防犯登録の有無、お買い得商品などを紹介します。

目次

  1. コストコでも自転車が買える!
  2. コストコで自転車を買うメリットは?
  3. コストコで買える自転車【大人用】
  4. コストコで買える自転車【子供用】
  5. コストコの自転車関連商品は?
  6. コストコで自転車を買う時の注意点
  7. コストコのサイトではオンライン限定自転車も購入できる
  8. コストコでお買い得に自転車を購入しよう

コストコにはヘルメットなどの自転車関連商品も販売されています。自転車を購入して実際に乗る人が安心して走行できるように、一緒に購入しておくのがおすすめです。電動自転車や折りたたみ自転車、ママチャリなど、どのようなタイプでも利用できる関連商品が販売されているので、ぜひ参考にしてください。

コストコママ・Aya

「自分は大丈夫」などと思っていても、事故を起こす可能性は誰にでもあります。事前に準備をしておくことで、大きな怪我をするリスクも低くなるでしょう。

コストコの自転車関連商品①ヘルメット→フリータウン ルミエール MIPS搭載自転車用ヘルメット

出典:https://cds.costcojapan.jp/cds/mail-images/upz/190319_kj8l/tue19d/pc_index.html

コストコには、フリータウンのルミエールというヘルメットが販売されています。かっこいい見た目で性別に関わらず、人気を集めているヘルメットです。背面にLEDライト機能が付いているため、夜間でも後ろから来る車に存在をアピールすることができます。

MIPS保護機能を備えたヘルメットで、転倒したり事故にあったりしたときの衝撃から脳を守ってくれます。吸湿発散機能のあるプレミアムクッションパッドを採用しているため、装着中に湿気と熱がこもらないのが嬉しいポイントです。

フリータウン ルミエール MIPS搭載自転車用ヘルメット

コストコ販売価格は、お買い得の3,980円でソフトブルー、ブラック、ホワイトから好みのヘルメットが選べます。ダイヤル調整フィットシステムを使えば、53~60cmの範囲で頭の大きさに合わせることができるため、家族で共有することも可能です。

(2歳児も対象のヘルメットについては以下の記事も参考にしてみてください)

2歳児も対象のキッズヘルメットおすすめ15選!自転車に乗る子供の安全を確保しよう!

コストコの自転車関連商品②子供用ヘルメット→レブスポーツ 自転車用 インモールドヘルメット 子供用

出典:https://item.rakuten.co.jp/pray-liv/cos-028118/

コストコには、レブスポーツのイオンモールドヘルメットも販売されています。吸収衝撃フォームとアウターが一体型になっています。大人用に劣らない機能性を持っているヘルメットです。衝撃性、耐久性に優れており、転倒の多い子供でも長持ちするように作られているのが特徴です。

日本国内の安全基準であるSG規格を取得しているヘルメットのため、安心して子供に使用できます。5歳~9歳が対象年齢で、サイズはXSからMまであります。重さは約235gで、成長段階である子供の体でも支えられるのが魅力です。

REV SPORTS 子供用自転車 インモールド ヘルメット
3,780円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

楽天で詳細を見る

コストコ販売価格は、2,380円でイエローグリーン、オーシャンブルー、アニマルグリーン、オレンジブルーの4種類から好みのヘルメットが選べます。かっこいい見た目のヘルメットが好きな子でも、可愛い見た目が好きな子でも使用できる優れものです。

(自転車に必須の空気入れについては以下の記事も参考にしてみてください)

100均の空気入れ13選!ダイソー・セリアなど!自転車やボール・浮き輪にも!

コストコで自転車を買う時の注意点

出典:https://www.pinterest.jp/pin/442408363397848834/

ここまでコストコで自転車を購入するメリットからおすすめ商品まで紹介してきました。しかし、購入する前に理解しておく注意点もあります。注意点を知らずに購入してしまうと「こんなことになるとは思ってなかった」などというイメージの差が生まれやすくなるのです。

そのため、しっかりと注意点を把握したうえで購入するか決めてください。そうすれば、購入後の不満も少なくなり自分や子供にピッタリの自転車が選べるでしょう。防犯登録や購入後に不安があるという人は、ぜひ参考にしてください。

コストコママ・Aya

注意点を理解せずに、メリットばかりを重視するのは避けるべきです。どこで購入をする場合でもデメリットはあると理解しておきましょう。

関連する記事