【動画】トイレのラバーカップ(すっぽん)の正しい使い方!おすすめ商品も

トイレのすっぽんを使った事はありますか?初めてトイレが詰まってしまった時に、使い方が分からずパニックになってしまう方も多いのではないでしょうか。いざという時のために、正式名称や意外と知らないトイレのすっぽん・ラバーカップの正しい使い方を動画で紹介していきます。

目次

  1. トイレが詰まったらどうする?
  2. トイレのすっぽんの正しい使い方
  3. トイレのすっぽんの正式名称は?
  4. トイレのすっぽんのおすすめ商品!
  5. トイレのすっぽんを掃除する時のポイント
  6. トイレが詰まってもしてはいけない事
  7. トイレのすっぽんで「いざ」というときに備えよう

トイレが詰まったらどうする?

暮らしの中で、思わぬハプニングが起こる事は少なくありませんよね。トイレが詰まってあふれてしまった時、あなたならどんなやり方で対処しますか?人によって持っている暮らしの知恵は違うと思いますが、それぞれの方法にメリット、デメリットがあります。道具の正式名称や使い方、トイレが詰まった時の対処のやり方なども紹介していきます。

(トイレに関する他の知恵については以下の記事も参考にしてみてください)

トイレから運気をあげる風水ルール11選!方角別に色やインテリアを紹介!

バケツで水を流す

トイレが詰まった時に直す方法を調べると、検索の上位に「バケツ」という名前が出てきます。とにかく水を流すやり方です。バケツの水でつまりが治る原理は、トイレットペーパーなど本当ならしっかり流れるはずの物が流れなかった場合に、便器に上から水を流すことで塊になった紙などに刺激を与えて溶けやすくする、という物です。

(コストコのトイレットペーパーについては以下の記事も参考にしてみてください)

コストコのトイレットペーパーが刷新!コスパや品質・他商品と比較など徹底検証!

ぬるま湯を入れる

こちらも、水に溶けるはずの物を溶かすやり方です。ぬるま湯だと水よりもふやけやすいので、トイレットペーパーなどが便器の中で固まってしまっている場合でも溶けやすいです。洗浄剤を混ぜることで、お湯だけの場合よりも物が溶けやすくなりますよ。さらに、掃除用の重曹があれば、酢と重曹を2:1で混ぜたものをトイレに入れると少し効果が上がります。

水、ぬるま湯どちらも、なるべく高いところからトイレに流すと言うやり方がおすすめです。便器の中で水の流れを作って詰まりを流すという原理なので、後の掃除を気にしなくてもいいように、あらかじめ雑巾などを床にしいておくのがよさそうですね。暮らしの中にあるもので対処する方法はありがたいですね。昔から苦労してきた人たちの知恵を感じます。

業者を呼ぶ

トイレの掃除の業者を呼ぶのが一番確実ではありますが、出張料、工賃、基本料など色々とお金がかかってしまいますね。ネットで業者を検索すると様々な暮らしのお悩み関係の業者の名前がヒットするので、悩む時間もかかります。また、時間がない時に業者が来るのを待っている時間はとてももどかしいものですよね。

そういった事を考えると、いざというときに自分の知恵で便器の掃除ができるように、トイレ掃除に必要な知恵を付けておくことが必要です。自分で対処できるだけの知恵と道具を持っていれば、業者さんを呼ぶべきなのかどうか判断をすることも簡単になりますね。

すっぽんを使う

関連する記事